サムネイル

ドロップショルダーのコーデ集!綺麗なシルエットを作る着こなし方は?

最近お洒落女子の間で流行っているドロップショルダーですが、人によっては着ぶくれするからとコーデに取り入れるのに抵抗がある場合があるようです。そこでここでは、着ぶくれしないドロップショルダーの選び方や着こなし方のポイントを押さえながらおしゃれなドロップショルダーコーデをご紹介します。見旬のコーデを楽しみましょう♡

ドロップショルダーの着こなし術!

ドロップショルダーのアイテムはトレンドアイテムであり、こなれ感が出せるとあって多くの女性からの支持を集めているということです。そこで、ドロップショルダーがどのような物なのかということを押さえながら、ドロップショルダーのアイテムをコーデに取り入れたおしゃれな着こなし方を、アイテム別にチェックしていくことにしましょう。

ドロップショルダーとは

まずドロップショルダーについてです。本来、袖付けの縫い目はちょうど肩幅の辺りに来るものです。自分の体格に合わせた洋服のサイズを選ぶ時には、その袖付け部分の縫い目であるショルダーラインを目安にしたりするものです。ドロップショルダーとは、その袖付けの縫い目が、通常の位置よりも落ちている物を指します。ドロップショルダーという言葉そのものも、「落ちた袖」を意味するのです。袖付けの縫い目が腕が輪に落とすことによって、洋服のラインが丸みを帯びるので、ドロップショルダーのアイテムを1枚着るだけで、こなれ感の出る着こなしになります。また、その丸みが女性らしさを強調してくれるので、柔らかい印象も与えてくれるとあって、魅力たっぷりのアイテムなのです。

太って見える?

しかしその一方で、ドロップショルダーの丸みやゆったり感によって、着ることによって太って見えてしまうという声も挙がっているようです。特に、上半身の骨格ががっしりとした女性がドロップショルダーを着るとよりがっしりして見えてしまったりするようです。しかし、首回りがすっきりした物を選んだり、素材感やサイズ感を工夫すれば、がっしり体型の人でも綺麗にドロップショルダーを着こなせます。

ドロップショルダーの選び方

上でも書いたように、ドロップショルダーは体型によっては着こなしが難しいと感じる場合があるでしょう。しかし、ドロップショルダーの選び方を工夫すれば、どんな体型の人でも、美しく女性らしくドロップショルダーを着こなすことが出来るのです。そこで、ドロップショルダーのおすすめの選び方についても押さえておくことにしましょう。

サイズ感で選ぶ

まずはドロップショルダーのサイズ感を意識した選び方です。ドロップショルダーは丸みのあるシルエットが特徴で、着るとビッグサイズに見えてしまう傾向があります。それによって太って見えてしまったり、骨格がしっかりした人はさらにそれが強調されてしまいがちです。自分の体格にぴったり、もしくはワンサイズ小さめのサイズを選ぶと、ドロップショルダーもすっきりと着こなすことが出来ます。

素材で選ぶ

ボリューミーに見えてしまうドロップショルダーですから、ビッグサイズに見えないようにするためには、身体のラインを感じさせにくい、ハリのある素材などのドロップショルダーを選ぶのがおすすめです。秋冬はどうしてもウール素材の物を選びがちですが、ウール素材のドロップショルダーは太って見えやすいので、体格の良い女性にはおすすめ出来ません。

デコルテが見えるものを選ぶ

ビッグサイズに見える物であっても、首回りがすっきりとしたデザインのものであれば、着やせして見えることもあります。女性の魅力的な部分と言えばデコルテが挙げられますが、そのデコルテ部分をあえて出すようなデザインのもの、もしくは胸元がV字ラインになっているようなデザインのドロップショルダーであれば、すっきりと華奢に見えるのです。

ドロップショルダーコーデ【コート】

それではここからは、ドロップショルダーを使ったおすすめのコーデを見て行きましょう。まずはドロップショルダーのコートを使ったおすすめの着こなし方からです。

グレンチェックドロップショルダーコート×ワイドパンツ

こちらはトグレンチェックとドロップショルダーといった、まさにトレンドのアイテムを使ったコーデです。丸みのあるシルエットのコートに、あえてワイドパンツを合わせたゆったりコーデもまたトレンドですが、気太りが気になるとこでしょう。しかし、コートの丈が半端丈であること、またインナーの首元がVネックになっていることによって、ゆったり目のアイテムでもすっきりとした着こなしになっています。

ドロップショルダーダウンジャケット×ワイドパンツ

ドロップショルダーのダウンジャケットにワイドパンツを合わせた着こなしです。丸みのあるダウンジャケットをさらに襟を抜いて、抜け感のある着こなしにしています。ジャケットの丈がショート丈なので、ボトムスにかなりゆったり目のワイドなパンツを持って来ても、だらしない印象にはなりません。また、インナーを明るい色にして首回りを明るく見せることでメリハリが付くので、よりすっきりと見えます。

ドロップショルダーコート×ワンピース

ドロップショルダーのコートにワンピースを合わせた着こなしです。ボタンを開けて着ることで、ドロップショルダーの丸みを押さえることが出来ています。中に着ているワンピースの丈感がコートよりも短く、足をしっかり出しているので縦長効果を感じられ、横に気太りしているようには見えません。丸みのあるシルエットには縦のラインを強調するような着こなし方をするのもポイントです。

ベージュドロップショルダーコート×アンクル丈パンツ

綺麗目なシルエットのドロップショルダーコートに、アンクル丈のカジュアルなパンツを合わせた着こなしです。Aラインがとても綺麗なコートなので、ドロップショルダーであってもそこまで丸みを感じられません。さらに、襟を抜いて着こなしていることで、こなれ感とすっきりさを感じられます。ボトムスは気持ち短めにして足首を見せることによって、コートとのバランスが取れています。

チェックドロップショルダーコート×白タートル

大柄のチェック柄コートに白のタートルネックを合わせたコーデです。ゆったり目シルエットのコートですが、下にスキニーパンツを合わせることですっきりとした着こなしになっています。チェック柄のラインの色が目立つので、それによって縦ラインも強調されており、ドロップショルダーであっても、すっきりとした着こなしに見えます。

ドロップショルダーボアコート×パンツ

ボアコートは素材にボリューム感があるので太って見えるというイメージがあるでしょう。しかし、ストンと落ちたストレートラインのコートであるからこそすっきりとした印象に仕上がっています。さらに、ボトムスをロールアップして足元をスッキリさせているのもポイントです。カジュアルですが、大人かわいい雰囲気も感じられます。

ドロップショルダーコーデ【ニット】

次にドロップショルダーのニットを取り入れたおしゃれな着こなしを見て行きましょう。秋冬になるとニットアイテムが多数出てきますが、それらのほとんどが最近はドロップショルダーの物ばかりです。ニットアイテムだと生地が分厚い分着ぶくれなどが気になりますが、着こなし方やデザインの選び方次第で、太って見える心配もありません。

ケーブル編みドロップショルダーニット×チェック柄プリーツスカート

袖にボリュームのあるケーブル編みのドロップショルダーニットを使ったコーデです。袖にもボリュームがある上、ドロップショルダーとなると着ぶくれが心配ですが、ケーブル編みの縦模様の効果によって、想像よりも着ぶくれをカバーできるはずです。また、ボリュームがあるニットである分、すっきりと見せるためにもスカートにフロント部分だけニットをINして着こなすのもポイントです。

ドロップショルダーブルーニット×ホワイトワイドパンツ

ブルーのドロップショルダーのニットに縦のラインが入った白のワイドパンツを合わせたコーデです。ドロップショルダーではあるのですが、比較的すっきりとしたデザインのものなので、着ぶくれせずにすっきりと着こなすことが出来ます。また、白のワイドパンツに入った縦ラインがよりスマートに見せてくれる効果があります。

ドロップショルダータートルネック×グリーンスカート

ライトグレーのタートルネックとグリーンのスカートを合わせたコーデです。こちらのドロップショルダーニットは、網目がかなり細かいデザインなので、ニットでありながらもボリュームを押さえて着こなすことが出来ます。合わせるスカートにタイト目の物を選ぶと、よりすっきりと綺麗なシルエットに仕上げることが出来るでしょう。また、ニットをスカートの中にINするのもすっきりと見せるポイントです。

Vネックニット×ワイドパンツ

こちらのドロップショルダーはすっきりとしたデザインではあるのですが、それに加えて首元がVネックになっているので、さらにスマートに見せることが出来ます。そのため、ドロップショルダーだからと着ぶくれするわけでもなく、ワイドパンツと合わせてもブカっとした印象もないので、綺麗に着こなすことが出来ます。

ベージュタートルニット×ロールアップデニム

ベージュのニットとデニムを合わせたカジュアルコーデです。ニットは厚みのあるドロップショルダーで、ふんわりと丸みを感じられてボリューム感が出ています。しかし、髪型をアップスタイルにしたり、丈をかなり短めにしてボトムスにINすることでそこまで重くはなっていません。ボトムスもストレートのデニムで、ロールアップして抜け感を出しており、とてもおしゃれにまとまっています。

ドロップショルダーコーデ【ワンピース】

次にドロップショルダーのワンピースを使ったコーデを見て行きましょう。ワンピースをドロップショルダーにすることによって、それ1枚でこなれ感のあるおしゃれなコーデに仕上がるのでおすすめです。

チェック柄ドロップショルダーワンピース×ブーツ

チェック柄のドロップショルダーワンピースを使ったコーデです。チェック柄なので縦のラインが入っており、それによってスッキリ見せることも出来ますし、デコルテラインが綺麗に見せられる幅広Vネックタイプのワンピースなので、丸みをあまり感じられません。

ボーダーワンピース×パンプス

ボーダーのドロップショルダーワンピースを使ったコーデです。ボーダーは横にラインが入っているので、ドロップショルダーだとより着ぶくれが気になるものです。しかし、画像のような線の間隔が狭めのボーダーであれば、そこまで横のラインも気になりません。また、首元がUネックではなく横に広がったタイプなので、すっきりと見せられます。

白のドロップショルダーワンピース×ブラウンボトムス

白のドロップショルダーワンピースに、ブラウンのパンツを合わせたコーデです。白は膨張色なので、ワンピースのように面積が広いと着ぶくれするのが気になって着られない人も多いかもしれません。しかし、ワンピースのラインがストレートなので、意外とすっきりと着こなすことが出来、黒のバッグを斜めにかけることで、白を引き締める効果もあります。

ベージュワンピース×マフラー

ベージュのワンピースにマフラーを組み合わせたコーデです。ベージュは淡い色味なので、白ほどではありませんが膨張が気になる色味でもあります。しかし、こちらもすっきりとしたデザインのワンピースですし、また首元にマフラーを巻いてポイントを置くことによって、ドロップショルダー特有の丸みはあまり感じられず、すっきりと見せることが出来ます。

ドロップショルダーでおしゃれに挑戦♡

ドロップショルダーは、袖の付け口が落ちている分ボリュームがあるように見える物ですが、ドロップショルダーのデザイン選びを工夫したり、着こなし方を考えたりするだけで、着ぶくれせずにおしゃれに着こなすことが出来ます。ちょっと体型ががっしりしている人も、コーデのコツを掴んでどっぷショルダーのおしゃれを楽しみましょう!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター