サムネイル

黒クマはコンシーラーでカバー!キレイに消せる色選びや塗り方を解説!

黒クマをカバーしたい時におすすめのコンシーラーの塗り方や、色の選び方についてまとめました。黒クマが気になる時は、コンシーラーを使ったメイクにすると厚塗り感がなくカバーしやすくなります。その際、色の選び方や塗り方が重要なポイントいなってくるので、自分に合ったコンシーラーを使って黒クマを撃退しましょう!

黒クマ隠しにおすすめのコンシーラー!

「黒クマが気になる…」「黒クマのせいで老けて見える」という事はありませんか?黒クマが気になる時におすすめしたいのがコンシーラーを使ったメイク。ファンデーションだけで黒クマを隠そうとするとどうしても厚塗りになってしまいますが、コンシーラーを活用すればナチュラルに黒クマをカバーしやすくなります。コンシーラーを使いたい時は、色の選び方や塗り方が黒クマ隠しのメイクのポイント。黒クマをカバーするのにふさわしいコンシーラーの選び方&塗り方を取り入れていけば、綺麗な目元に仕上がります。
今回は、黒クマをカバーしたい時に最適なコンシーラーの色の選び方や塗り方、おすすめのコンシーラーについてまとめました。ナチュラルなメイクでも黒クマを隠せるコンシーラーは強い味方。「黒クマがなかなか隠せない…」という場合は、コンシーラーの塗り方や選び方を見直してみましょう。コンシーラーを上手に使いこなせれば気になる黒クマも目立たなくさせる事が出来るので、諦めずにおすすめコンシーラーを活用してみてください。

黒クマとは?

コンシーラーでカバーする事が出来る黒クマですが、そもそもどういったタイプのクマなのでしょうか。目元のクマは、一般的に3種類に分ける事が出来ます。青クマ・茶クマ・黒クマが主なクマの種類になるので、まずは自分がどのタイプのクマなのかを把握しておきましょう。クマの種類によってコンシーラーの色の選び方も変わってくるので注意が必要。黒クマなのに他のクマをカバーするコンシーラーの色の選び方をしていると、思ったような効果が現れません。それぞれのクマの特徴を知った上でコンシーラーを選びます。
黒クマとは、目の下がぼんやりと黒くなるクマの事。鏡を持って顔を映した状態で上を向き、クマが目立たなくなったら黒クマの可能性が高くなります。青クマは、青みを帯びたクマの事で血行不良や寝不足などで出来やすくなるのが特徴。目の下を指で押さえ、あっかんべーをした時にクマが消えたら青クマの場合が多いです。茶クマは色素沈着によって起きるクマの種類。黒クマと青クマ、それぞれの確認方法でも当てはまらなかった時は茶クマです。コンシーラーを選ぶ為にクマのタイプを知っておきましょう。

黒クマができる原因

自分のクマが黒クマである事が分かったら、更に詳しく黒クマについて見ていきましょう。「普段の生活からちゃんとしているつもりなのに、どうして黒クマが出来てしまうのだろう…」と思った時は、気づかないうちに黒クマの原因を引き起こしているのかもしれません。黒クマの原因を把握して、それを避けておくようにすればコンシーラーでカバーする時も綺麗に隠しやすくなるのではないでしょうか。コンシーラーの効果を発揮させる為にも、黒クマの原因について学んでみてはいかがですか。

①目のまわりの脂肪の増加

黒クマは基本的に肌の色が変わっているのではなく、影が出来ている事が引き金となって現れるのが特徴。その為、鏡を持って上を向いた時に黒クマが消えるのは影がなくなるからと考えられます。黒クマが出来る原因は、目の下の脂肪の増加。目の下に脂肪が溜まると、その分だけ影が出来やすくなって黒クマとなって現れます。涙袋が大きく出ている人は、特に目の下の脂肪が膨らみやすく黒クマになってしまうので気をつけましょう。また、目鼻立ちがはっきりとしている人も目の下に脂肪が膨らみやすく黒クマの原因になります。
ぷっくりとした涙袋は目を大きく見せるので人気ですが、涙袋が大きすぎると黒クマの影となってしまうので注意が必要。コンシーラーで目元を明るく見せていけば、パッチリとした目元に見せながらくすみのないメイクに仕上げる事が出来るようになります。

②目のまわりの皮膚が薄くなる

目の周りの皮膚が薄くなる事も黒クマの原因となります。目の周りの皮膚は元々薄く、様々な影響を受けやすい箇所であるのがポイント。加齢によって皮膚が薄くなるとたるみやすくなり、影となって黒クマが現れやすくなります。年齢を重ねるごとに目の下がたるむのは、皮膚が薄くなっているのが原因。これが黒クマとなるので、アンチエイジング対策をする事も大切です。また、普段からメイク落としなどで目元をこする機会が多いと皮膚が薄くなってたるみやすくなるので、それにも要注意。
このように黒クマの原因をチェックして気をつけるようにしておけばコンシーラーを使って隠しやすくなります。普段の生活で気になる点があったら、気をつけるようにしましょう。

黒クマを隠すコンシーラーの選び方

「黒クマの原因は分かったけど、どのようなコンシーラーを選べば良いのだろう?」と迷ってしまう事もよくあります。ドラッグストアやデパートのコスメコーナーを見てみると、各ブランドからバリエーション豊かなコンシーラーが出ている事が分かるのではないでしょうか。コンシーラーによって色が違ったり、テクスチャーが違ったりといったように特色があるので選び方に悩むのは仕方がありません。黒くまを隠すのに最適なコンシーラーの選び方が分からなくなったら、基本を押さえておきましょう。
選び方の基本を覚えておけば、色々なタイプのコンシーラーの中から自分にぴったりのコンシーラーが見つかるはず。間違った選び方をすると、コンシーラーの効果が実感出来ない場合もあるので気をつけてください。お気に入りのコンシーラーを見つける為におすすめの選び方についてご紹介します。

①肌より明るめの色を選ぶ

黒クマは、基本的に目元の影によって現れます。影が出来るから黒クマが現れるので、その影を無くすようなコンシーラーの選び方にするのがポイント。黒クマの原因となる目元の影をカバーする為に、コンシーラーは肌よりもワントーン明るめの色を選びましょう。明るめの色のコンシーラーを選ぶ事によって影をなくし、黒クマを目立たなくさせる事が出来ます。コンシーラーを選ぶ時は、色の明るさに注目して選んでみてください。肌の色と合わせて明るめかどうか確認してからコンシーラーを選ぶと失敗しにくくなります。
明るめの色のコンシーラーは目元のくすみを取るのにも役立ちます。黒クマだけでなく、シミなどが気になる時にもおすすめのコンシーラー。目元をパッと明るく若々しい印象を与えてくれるタイプになります。「最近、目元がくすんで見るな」という場合も明るめのトーンのコンシーラーを使ってみてはどうでしょうか。

②肌質に合わせて選ぶ

表情が現れやすい目元は、メイクが崩れやすい箇所でもあります。その為、肌質に合わないコンシーラーを使っているとすぐに崩れてしまうので気をつけましょう。肌質にぴったりなコンシーラーであれば、長時間経過しても黒クマを隠す事が出来るので安心です。コンシーラーの選び方で注目しておきたいのが乾燥肌か油脂肌かという事。これによってコンシーラーの選び方が変わってきます。乾燥肌の場合、目元が乾燥してメイクが割れやすくなるので、柔らかく滑らかなテクスチャーのコンシーラーにするのがおすすめ。柔らかいテクスチャーのコンシーラーなら目元が乾燥してもフィット感が続き、崩れにくくなります。また、保湿成分を含んだコンシーラーも乾燥肌には最適。乾燥しがちな目元を保湿し、メイク崩れを防いでくれるようなコンシーラーを選んでみてください。油脂肌の場合は、固めのテクスチャーのコンシーラーを選ぶのが良いとされています。

黒クマを隠すコンシーラー【プチプラ】

黒クマに最適なコンシーラーの選び方について把握出来たら、おすすめのコンシーラーについても見ていきましょう。コンシーラーは各ブランドから沢山出てきているので、初めてコンシーラーを選ぶ場合は「どれが良いのだろう?」と迷ってしまう場合がほとんどです。そんな時は、人気を集めているおすすめコンシーラーを取り入れていきましょう。コスメ好きからも高い支持を集めている優秀コンシーラーなら、失敗する事なく選べるのではないでしょうか。
まずは、プチプラコンシーラーからご紹介します。「プチプラのコンシーラーなんて大丈夫?」と思われがちですが、プチプラでも優秀なコンシーラーは多数。普段メイクにぴったりなプチプラコンシーラーで黒クマをカバーしていきましょう。

メイベリン/マスターカモフラージュデュオ

価格:1,080円/内容量18ml
おすすめカラー:ライトベージュ
特徴:塗りやすい保湿成分配合のクレヨンタイプ

黒クマをカバーしたい時におすすめしたいのがメイベリンのコンシーラー。クレヨンタイプのコンシーラーになっており、初心者でも塗りやすくなっているのが嬉しいポイントです。ライトベージュのコンシーラーは目元を明るく見せて黒クマ隠しに最適。保湿成分を含んでいるので、乾燥が気になる時にも最適なコンシーラーとなっています。プチプラとは思えない使いやすさ・塗りやすさという機能性の高さが大きな魅力となっているのではないでしょうか。

セザンヌ/ハイライトコンシーラー

価格:734円/内容量:10ml
おすすめカラー:クリアベージュ
特徴:ハイライト効果で黒クマをナチュラルにカバー

プチプラコンシーラーで高い人気を獲得しているのが、セザンヌのハイライトコンシーラー。その名前の通り、ハイライト効果のあるコンシーラーとなっており黒クマの影を消してくれます。ナチュラルに肌に馴染みやすいライトベージュがおすすめのカラー。光を拡散するハイライト効果で、自然に黒クマを隠せるコンシーラーになっています。リキッドタイプのコンシーラーで肌に馴染みやすいのもポイント。

エテュセ/薬用アクネリアルフィットコンシーラー

価格:2,160円/内容量:4g
おすすめカラー:アイボリー
特徴:黒クマ隠しだけでなくニキビ隠しにも使える

マルチに使えるコンシーラーとして注目されているのがエテュセ。こちらのコンシーラーは薬用アクネタイプになっているので、ニキビが出来てしまった時にも役立つと評判です。ニキビに軽くなじませる事でケアをしながら隠せるのが魅力。勿論、黒クマを隠すのにも適した明るめのコンシーラーのカラーとなっています。「黒クマも気になるけど、ニキビも出来やすい…」という場合は、マルチに使えるプチプラコンシーラーを活用してみてはどうでしょうか。

黒クマを隠すコンシーラー【デパコス】

続いて、デパコスで人気のコンシーラーをご紹介します。「プチプラも良いけど、やっぱりデパコスでメイク道具は揃えてみたい」という場合は、デパコスコンシーラーにこだわってみるのも良いかもしれません。デパコスならではの魅力を感じられるコンシーラーが多くあるので、是非活用してみてください。

NARS/ラディアントクリーミーコンシーラー

価格:3,590円/内容量:18ml
おすすめカラー:#1242 Vanilla
特徴:薄付きでナチュラルに黒クマを隠せる

コスメ好きから人気となっているのがNARSのコンシーラー。NARSのコンシーラーは薄付きなのにカバー力がある所が人気の理由です。「黒クマを隠したいけど、厚塗り感は出したくない」という場合にはNARSのコンシーラーがおすすめ。滑らかなテクスチャーでフィット感があるのもデパコスコンシーラーならではの魅力となっています。

資生堂/エクラプールレジュー

価格:6,820円/内容量:15ml
おすすめカラー:ナチュラルオークル
特徴:カバー力が高く頑固な黒クマもしっかりカバー

こちらは繰り出しタイプの資生堂のコンシーラーです。コンシーラーの量が調整しやすく、黒クマのカバー力も高いのが特徴。コンシーラーのカバー力が特に高い事から頑固な黒クマに悩まされている方にもおすすめです。日本人の肌の色に合わせやすいカラー展開となっているのも良い所。自分の肌にぴったりなコンシーラーを見つける事が出来ます。

クレ・ド・ポー ボーテ/コレクチュールヴィサージュ

価格:6,680円/内容量:16g
おすすめカラー:ナチュラルオークル
特徴:密着度が高く柔らかなテクスチャーで塗りやすい

最後にご紹介するデパコスコンシーラーは、クレ・ド・ポー ボーテ。クレ・ド・ポー ボーテのコンシーラーは、とにかく密着度が高く崩れにくいと評判になっています。肌にぴったりフィットして綺麗な目元を実現してくれるのは、デパコスならではの機能性の高さと言えるのではないでしょうか。テクスチャーは柔らかめなので、塗りやすくなっているのも魅力です。メイク崩れをなるべく引き起こしたくない、という場合に役立ててみてはどうでしょうか。

黒クマを隠すコンシーラーの塗り方のコツ

お気に入りのコンシーラーが見つかったら、塗り方にもこだわっていきましょう。コンシーラーは塗り方によって仕上がりが変わってくるので「思ったような仕上がりにならなかった…」という場合は塗り方が間違っているのかもしれません。コンシーラーの効果を出したい時は、基本的な塗り方をまずは把握しておきましょう。どのようにコンシーラーを使えば良いのか、基本さえ押さえておけば簡単な塗り方で取り入れる事が出来ます。理想の肌を目指して、コンシーラーの塗り方をチェックしてみてください。

①コンシーラーで光を足して影を消す

黒クマを隠す為のコンシーラーの塗り方の基本となるのが、光を足して影を消すという事です。黒クマは目の下に影が出来る事で現れるので、影を消して明るい目元にしていくのが大切なポイント。その為には肌のカラーよりもワントーン明るめの色のコンシーラーを選びます。そして、目元の影になっている部分を中心にコンシーラーを塗っていきましょう。
コンシーラーは全体には塗らず、部分的に使う事で自然な仕上がりにする事が出来ます。他の肌との境目を意識しながらコンシーラーを塗っていくと、明るく若々しい目元に仕上げられるはずです。

②厚塗りはしない

「ちゃんと黒クマを隠したい!」という気持ちが強くて、ついつい厚塗りになってしまっているという事はありませんか?コンシーラーの厚塗りはNG。厚塗りをする事によってメイクが崩れやすくなり、不自然な印象になってしまいます。また、コンシーラーの厚塗りは他の肌との色の境目がはっきりとしてしまうのも問題。黒クマ隠しには逆効果になってしまう為、コンシーラーの厚塗りは避けるようにしてください。コンシーラーは薄く塗り広げる事が大切。薄づきを意識して、コンシーラーを塗っていきましょう。
コンシーラーは基本的にファンデーションの補助的な役割を果たします。その為、コンシーラーだけを厚塗りにするとファンデーションから浮いてしまう事もあるので要注意。ファンデーションとのバランスも考えながらコンシーラーを使ってみてください。

③指でそっと馴染ませる

コンシーラーを使うタイミングは、ファンデーションの種類によって異なります。リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションの後にコンシーラーを使いましょう。パウダーの時はコンシーラーを塗ってからパウダーファンデーションを乗せるのが基本になるので、その点も意識しておきましょう。
コンシーラーを黒クマが気になる箇所に点置きしたら、指でそっと馴染ませていきます。3〜4箇所くらいに点置きすればOK。目元の皮膚は薄く、ダメージを受けやすいので黒クマを悪化させない為にも優しく馴染ませていきます。指の腹を使って、丁寧に叩き込むようにして馴染ませていくとフィット感がアップ。指を小刻みに動かしながら、薄く塗り広げていきます。

クマの改善にいい栄養素

黒クマを改善したい時は、コンシーラーの塗り方だけでなく日々の食事にも気を使っていきましょう。黒クマの原因は、加齢などによる皮膚のたるみが挙げられます。普段の食事で老化を防いでいけば、たるみのない若々しい肌を保ちやすくなるのではないでしょうか。黒クマのない目元を目指したい時におすすめの栄養素をご紹介します。食事の献立作りの参考にしてみてください。

ビタミンA

健やかな皮膚の状態を保ちたるみを防ぐ/ブロッコリー・ピーマン・かぼちゃなど

黒クマを防ぐ為に取り入れておきたいのがビタミンA。ビタミンAは皮膚や粘膜を健やかに保つ効果のある栄養素です。皮膚の状態を健康に保つ事によって、たるみにくくするのがポイント。また、老化の原因となる活性酸素を抑える抗酸化作用を期待出来るのもビタミンAの魅力となります。ビタミンAを含む食材は、ブロッコリーやかぼちゃ、ピーマンなど。緑黄色野菜に多く含まれる栄養素となっています。

ビタミンB2

代謝を促進して若々しい肌をキープ/卵・納豆・レバーなど

続いて、おすすめしたい栄養素はビタミンB2。ビタミンB2は、代謝を促進する効果のある栄養素として知られています。健康的な肌を保つ為には代謝も重要なポイント。肌の代謝が落ちていると、古い角質が溜まってくすみなどの原因になってしまいます。ビタミンB2によって肌の代謝を促進する事で古い角質のないクリアな肌に近づけると言われているのが特徴。ビタミンB2を含むのは、卵や納豆、レバーといった食材になります。特に卵は他のビタミン類も豊富に含んでいるので、是非取り入れておきたい食材です。

ビタミンB2

代謝を促進して若々しい肌をキープ/卵・納豆・レバーなど

続いて、おすすめしたい栄養素はビタミンB2。ビタミンB2は、代謝を促進する効果のある栄養素として知られています。健康的な肌を保つ為には代謝も重要なポイント。肌の代謝が落ちていると、古い角質が溜まってくすみなどの原因になってしまいます。ビタミンB2によって肌の代謝を促進する事で古い角質のないクリアな肌に近づけると言われているのが特徴。ビタミンB2を含むのは、卵や納豆、レバーといった食材になります。特に卵は他のビタミン類も豊富に含んでいるので、是非取り入れておきたい食材です。

ビタミンC

肌のハリを保ち色素沈着も防げる/じゃがいも・トマト・いちごなど

ビタミンCも黒クマ予防に欠かせない栄養素。黒クマの原因は肌のたるみですが、これはコラーゲン不足による事も多くあります。ビタミンCはコラーゲンの働きをサポートして肌のハリを取り戻すのに一役買ってくれるのが特徴。また、メラニンの生成を抑える働きもあると言われているので、黒クマだけでなくシミ予防にも役立ちます。
ビタミンCはいちごを始めとしたフルーツに豊富に含まれている他に、ジャガイモやトマトもおすすめの食材。ジャガイモやトマトのビタミンCは加熱しても壊れにくいと言われているので効率的に摂取出来ます。

黒クマを隠すコンシーラーで美肌メイクを♡

黒クマを隠したい時は、コンシーラーの色の選び方やメイク方法がキーポイントになります。ワントーン明るい色を選ぶ事、厚塗りしないようにメイクする事がコンシーラーを使いこなすコツ。黒クマのない若々しい目元を目指していきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター