サムネイル

靴のサイズが大きい時の対処方法は?便利な調整グッズをご紹介!

靴のサイズが大きい時の調整方法や対処法についてまとめました。靴のサイズが大きい時は中敷きやジェルシートなどの便利グッズを使って対処方法で調整するのがおすすめ。靴のサイズが大きいままで歩いていると体に悪影響を与えてしまうので早めに対処するようにしましょう。お気に入りの靴でもサイズが大きいと日常使いは出来ませんよ!

靴が大きいときの便利グッズを紹介

せっかくデザインが気に入った靴を購入したのに「サイズが大きい…」という経験はありませんか?靴のサイズが大きいと、どんなにおしゃれなデザインでも長時間履いているのは大変です。しかし購入した靴がお気に入りの場合、「大きいサイズでも吐き続けたい!」と思うのも本音。デザインが可愛いからこそ、サイズが大きいというだけで無駄にしてしまうのは勿体無いと感じるのは自然な流れです。そんな時は、サイズが大きい靴を丁度良く調整する対処方法についてチェックしていきましょう。

今回は、サイズが大きい靴のサイズを調整する対処方法や、中敷きなどのおすすめアイテムについてまとめました。サイズが大きい靴だったとしても、中敷を始めとした便利グッズを使う事で靴のサイズを調整する事は出来ます。「サイズが大きい靴だけど、まだ履き続けたいな」という場合は、最適な対処方法で靴のサイズを調整していくようにしてみてください。

大きい靴を履いていない?

購入した靴を履いてみた時「あれ、サイズが大きい?」と思う事はよくあります。お店で靴を試着していたとしても、家で履くとサイズが大きく感じるのは何故なのでしょうか。実は、足は1日の中でもサイズが微妙に変わる事があります。その理由がむくみ。人は起床してから寝るまでの時間で徐々に体の水分が下の方に下がっていきます。そうなる事で足がむくみ始め、通常の状態よりもサイズが大きくなってしまうのが問題。
お店で靴を試した時に足がむくんだ状態だと、むくんでない状態で後から履いた時にサイズが大きく感じてしまうかもしれません。また、ネット通販で靴を購入した場合もサイズが大きいと感じてしまうのではないでしょうか。最近は試し履きをしてから購入を決めれるネット通販が増えてきましたが、この場合も足の状態によって後から靴から大きいと感じてしまう可能性があります。このように、うっかりサイズが大きい靴を購入してしまい、それを我慢して履いている場合よくあるはずです。

靴のサイズが大きいとどうなるの?

サイズが大きい靴を履いていると、様々なトラブルを起こしてしまう原因となります。「ちょっと大きいくらいだからこの靴を履き続けよう」と思っていても、日々の積み重ねによって大きい靴が悪い影響を体に与えてしまう事も。そうならないように、大きいサイズの靴がどういった影響を体に与えるのかをチェックしていきましょう。大きい靴が与える影響について把握しておけば、ぴったりフィットする靴を履いた方

足が疲れやすくなる

靴のサイズが大きいと起きやすくなるのが足が疲れるという事です。フィットした靴であれば足に負担をかける事なく歩き続けられますが、サイズが大きいと歩いているうちに足を靴に合わせる為の労力を余計に費やすことになってしまいます。そうした事が積み重なる事で足が疲れやすくなるのが問題。普通であればちゃんと歩ける距離も途中で疲れてしまって歩けなくなってしまいます。
ヒール靴の場合は、フラットシューズよりも足に負担をかけやすいので要注意。サイズが大きいヒール靴を履いていると足が疲れるだけでなく、膝にも負担がかかってしまいます。足全体が疲れてむくみやすくなる要因にもなるので気をつけてください。大きいサイズの靴を履いて足が疲れるな、と感じている場合は早めに対処しておきましょう。足に負担をかけ続けると色々な影響が出てきてしまいます。

姿勢が悪くなる

サイズが大きい靴を履いていると、自然と姿勢も悪くなってきます。靴がぶかぶかな状態で履いているので、それに合わせるように歩くと猫背になったり、前屈みになりやすくなるので気をつけましょう。ヒール靴の場合はサイズが大きい事で前のめりになり、歩き姿も美しくなりません。膝が曲がった状態で歩きつづけ、徐々に姿勢も悪くなっていきます。
どんなにおしゃれな靴を履いていたとしても姿勢が悪いと台無し。姿勢が悪い事で肩凝りや腰痛が起きやすくなるので、体の健康を保つ為にもサイズの合う靴にする事が大切になります。

怪我しやすくなる

サイズが大きい靴を履いている時、つまずきそうになりませんか?大きい靴を履いていると普通に歩く事が出来ず、転倒の原因になります。普通の道は勿論のこと、階段などの段差がある所は特に転倒しやすくなるので怪我を防止する為にも大きい靴のサイズは調整しておく事が大切。また、転倒だけでなく靴擦れの原因にもサイズが大きい靴はなり得ます。かかとが擦れて痛くなったり、足の側面が擦れて痛くなるなど、大きい靴によって靴擦れが悪化してしまう事も。靴擦れが出来ると歩くのが苦痛になってしまいます。
サイズが大きい靴は足が前に出てしまうので、爪の方に負担がかかる事もあるので注意が必要。爪先が圧迫される時間が続くと爪の変形に繋がってしまいます。特にヒール靴は前のめりになって爪に負担がかかりやすくなるので、サイズが大きいと感じたら最適な対処方法を取り入れていく事が大切になるのではないでしょうか。

靴が大きい時の対処法

大きい靴を履いていると、色々な影響が体に与えられる事が分かりました。体の不調を感じている時は、大きな靴が原因かもしれません。もし、大きい靴を履いているのであれば、正しい方法で調整していくようにしましょう。「この靴、サイズが大きいけどデザインは気に入っているから履き続けたい…」という場合も最適な対処方法を取り入れていけば、ぴったりのサイズに調整する事が出来るようになります。どれも簡単な対処方法ばかりなので、大きい靴を調整したい時に役立ててみてください。

ジェルシートを入れる

大きい靴のサイズを調整したい時におすすめしたいのがジェルシート。ジェルシートとはジェル状のシートで、柔らかくクッション性が高いのが特徴です。また、ジェルシートは足が滑りづらくなるのもポイント。靴のサイズが大きい場合、足が前に出て爪先に負担がかかったり、かかとに靴擦れが起きやすくなります。ジェルシートを敷いておく事で足が滑るのを防ぎ、大きい靴による負担を軽減。特に前のめりになりやすいパンプスやヒール靴に使うのに適しています。
ジェルシートは、土踏まずの部分に入れるタイプ、かかとに入れるタイプ、爪先に入れるタイプ、といったように様々なタイプがあるので、自分が使いやすいジェルシートを取り入れていきましょう。大きめのパンプスやヒール靴を履いた時に足がどのような状態になるのかをチェックしておくと選びやすくなります。

中敷きを入れる

サイズが大きい靴は中敷きを入れるのもおすすめの対処方法です。中敷きを敷いておくと靴の内部が狭くなるのがポイント。内部が狭くなる事で大きかったサイズが丁度良くなる事があります。中敷きは商品によって様々な厚さがあるので、自分の足に合った中敷きを選んでみてください。靴を履いた時に丁度良いフィット感のある中敷を選ぶのがベストです。
「靴から中敷が見えるのは嫌だ!」という場合は、靴に入っている中敷の下に入れるのがおすすめ。もし、靴の中敷を外せないのであればクリアタイプの中敷を使うと目立ちません。

つま先を詰める

靴が大きいと足が前に出て爪先部分に負担がかかってしまいます。その為に爪が変形したり、痛くなったりする原因になるので、爪先部分も保護出来るようにしておくと安心。そんな時に役立つのが爪先を詰める事が出来る専用クッションです。爪先にクッションを入れる事で爪が直接靴に当たるのを防ぎ、衝撃を和らげられるのが特徴。サイズが大きい靴でも爪先を詰めておけば丁度良くなります。
爪先用クッションにもサイズが色々あるので、自分の足に合ったタイプを選ぶ事が大切。サイズが大きすぎると靴が窮屈に感じたり、余計に爪先に負担がかかってしまう事があるので注意が必要です。

厚手の靴下を履く

「中敷きやジェルシートが手元にないけど簡単に靴のサイズを調整したい」という場合は、厚手の靴下を用意してください。厚手の靴下を履いた状態でサイズが大きい靴を履くと、中敷きのような働きをしてくれます。これなら中敷きを買わなくても気軽に取り入れられるのではないでしょうか。ただし、この方法はスニーカーや革靴といった靴下を合わせる靴のみに使えるやり方なので、それ以外の靴は中敷きなどの便利アイテムを活用してみてください。最適な対処をする事で、足への負担を減らせます。

靴が大きい時の調整グッズ紹介

靴が大きい時には色々な対処方法がある事が分かりました。続いては、どういったアイテムが靴が大きい時に使えるのかを見ていきましょう。靴が大きくて履いているのが辛い時、足がすぐに疲れてしまう時などはこれらのアイテムを活用していきましょう。自分に合ったアイテムを取り入れれば、大きい靴を履いても調整しやすくなるはずです。

シューズバンド/ダイソー

特徴:クリアタイプのシューズバンドで目立ちにくくサイズが大きいパンプスに使える

パンプスやヒール靴を履いている時に前のめりになってしまう、という方はシューズバンドを使うのも1つの方法です。ヒール靴はサイズが合わないと前のめりになりやすいので、そうならないように便利グッズを活用するのがおすすめ。シューズバンドで足を固定しておけば前のめりになりにくくなります。ダイソーのシューズバンドは透明なのが嬉しいポイント。つけた時に悪目立ちせず、色々なデザインのパンプスやヒール靴に合わせやすくなっています。

低反発つま先クッション

アクティカ/特徴:低反発で通気性が良く大きいサイズの靴の隙間にフィット

爪先に負担がかかっている時は、爪先クッションを使いましょう。こちらのクッションは低反発なのがポイント。低反発なので優しく爪先を包み、負担を軽減する事が出来ます。通気性も良いので、「爪先にクッションを入れていると蒸れてニオイが出てしまうのが気になる」という方にも最適。大きいサイズの靴の爪先にもフィットさせる事が出来るので、活用してみてはいかがですか。

かかとパッド/プロットイン

特徴:サイズが大きい靴でかかとが靴擦れしやすい時に役立つ

「靴が大きいからかかとで靴擦れが起きてしまう」という時は、プロットインのかかとパッドを使っていきましょう。クッション性の高いかかとパッドになっているので、靴擦れを防ぎながら靴のサイズを調整する事が出来ます。

靴を長持ちさせる方法

気に入ったデザインであれば、大きい靴でも大切に使って長持ちさせたいのが本音。しかし、サイズが大きいと靴が傷む原因にもなってしまいます。お気に入りの靴を長持ちさせる為に取り入れておきたい方法を見ていきましょう。

適切なサイズの靴を選ぶ

基本的な事ですが、やはり適切なサイズの靴を選ぶ事はとても重要です。サイズが合わない靴を履いていると型崩れが起きやすくなり、靴が長持ちしません。必ず試着をし、サイズを確かめましょう。サイズがはっきりとしない時は店員さんと相談しながら選ぶと安心です。

防水スプレーをする

お気に入りの靴には防水スプレーをしておくと良いでしょう。防水スプレーは水を弾くだけでなく、汚れを防ぐのにも役立ちます。最初に靴を履く前に防水スプレーを全体に吹きかけておいてください。定期的にスプレーし直すと長持ち度が変わってきます。

シューキーパーや靴べらを使う

革靴やブーツなど型崩れしやすい靴はシューキーパーを使うのがおすすめ。また、履く時に型崩れがしないように靴ベラを使う事も長持ちさせる秘訣です。

同じ靴を続けて履かない

お気に入りの靴だと毎日履いてしまいがちですが、それもNG。靴の中に溜まったムレが取りきれない状態で毎日靴を履いていると、雑菌が増殖したりニオイを放つようになってしまいます。靴はローテーションで履き替えていくのがおすすめ。履き回りやすい靴を幾つか用意しておきましょう。

靴が大きいときでも大丈夫!

靴が大きいと感じたら、最適な対処法を取り入れていきましょう。中敷きを入れたり、ジェルシートを入れたりといった簡単な方法で靴のサイズを調整する事が出来ます。靴が大きいまま履いていると姿勢が悪くなったり、怪我の原因になったりするので、そうならないようにぴったりフィットする靴を履いていくようにしてください。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター