サムネイル

独身アラサー女性に喝!バチェラー久保裕丈さん対談【後編】

2017年Amazonプライム・ビデオで独占放送され、大盛り上がりを見せた恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」。初代バチェラーを務めた久保裕丈さんと、IIONNA編集長との対談【後編】をお届けします!独身アラサー女性にとって耳寄りな質問に加え、編集長の恋愛相談も飛び出した今回。果たして久保さんの回答はいかに!?

前編に続き、バチェラー久保裕丈さんに恋の質問♡

後半の対談テーマは「アラサー独身女性の疑問&アドバイス」!悩めるアラサー女子の恋愛について、男性の本音をズバリ聞いていきます。

⑥女性からリードしてグイグイ誘われることについてどう思いますか?

全然良いと思いますよ。だけどこっちが興味を持ってないと、受け流しますね。それでもさらにアピールされると「ごめんね」って伝えます。

成井:やっぱそういうことってあります?

ありますねー。やっぱ向こうが本気で何回もアタックしてくれたならば、変に流すよりは「ごめんね」って伝えたほうが、その子の時間とか無駄にしないのかなと思いますね。

⑦久保さんがドン引きする女性の言動は?

結構よくあるのが…
周りで思われている魅力と自分自身の魅力の差が分かってない子。

例えば、「港区女子」。
知り合いも多くて、いつも美味しいものを食べさせて貰ってる。自分のお金で行けるとかなら全然良いんですけど、それが自分の力ではなくて食べさせてもらってるとかで、凄く天狗になってるのは違うんじゃないって思います。めちゃくちゃ器量があるとか、会話がすんごい上手とかって言うんだったら良いと思いますけどね。

成井:ご馳走した方も楽しい食事なら支払う価値ありますもんね。

そうそうそう。なので器量がない顔だけの「港区女子」とかだとどうなのって思いますね。

成井:やっぱアラサーになるにつれて、20代のうちは若さでカバーできてきたことが難しくなったなって。30代は何かしらの魅力も身につけないとって思いますね。

自分の魅力の源泉というか、自分の一番武器になる持ち物ってなんだろうっていうのを、歳を経るごとにちゃんと見つめたほうがいいんだろうなって思いますよね。男も女も限らず。

本当何でも良いと思うんですよ。
例えば付き合う付き合わないとかは置いといて、女芸人の方達って僕凄い魅力的だなと思っていて。それで結構モテてたりするじゃないですか。あれって別に顔面とかはさて置き、ホスピタリティだったりとか面白さだったりを圧倒的な武器にするじゃないですか。

それに見た目とかって結局“減価償却”されるじゃないですか。見た目の価値なんて何歳でゼロになるかはわからないですけど、いずれにせよどんどん落ちていくものなので、見た目にばっかり寄りかかっている人っていうのはねー。別にそれでゴールまで行っちゃえば、それはそれで勝ちかもしれないですけど。

成井:なんかひとつ武器を持ってたほうが、リスクヘッジになりますよね。

そう。例えば、相手が顔って魅力だけを好きになって結婚したんであれば、それってどんどん減ってって新しい相手見つかるんだよって。

目減りしない価値を持っていないのに、自分の実力を勘違いしちゃってるような人とかは、見ててあんまり気持ち良くないかな。

ここで突如、IIONNA編集長・成井が恋愛相談をぶっ込み!

⑧突然すみません…私最近フラれまして。ガチ恋愛相談してもいいですか!

成井:私最近、彼氏にフラれまして…。
しかも同棲の約束をして、物件を探していた最中だったんですよ。私も今年30歳になり、その人と結婚したいな〜と考えていたので、それはもうショックで(笑)

久保さん:なるほど(笑)

成井:私、職業が経営者ってことで、恋愛できる相手がすごく限られていると感じていて。私はどんな相手でもいいんですが、相手の男性からすると女社長ってことでハードルが高く感じるらしいんです。なので自然と対象になるのは、年下の起業志望の男の子か、年上の経営者層。パイが少なすぎるので、これからどうやって恋愛しようって悩みます。

久保さん:

それはもう広いパイを狙いに行くのを諦めましょう!

成井:やはりそうなんですね!!!(泣)

久保さん:まず、自分の相手の数が少ないと理解しているのはとても大切だと思います。
その上でどう戦うか。経営者で仕事ができるというポイントにプラスして、自分のアピールポイントを見つけて自然体でアプローチされたらいいと思います。例えば明るいとか、気が遣えるとか。

成井:わかりました!!自然体で頑張ります!!!

⑨久保さんは高学歴でも有名ですが、ズバリ東大卒男子が好きな女性のタイプとは?

好きなタイプかどうかは分からないですけど、僕が一番オススメなのは「東大とのインカレサークルに入る」!
僕もテニスサークルに入ってましたが、“もともとイケてないんだけどなんとなく遊びたくて…”っていうこじらせてる男がいるところ。結構サークル内結婚ってめっちゃ多いんですよ。

でも社会人になっちゃうと、見知っちゃうんですよね。そこそこ良い給料貰うし、そこそこモテだすんですよ。だからこそ東大生は青田刈りしとくっていうのが一番良いと思いますよ。

成井:ちなみに久保さんがモテはじめたのはいつ頃ですか?

うーーーーん。女性とまっとうに接するようにできるようになったのって、26,7歳のときですね。

昔お付き合いしたなかで年上の女性がいたんですよ。僕は男子校にずっといて東大も理系だから、そんなに女性慣れしているタイプじゃなかったんで、外資コンサルに入ってチャラつきたい気持ちもとかもあって頑張ってはいたんですけど、その時にその女性と出会って、「逆にカッコつけすぎててダサいよ」ってめちゃくちゃ言ってもらって。そこで初めて“力を抜くこと”を覚えたんですよ。ほかにも「顔なんて大した価値じゃないんだから」とか言われて、その人には凄い育ててもらいましたね。

その後からですかね。ちゃんと女性と接することができるようになったのは。

⑩最後にハイスペック男子を狙っている女性にアドバイスを一言でください!

もうとにかく、恋愛に限らず人間関係全部そうだと思いますけど、

大事なのは「ギブ&ギブ」と「感謝」の精神を忘れないことだと思います。

初代バチェラー久保裕丈さんとの対談終了

いかがでしたか。久保さんって女性の本質を見極めてらっしゃる方なんだなというのが対談を終えての感想でした。確かに周りの男性と話していると、今は久保さんのような、女性の上辺の魅力だけに騙されない男性が増えてきているように思います。これって努力している女性にとっては朗報ですよね!

IIONNA読者の女性のなかには、男性から美味しいご飯を奢ってもらったり、欲しいものをプレゼントしてもらったりしている女性を羨ましく思う事もあるかもしれません。その波に安易に流されるのではなく、同時に年を重ねても衰えることのない魅力を身に着けていくことが、いくつになっても“イイオンナ”になれるメソッドではないでしょうか。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター