サムネイル

マスカラの上手な塗り方!ダマにならないでナチュラルに盛るコツ!

ナチュラルに盛れるマスカラの塗り方についてまとめました。一重だったとしてもマスカラの塗り方を工夫する事でダマになる事なくナチュラルにパッチリとした目元になれます。マスカラブラシの使い方やビューラーの使い方など、それぞれのポイントをチェックして塗り方にこだわってみてください。

マスカラのナチュラルに盛れる塗り方を紹介

「パッチリとした目元に見せたい!」という場合にこだわっておきたいのがマスカラの塗り方。マスカラの塗り方を工夫する事によってダマを作る事なくナチュラルに綺麗な目元に仕上げられるようになります。逆に、マスカラの塗り方が間違っていると思ったような仕上がりにならないので注意が必要。マスカラブラシの塗り方やビューラーの使い方など細かなポイントをチェックして理想のまつ毛にメイクしていきましょう。長くて綺麗なまつ毛に仕上げられれば、それだけで魅力的に変身出来ます。
今回は、ダマにならずナチュラルに仕上げられるマスカラの塗り方についてまとめました。マスカラを塗る時に困るのがダマが出来るという事。ダマが出来てしまうとマスカラを塗ったとしても不自然な印象になってしまいます。塗り方を工夫をすればダマを作る事なくマスカラを使う事が出来るので「どうしてもマスカラブラシの扱い方が上手にならないな」という場合は、塗り方を見直してみましょう。理想のまつ毛を目指して、マスカラを最大限に役立ててみてください。

上手な塗り方でダマを防ぐ

アイメイクに欠かす事が出来ないマスカラは、目元をぱっちり見せるのに役立つアイテムです。しかし、マスカラを使ってみたものの「ダマになってしまった…」という事はありませんか?マスカラを使う上で気になるのがダマが出来ないかどうかという事。マスカラを塗った後に鏡で確認したらダマが出来ていてそれを取るのに苦労した、という経験がある人もいるかもしれません。また、マスカラを塗った後にパンダ目になるのも避けたい現象です。マスカラブラシの塗り方が間違っているとパンダ目になりやすくなるので要注意。
マスカラを塗った時にダマになってしまったりパンダ目になってしまう場合は、塗り方を見直してみましょう。メイクは徐々に自己流になっていくので、もしかしたらマスカラブラシの使い方が間違ってしまっている可能性があります。上手なマスカラの塗り方を学び直せば、理想のアイメイクに仕上げる事が出来るはず。ちょっとした工夫で、ワンランク上のマスカラメイクになります。

一重でも塗り方次第でぱっちり目元

一重の方はマスカラを塗る時に特に苦労する事が多いのではないでしょうか。一重の場合、瞼が重ためなのがマスカラを使う上での問題。一重瞼はマスカラを塗った後にまつ毛と接触しやすく、時間が経過する毎にパンダ目になりやすくなります。「一重でマスカラを使ったけど、すぐにパンダ目になってしまった…」という方はこれが原因。その為、一重でマスカラをするのを躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、一重だったとしてもマスカラブラシの塗り方を工夫する事によって綺麗に仕上げる事が出来ます。
一重でも綺麗なマスカラに仕上げる為には下準備が必要。ビューラーや下地といった準備をきっちり行っておく事で一重でマスカラを塗ってもパンダ目にならずに綺麗な状態をキープしやすくなります。マスカラを上手に使いこなせれば一重もパッチリとした魅力的な目元に。マスカラの良さをしっかりと生かしながら一重メイクも楽しんでいきましょう。コンプレックスに感じている一重もメイク次第で素敵になれます。

マスカラの選び方

一重でもパッチリとした目元になれるマスカラですが、理想通りのメイクにする為には選び方が大切になります。マスカラの選び方が間違っていると、塗り方が合っていたとしても思ったような仕上がりにならないので気をつけましょう。今回は、マスカラを選ぶ上で大切にしておきたい3つのポイントをまとめました。それぞれの3つのポイントを押さえておく事によって好みのマスカラを選びやすくなります。
「マスカラを塗っているけど、どうしても納得のいく仕上がりにならないな」という場合は、マスカラの選び方を見直してみるのがおすすめ。マスカラ液の種類やマスカラの落とし方といった観点から選び方をチェックしていきましょう。

好みの仕上がりで選ぶ

マスカラの選び方でまず注目しておきたいのが仕上がりです。それぞれのマスカラの特徴を見てみると「ボリューム」「ロング」「カール」といった種類に分けられる事が分かるのではないでしょうか。これらの3ポイントのどれを重視したいかによってマスカラの選び方は変わってきます。まつ毛を太く濃く見せたい時におすすめなのがボリュームタイプのマスカラ。まつ毛にボリュームが加わると目力がアップします。ただし、ボリュームタイプのマスカラはダマになりやすいので塗り方に注意が必要です。
ナチュラルに盛りたい場合はロングタイプのマスカラがぴったり。ロングタイプのマスカラなら、まつ毛に塗る事によって長さを出す事が出来ます。マスカラによってはマツエクをしたような長さにも出来るので、ナチュラルに綺麗に見せたい時に最適。一重でまつ毛が下向きになりがち、という時にはカールタイプのマスカラを選んでみてはいかがですか。カールのキープ力が高いので上向きのまつ毛を維持しやすくなります。「ロング&ボリューム」など複数の機能を持ち合わせたマスカラもあるので活用してみてください。

マスカラの落とし方で選ぶ

続いてチェックしておきたいのがマスカラの落とし方です。マスカラは、大きくウォータープルーフタイプとフィルムタイプに分ける事が出来て、それぞれ落とし方が異なります。ウォータープルーフは、水や汗、皮脂の影響を受けにくくキープ力が高いのが特徴。しっかりメイクをしたい時におすすめのマスカラです。しかし、キープ力が高いので落としにくいというデメリットもあるので気をつけましょう。ウォータープルーフタイプのマスカラを落とす時はポイントメイク用のクレンジングを使う必要があります。
「簡単な落とし方が出来るマスカラの方が良い!」という場合はフィルムタイプのマスカラが最適。フィルムタイプのマスカラはまつ毛にフィルムが付着するような形で長さやボリュームを出せるので、落とす時はオフでオフするだけでOK。ただし、ウォータープルーフ並みのキープ力の高さが期待出来ない場合もあります。最近はウォータープルーフとフィルムの両方の良い所取りをした第三のマスカラも出てきているので、どちらの良さも取り入れたい場合はそういったマスカラを使うのもおすすめ。

カラーで選ぶ

マスカラの色は黒が定番ですが、最近は様々なカラーのマスカラが出ています。カラーの選び方もマスカラを取り入れる上で大切なポイント。しっかりと目力を出したい時は黒のマスカラを使うのがおすすめですが、ナチュラルな仕上がりにしたい場合はブラウン系のマスカラがぴったりです。ブラウン系のマスカラは肌馴染みが良いので自然にパッチリとした目元になれるのが魅力。この他にもネイビーやグリーン、レッドなどカラーマスカラの種類はバレーション豊かに揃っています。
マスカラの色を選ぶ時は髪の色やアイシャドウの色、洋服の色などを総合的に考えて決めていきましょう。それぞれの色のバランスを取りながらマスカラの色を選んでいけば失敗がありません。はっきりとした色味のカラーマスカラであれば目尻だけ塗るなどポイント使いするのもおすすめ。最先端のアイメイクを楽しみたい時に取り入れてみてはいかがですか。

マスカラの塗り方【下準備】

マスカラの選び方の次に、マスカラを塗る為の下準備からチェックしていきましょう。マスカラを塗る時、あまり下準備をせずに塗っていませんか?マスカラを塗ってからすぐにダマが出来てしまったり、パンダ目になってしまう場合は下準備が十分でないのかもしれません。下準備がきっちり行われていればマスカラが滲む事なく綺麗に仕上げる事が可能。マスカラがよれやすい一重も理想のまつ毛にメイクする事が出来るようになります。
下準備がちゃんと出来ていると、仕上がりが綺麗になるだけでなくマスカラの持ちも良くなるのもポイント。パンダ目になってしまうのが悩みという方も下準備を怠る事なくやっていきましょう。そうすれば「気付いた時にはパンダ目になっていた…」という事態を防ぐ事が出来るはずです。

①ビューラーでまつ毛を上げる

マスカラを塗る上で欠かせないのがビューラー。ビューラーを使う事でまつ毛を上向きにしてからマスカラを塗るのが基本的な塗り方です。理想のまつ毛にする為には、ビューラーの選び方がまず大切になるのを意識しておきましょう。ビューラーと一口に言ってもその種類は様々。自分のまつ毛や瞼の形に合ったビューラーを選ぶ事が大切になります。カーブの度合いや幅といった所がビューラー選びのポイント。瞼にヒットするカーブか、まつ毛に見合った幅になっているかといった点をチェックしてビューラーを選びます。
自分の目にぴったりなビューラーが見つかったら、実際に使っていきましょう。ビューラーはまつ毛の根元から挟んでいきます。ビューラーを根元に入れ込み、しっかりと挟んでください。ビューラーを根元から挟んでいないと上向きまつ毛になりにくくなります。根元を挟んだら、次はまつ毛の中間をビューラーで挟みましょう。続いて、まつ毛の毛先をビューラーで挟みます。根元・中間・毛先と3回に分けてカールを作るのがビューラーの使い方のコツ。こうする事で上向きのまつ毛をキープしやすくなります。

②下地を塗る

ビューラーを塗ったらすぐにマスカラ、という方もいるかもしれませんがここで取り入れておきたいのが下地です。下地を塗ってからマスカラを使うのと塗らずに使うのとではマスカラの持ちが変わってくるので、是非取り入れるようにしてみてください。また、より綺麗な仕上がりになるのも嬉しいポイント。下地でベースを作っておくとカールも作りやすくなります。下地によってはトリートメント成分を含んだタイプも多いので、まつ毛のケアをしながらメイクをする事が可能。下地には色々なメリットがあります。
下地のブラシをまつ毛の根元に当て、持ち上げるように先端に向かって塗っていきましょう。根元から先端にかけてしっかりと下地を塗るのがコツ。ブラシを左右に動かしながら塗ると全体に塗りやすくなります。

マスカラの塗り方【実践】

下準備が出来上がったら、マスカラを塗っていきましょう。マスカラの仕上がりが上手くいかない、ダマが出来てしまうという場合は塗り方から基本を見直す事が大切になります。自己流になりがちなマスカラの塗り方ですが、正しいやり方を覚えておく事で今まで以上に綺麗な仕上がりになるはず。マスカラの塗り方が綺麗に出来ればキープ力もアップします。マスカラの塗り方をチェックして、理想のまつ毛を手に入れていきませんか?

①余分なマスカラをオフする

マスカラブラシを取り出したらまず行っておきたいのがティッシュオフ。マスカラブラシを出してからすぐにまつ毛に塗る方も多いかもしれませんが、そのまま塗るとダマになりやすくなる事があるので気をつけましょう。また、ブラシにマスカラ液がつき過ぎていると瞼に余分なマスカラ液がついてしまう事も。一重の場合は特にマスカラ液がつきやすくなるのでティッシュオフをしておく事は必須です。
マスカラブラシの表面についた余分なマスカラ液を軽くティッシュオフすればOK。しっかりとティッシュオフする必要はなく余分な液を少し取るだけで大丈夫なので、ささっと行っていきましょう。

②根元にブラシをあてる

マスカラブラシから余分なマスカラ液をティッシュオフしたら、まつ毛に塗っていきます。マスカラを塗る時は根元から塗るのが塗り方のポイント。根元にマスカラブラシをグッと押し付けるようにしていきましょう。こうすると根元からまつ毛が持ち上がり、綺麗なカールを作りやすくなります。まつ毛がすぐに下向きになってしまう方は根元の立ち上がりが弱い場合があるので、マスカラをつける時点でブラシを根元に当てるようにしてみてください。この一手間でカールの度合いが変わってきます。

③左右に動かしながら塗る

マスカラブラシを根元に押し付けたら、先端に向かって動かしていきます。この時、左右にブラシを動かしていくのが塗り方のポイント。軽く左右に動かしながらブラシを先端に抜いていく事によって満遍なくマスカラ液を塗りやすくなります。
先端までマスカラを塗ったら縦に持ち替えて目尻や目頭の部分のまつ毛にもマスカラを塗ってください。この部分は細かいので、ブラシを縦にした方が塗りやすくなります。次に、ブラシを縦にした状態で下まつ毛にもマスカラを塗りましょう。下瞼にマスカラがつかないように気をつけてください。ボリューム感を出したい時はまつ毛の中央部分にマスカラを重ねづけするとナチュラルに盛る事が出来ます。

④コームで整える

ナチュラルに綺麗なまつ毛に仕上げる為に取り入れておきたいのがコーム。コームを使うか使わないかによってマスカラの仕上がりが変わってきます。コームでまつ毛を整えると余分なマスカラが取れてダマが出来にくくなるのが嬉しいポイント。また、まつ毛の毛流れも揃って見た目が綺麗になります。マスカラを塗り終わったら乾かないうちに根元からコームでとかしてください。これが基本のマスカラの塗り方になります。パッチリとしたナチュラルな目元を目指して塗り方にこだわっていきましょう。

初心者におすすめマスカラ紹介

「マスカラ初心者だから、どんなマスカラを選べば良いのかイマイチ分からないな」という場合におすすめしたいマスカラをまとめました。どのマスカラも機能性が高く使いやすい物ばかりなので是非活用してみてください。マスカラ選びに迷った時も人気のマスカラでメイクを楽しんでみてはどうでしょうか。

クリニーク/ラッシュパワーマスカラロングウェアリングフォーミュラ

特徴:自まつ毛が伸びたようなナチュラルな仕上がり

仕上がりのナチュラル感にこだわりたい方におすすめしたいのがクリニークのマスカラ。こちらのマスカラは「まるで自まつ毛が伸びたみたいなナチュラルな仕上がり」と口コミで評判が広まっています。ブラシがまつ毛の1本1本をキャッチして初心者でも使いやすいのも嬉しいポイント。

オペラ/マイラッシュアドバンスト

特徴:滲まずに簡単にオフ出来るフィルムタイプ

続いておすすめしたいのがオペラのマスカラ。こちらはお湯で簡単にオフする事が出来るフィルムタイプのマスカラです。「フィルムタイプはウォータープルーフよりも滲んでしまいそうだな」という方もこちらのマスカラはおすすめ。オペラのマスカラは滲みにくく、綺麗なカールを長時間キープする事が出来ると人気を集めています。

メイベリンニューヨーク/ラッシュニスタ オイリシャス

特徴:ツヤ感のある仕上がりでボリュームと長さを出せる

ツヤのあるセクシーな目元になりたい時に最適なのがメイベリンのマスカラ。メイベリンと言えば色々なマスカラがある事で知られていますが、ラッシュニスタオイリシャスはロングタイプでしっかりと長さを出せるのが魅力です。たっぷりの繊維でまつ毛の長さを出せるだけでなくボリューム感も演出する優れ物。ココナッツオイル配合でまつ毛のケアも出来ます。

ヒロインメイク/ロング&カールマスカラスーパーWP

特徴:とにかく落ちないウォータープルーフタイプで1日中カールと長さをキープ

「絶対にマスカラを滲ませたくない!」「パンダ目から卒業したい」という方にはヒロインメイクのマスカラがおすすめ。ヒロインメイクのマスカラはとにかく落ちない事で有名。ウォータープルーフタイプなので汗や水が気になる時にも使いやすくなっています。カール力が高く、長さも出せるのでパッチリとした目元になれると評判です。

マジョリカマジョルカ/ラッシュエキスパンダーロングロングロング

特徴:2種類のコームで長くて綺麗なまつ毛に仕上げる

まつ毛の長さにこだわりたい人達の間で人気となっているのがマジョリカマジョルカのマスカラ。「ロングロングロング」という名前の通り、まつ毛の長さをしっかりと出す事が出来るマスカラとして話題になっています。このマスカラはメインコームと小回りコームの2種類があるのがポイント。メインコームでまつ毛をセパレートさせて長さを出し、小回りコームで目尻などの細かなまつ毛にもしっかりとマスカラを塗る事が出来ます。

まつ毛美容液の塗り方ポイント

マスカラでメイクを楽しみたい時に気をつけたいのがまつ毛への影響。ビューラーでまつ毛を持ち上げたり、クレンジングをする事によってまつ毛にダメージが加わってしまいます。まつ毛が抜けやすくなり細いまつ毛しか生えにくくなる事もある為、健やかなまつ毛を育てる為にまつ毛美容液を使うのがおすすめ。まつ毛美容液はまつ毛に栄養を与え、綺麗にまつ毛が生えやすい土台を作る効果があります。

①塗る前に血行を良くする

まつ毛美容液の効果を発揮させたい場合は瞼の血行を促進するのがポイント。おすすめなのが入浴後のタイミングで使う方法です。指の腹を使って上瞼と下瞼を優しくタッチングしてマッサージし、血行を促してから使うと美容液が浸透しやすくなります。

②洗顔後すぐに塗る

まつ毛美容液は、肌の皮脂汚れや埃が落ちた清潔な状態で使った方が効果を出しやすくなります。その為、洗顔をしてからすぐに使うようにしましょう。他にスキンケアをしていると化粧品によってまつ毛美容液の浸透が妨げられてしまう事があります。洗顔後のケアのファーストステップとしてまつ毛美容液を使うようにしてみてください。

③根元から先端に向けて塗る

まつ毛美容液を使う時は、根元から塗るようにします。まつ毛美容液の主な目的はまつ毛が育ちやすい土台を作る事。まつ毛が生えるベースである根元からまつ毛美容液の成分を浸透させる事によって、丈夫なまつ毛が生えやすくなると言われています。まつ毛美容液を根元に当てたら、先端に向かって塗っていきましょう。目尻や目頭のまつ毛にもしっかりと塗り、ムラなく美容液をつけるようにしてください。

塗り方をマスターして目元美人になろう♡

ダマになりやすい、パンダ目になりやすいなどの悩みがあったらマスカラの塗り方を見直すのがおすすめ。上手なマスカラの塗り方を取り入れていけば、理想通りの仕上がりになるはずです。マスカラの塗り方では下準備が大切なポイント。ビューラーで根元からまつ毛を上げ、下地を塗っておくと美しいカールをキープしやすくなります。マスカラを使って目元美人を目指していきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター