サムネイル

ノーファンデメイクのコツ!理想のすっぴん美肌を作るおすすめの下地!

ここ数年、しっかり濃いメイクよりもまるですっぴんのような透明感のあるナチュラルなノーファンデメイクが流行しています。今回はそんなノーファンデメイクについて、ノーファンデメイクのコツや正しいやり方、ノーファンデメイクにおすすめの化粧下地やコンシーラー、スキンケアアイテムなどをご紹介したいと思います。

ノーファンデメイクのやり方を紹介!

最近トレンドのノーファンデメイクを知っていますか?ノーファンデメイクとはその名前の通り、ファンデーションを使わないメイク方法のことです。ファンデーションを使わないため、まるですっぴんのようなナチュラルな仕上がりになるノーファンデメイクをするには、どのようなやり方が良いのでしょうか。今回は今人気のノーファンデメイクのやり方や、ノーファンデメイクのコツ、ノーファンデメイクにおすすめのアイテムについてご紹介したいと思います。

ノーファンデメイクとは?

今人気のノーファンデメイクですが、具体的にどのようなメイク方法なのかについてご紹介したいと思います。ファンデーションは肌の色ムラやシミやそばかすをカバーしたり、肌を明るく見せるなどの役割がありますがしっかりとしたカバー力があるため、いかにもメイクをしていますと言った不自然な肌に見えることもあります。そんなファンデーションを使わないノーファンデメイクは、下地とパウダーだけでベースメイクを完了するメイク方法でナチュラルに見せることが出来るメイクです。

ノーファンデメイクの魅力

メイク下地とフェイスパウダーだけで仕上げるノーファンデメイクは今若い女性を中心に人気を集めていますが、どんなところが魅力なのでしょうか。ノーファンデメイクはナチュラルですっぴんのようなメイクに見えるということの他にも、様々な魅力があるメイク方法です。ここではノーファンデメイクが人気となっているその魅力について、詳しくご紹介したいと思います。

①メイク時間が短くなる

ノーファンデメイクのメリットには、メイクする時間を短く出来るというメリットがあります。ノーメイクファンデは、メイク下地を塗った後にフェイスパウダーをはたくだけで完了するメイクです。ファンデーションを塗らない分、時短になりメイクの工程も減るので楽になります。朝、忙しい時間帯に時短メイクが出来るのは嬉しいポイントでしょう。

②若々しく見える

一般的に年齢を重ねれば重ねるほど、ファンデーションは濃く塗ってしまうようになります。そして、厚塗りのファンデーションは年齢が高く見られやすくなります。反対にファンデーションの薄い女性は、実際の年齢を問わず若く見られる傾向にあります。若い=ファンデーションは薄塗りというイメージがあるため、ノーファンデメイクは薄付きのファンデーションメイクよりさらに若く見えると言えます。しっかりスキンケアをしていれば、ノーファンデでも十分キレイに見せることが出来ます。

③肌に優しい

ノーファンデメイクの魅力としては、肌に優しいということも挙げられます。ファンデーションには肌を綺麗に見せる効果もありますが、肌に刺激を与える成分も多く含まれます。また、ファンデーションを落とすにはクレンジングが必要ですが、このクレンジング剤も肌に刺激を与えるものです。ノーファンデメイクをすると肌にファンデーションが付かないので肌に刺激を与えにくく、更に強力なクレンジングを使わなくてもメイクオフ出来るので肌に優しいと言えます。

④化粧崩れしにくい

ノーファンデメイクは、メイク崩れのリスクも低くなります。メイク崩れは汗や皮脂とファンデーションが混じることで起こりますが、ファンデーションを使っていないノーファンデメイクなら皮脂とファンデーションが混じることもありません。もちろん、下地やフェイスパウダーでも多少のメイク崩れは起こりますがファンデーションのメイク崩れと比較するとかなり軽く、メイク直しも簡単です。

ノーファンデメイクのコツ【ベース】

沢山の魅力があるノーファンデメイクですが、肌の色ムラや気になるシミやそばかす、くすみなどをカバーしてくれるファンデーションを使わないため、正しいやり方を知らないと単なる手抜きメイクに見えてしまいますし、肌を綺麗に見せるというメイク本来の効果も期待出来ません。そこでここでは、肌を綺麗に見せるノーファンデメイクのコツややり方のポイントについて解説します。まずは、ノーファンデメイクのベースメイクのやり方のコツをご紹介します。

①しっかりと保湿する

ノーファンデメイクを始める前にまず大切なのは、肌をしっかりと保湿しておくことです。ノーファンデメイクは、ファンデーションで肌のアラをカバー出来ないためすっぴんの状態でも綺麗な肌であることが大切です。しっかりと肌に水分が行き届いた潤った素肌なら、肌のアラや毛穴も目立たない美肌になれます。洗顔の後はすばやく化粧水で保湿をして、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぎ保湿をしておきましょう。肌の保湿は毎日のスキンケアが重要です。毎日しっかり肌のお手入れをして、乾燥知らずの潤い肌を目指しましょう。

②化粧下地を塗る

洗顔の後にしっかりと保湿を行ったら、まずは化粧下地を塗ります。化粧下地は塗りすぎに注意して、薄付きのものを選ぶと良いでしょう。適量を手の甲にとって、顔全体に内側から外側に向かって薄く塗り広げます。化粧下地はUVカット効果のあるものを選ぶと、日焼け止めが要らず時短になります。また、ファンデーションで肌の色ムラをカバー出来ないので、コントロールカラー効果のある化粧下地を選ぶこともおすすめです。

③コンシーラーでクマなどを隠す

化粧下地を塗った後は、コンシーラーを使ってクマやシミなどの肌の気になる部分をカバーします。肌の気になる部分にコンシーラーを乗せて、指でぽんぽんとぼかすようにして使います。コンシーラーの色は、自分のすっぴんの肌色に一番近いものを選ぶのがポイントです。目元に使用する場合にはリキッドタイプのコンシーラーが、ニキビやシミなどを隠したいならスティックタイプやペンタイプが使いやすくておすすめです。

④パウダーで仕上げる

ノーファンデメイクのやり方の最後の工程は、フェイスパウダーでの仕上げになります。下地をしっかり塗ってコンシーラーで気になる部分をカバーしたら、パウダーを乗せます。フェイスパウダーはブラシかパフを使って、肌に乗せます。ふんわり薄く付けるのがコツです。パウダーを選ぶなら、合成ポリマーフリーのものを選ぶのがおすすめです。ノーファンデメイクは肌にとても優しいメイクのやり方ですので、せっかくなら出来るだけ肌に負担をかけないアイテムを選んでメイクを行いましょう。

ノーファンデメイクのコツ【ポイント】

続いては、ノーファンデメイクのやり方としてポイントメイクのコツをご紹介します。ポイントメイクとは、アイメイクやチーク、リップメイクを指します。ノーファンデメイクであってもポイントメイクをすることで、綺麗に見せることが出来ますがあくまでノーファンデメイクはナチュラル感を大切にしたメイクのやり方ですので、ポイントメイクのやり方にも注意が必要です。ここでは、アイメイク、チーク、リップメイクに分けてそれぞれポイントメイクのやり方のコツを解説します。

①アイメイク

まずはノーファンデメイクの時のアイメイクのやり方のコツです。アイメイクにはマスカラ、アイライン、アイシャドウがあります。まず、マスカラですがノーファンデメイクであっても目元を印象付けてくれるマスカラは付けた方が良いでしょう。マスカラを塗る時は、ビューラーを使って自然にまつ毛を上向きして塗ります。何度も重ね塗りしてまつ毛にボリュームを出すのはNGです。あくまで、ナチュラルなまつ毛にすることを心がけましょう。

アイラインのやり方は、囲み目ラインなどしっかりラインを引くのではなく目尻だけにラインを引くやり方がおすすめです。ラインはあまり大きくはみ出さないようにして、カラーは黒よりも優しいブラックがおすすめです。あまり跳ね上げないように細くラインを引きましょう。アイシャドウは、ツヤ感のあるパール入りがおすすめです。ノーファンデメイクに濃い色のアイシャドウは浮いてしまいやすいので、ホワイト系やブラウン系を選ぶのがコツです。

②チーク

続いては、ノーファンデメイクにおすすめのチークのやり方のコツをご紹介します。ノーファンデメイクにチークを使うと、透明感のある頬を演出することが出来ます。チークの色は、すっぴんの肌色に合わせて選びましょう。すっぴん時の肌色が黄色に近いイエローベースならオレンジ系、白に近いブルーベース肌ならピンク系のチークがおすすめです。あまり濃く乗せずに、ブラシでふんわりと広めのエリアに乗せるとナチュラルなノーファンデメイクに仕上がります。

③リップ

最後は、ノーファンデメイクにぴったりのリップメイクのやり方です。ナチュラルな印象のノーファンデメイクでもリップメイクをしっかりしていれば、きちんとした雰囲気のメイクになることが出来ます。ノーファンデメイクに似合うリップメイクのやり方のコツは、肌馴染みの良い色を選ぶことです。例えば色白の女性は紫系のピンクリップを塗ると血色良く見え、イエロー系の肌なら濃いめの赤、日焼け肌ならオレンジ系がおすすめです。また、つやっぽい仕上がりのリップを選ぶと、ノーファンデでも透明感のある素肌に見えます。

ノーファンデメイクおすすめ下地

ノーファンデメイクのやり方のコツやポイントをご紹介しましたが、ここからはノーファンデメイクにおすすめのコスメをご紹介したいと思います。ノーファンデメイクに使うのは、化粧下地とコンシーラー、フェイスパウダーですがまずは化粧下地についておすすめのアイテムをご紹介します。化粧下地はノーファンデメイクのベースになるものですので、カバー力が高くて出来るだけすっぴんのようなナチュラル肌に見せてくれるものがおすすめです。ノーファンデでも肌のアラを隠してくれる、おすすめの下地をご紹介します。

ポール&ジョーボーテ/ラトゥーエクラファンデーションプライマー

ポール&ジョーボーテのラトゥーエクラファンデーションプライマーは、光の力で素肌を綺麗に見せてくれるアイテムです。この下地にはコントロールカラー効果のあるラベンダーパールが配合されており、光をコントロールして立体的なツヤのある美肌を作ってくれます。テクスチャは軽めで、スーッと肌の上を滑らせるように伸ばすことが出来ますので厚塗りになりません。また、UVカット効果のある成分も配合されているのでノーファンデでも日焼け止め不要です。カラーは1色で、販売価格は30mlで4,320円となります。

24h cosme/24ミネラルCCバーム

24h cosmeの24ミネラルCCバームは、純国産のメイク下地です。肌の色を均一にコントロールして透明感のある素肌に見せてくれるCCクリームタイプの下地で、天然由来成分のみで作られたアイテムなので敏感肌の女性も安心して使用出来ます。こちらの化粧下地は珍しいバーム状のCCクリームですので、使い勝手が良いのも人気のポイントです。カバー力は高めで特にくすみをカバーする力が高いので、ノーファンデの30代以上の女性に支持されています。カラーは1色で、販売価格は10gサイズで1,944円です。

クラランス/インスタントマットプライマー

ノーファンデメイクをマットな仕上がりにしたいなら、クラランスのインスタントマットプライマーがおすすめです。こちらの下地は毛穴カバー力に優れており、開いた毛穴をカバーしてつるんとした陶器のようなマット肌に仕上げます。下地の成分の中には過剰な皮脂分泌を抑えてくれるとされているオーガニックストロベリーツリー由来の成分が含まれており、時間が経ってもべたつきの少ない下地です。また、皮脂を吸着するシリカパウダーも配合なのでオイリー肌の女性におすすめです。カラーは1色で、20mlサイズ3,780円です。

ケイト/ウォーターインオイルBB

ケイトのウォーターインオイルBBは、カバー力が高いBBクリームタイプの化粧下地です。こちらの化粧下地は潤いのあるツヤ肌に仕上げてくれるアイテムで、乾燥しがちな冬でもかさつきを防いでノーファンデでもなめらかなつるんとした肌になれると好評です。厚塗り感がないのにしっかり肌の色ムラやシミ、ニキビ跡などをカバーしてくれるためナチュラルなノーファンデメイクにぴったりのアイテムです。UVカット効果もあるので、これ1本でベースメイクはOKです。カラーは2色展開で、販売価格は30gサイズで1,512円です。

ランコム/UVエクスペールトーンアップ

ランコムのUVエクスペールトーンアップは、日本人女性の肌色に合うように作られた化粧下地です。くすみが気になる肌の色をワントーン明るく見せてくれ、ノーファンデでも透明感のあるすっぴん肌を作ってくれます。テクスチャは乳液のような柔らかいタイプで、肌馴染みが良く簡単に顔全体に広げることが出来ます。UVカット効果があり、更に大気中のチリや埃からも肌を守ってくれるためノーファンデでも敏感肌の女性にもとてもおすすめです。カラーは1色で、価格は30mlサイズ5,800円です。

ノーファンデメイクおすすめコンシーラー

続いてご紹介するのは、ノーファンデメイクにおすすめのコンシーラーです。ノーファンデメイクでは化粧下地である程度、肌を整えて気になる部分をカバーしますがどうしても下地ではカバーしきれないシミやクマ、ニキビ跡などがある場合コンシーラーを使うことをおすすめします。コンシーラーにはリキッドタイプやスティックタイプなど色々な種類がありますので、使う部分や使い勝手によって使い分けをしましょう。では、どんなコンシーラーがノーファンデメイクにおすすめなのか早速見て行きましょう。

シャネル/ボームエサンシエル

シャネルのボームエサンシエルは、ノーファンデメイクでも簡単に濡れたような艶感のある肌を演出出来るスティックタイプのコンシーラーです。気になる部分をカバーするだけでなく保湿効果もあり、ノーファンデでもメイクを立体的に見せてくれます。スティックタイプですので直接肌に滑らせるようにして使え、使い勝手が良いアイテムです。頬や鼻筋、あごなどの高い部分に乗せると彫の深い立体メイクを簡単に作ることが出来ます。カラーは2色あり、販売価格は8gサイズで5,940円です。

theSAEM/カバーパーフェクト チップ コンシーラー

ノーファンデメイクにおすすめのコンシーラーとして口コミ人気が高いのが、theSAEMのカバーパーフェクトチップコンシーラーです。こちらのアイテムは、リキッドタイプのコンシーラーで付属のチップを使って肌に乗せます。プチプラでコスパの高いコスメとして知られる韓国ブランドのコンシーラーですが、とにかくフィット感が高くしっかり気になる部分をカバーしてくれると好評です。速乾タイプのコンシーラーで、朝時間がない時もさっとメイクを済ませられます。カラーは5色で、価格は6.6mlで500円です。

RMK/スーパーベーシック コンシーラーパクト

RMKのスーパーベーシック コンシーラーパクトは、コンパクトタイプになっているコンシーラーです。3色のコンシーラーが入っており自分の肌色に近いカラーを作ることが出来るだけでなく、立体感あるメイクに仕上げることも可能です。コンシーラーはクリーミーで伸びが良く素肌にしっかりフィットするので、ノーファンデでも使いやすいアイテムです。よれにくいので時間が経っても綺麗な素肌をキープ出来ます。カラー展開は2色あり、販売価格は50gで2,160円です。

リンメル/スーパーカバーコンシーラー

すっぴんにはあまり自信がないけれどノーファンデメイクをしてみたいという女性におすすめなのが、リンメルのスーパーカバーコンシーラーです。名前の通りとにかくカバー力が高いのが自慢のアイテムで、肌にとけこむように密着してノーファンデでも長時間美しい素肌をキープ出来ます。長時間付けていてもよれにくいので、メイク崩れも気になりません。また、肌に優しい美容成分配合ですのでメイクしながらスキンケアも叶います。カラーは明るめと普通の2色で、販売価格は8gサイズで1,620円です。

セザンヌ/ストレッチコンシーラー

ノーファンデメイクにおすすめのコンシーラーの中で、プチプラなのに高いクオリティで人気なのがセザンヌのストレッチコンシーラーです。コンシーラーは目元など肌の薄い所に使うとよれたり皺になりやすいのですが、こちらのコンシーラーは肌の動きに合わせてストレッチするコンシーラーですのでその心配がありません。リキッドタイプで、 クマやシミ、毛穴はもちろん気になる目尻のシワやほうれい線もしっかりカバーしてくれます。ウォータープルーフ処方なので、夏にもおすすめです。カラーは3色、価格は8gで648円です。

ノーファンデメイクですっぴん美人に♡

今回は今トレンドになってきているすっぴん風ノーファンデメイクについて、その魅力や正しいメイクのノーファンデメイクのやり方やコツ、ノーファンデメイクにおすすめのコスメ、肌質を改善するための食生活などについて詳しく解説してきました。メリットの多いノーファンデメイクに興味を持った女性も多いと思いますが、綺麗にノーファンデメイクを仕上げるためには綺麗な素肌作りもとても重要です。毎日のスキンケアでしっかり肌ケアをしながら、コツを押さえたメイク方法ですっぴん美人になりましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター