サムネイル

市販のストレートパーマおすすめ13選!さらツヤ髪になれる使い方のコツ!

サラサラと風になびくキレイなストレートヘアはいつの時代も人気のヘアスタイル。セルフでストレートパーマに挑戦したい方におすすめなのが、市販のストレートパーマ剤です。しかし、髪の傷みやその効果が気になりますよね。そこで今回は、人気の市販ストレートパーマ13選をランキングでまとめてみました。

口コミで人気!市販のストレートパーマを紹介

つるつるサラサラのストレートヘアは、女性にとって憧れですよね。くせ毛や取れかけのパーマをまっすぐにしたい、前髪だけに使いたいと思った時、自宅でセルフストレートが出来れば、時間もコストもカット出来てとても便利です。しかし、「市販のストレートパーマ剤の効果はどうなの?」「市販のストレートパーマを使うと髪の傷みは大きい?」と使うことを悩む方も多いでしょう。そこで、今回は、おすすめの市販のストレートパーマ剤とその効果的な使い方を口コミと合わせてご紹介しましょう。

ストレートパーマとは?縮毛矯正との違い

ストレートパーマとは、1剤で毛髪内の水素やイオンの結合を切断し、好みの形にセッティングした後、2剤で安定化させるという技術で、髪をストレートにすることです。ストレートパーマも縮毛矯正も、目的は髪をまっすぐにさせるという点では同じになりますが、縮毛矯正剤は1剤使用後に、アイロンで伸ばして熱処理をする施術が入ります。強いクセ毛の方には縮毛矯正を、一度かけたパーマを元に戻す時や弱いくせ毛をナチュラルなストレートに仕上げたい方には、ストレートパーマがおすすめです。

市販のストレートパーマは髪に傷むって本当?

ストレートパーマ剤や縮毛矯正剤は、現在市販で手に入るものと美容院で施術してもらうものとでは、薬剤に大きな違いはありません。正しい使い方をすることで、セルフでもキレイにストレートヘアに仕上げることが出来ます。ストレートパーマ剤や縮毛矯正剤の正しい使い方をしないと、薬剤による髪の傷みが大きくなります。市販のストレートパーマ剤や縮毛矯正剤を使い方の注意点は、薬剤を塗布した後に長く放置しすぎないことです。使い方をきちんと守って、キレイなストレートヘアに仕上げましょう。

市販のストレートパーマおすすめランキング【13~9位】

ここからは、サラサラに仕上げてくれるおすすめの市販のストレートパーマ剤をランキングでご紹介します。市販のストレートパーマ剤は、ドラッグストアで手に入る1回タイプのものや、プロが使用する業務用のストレートパーマ液で数回使えるタイプのものがあります。前髪や部分用のものや髪全体に使えるものもあります。用途に合わせて自分に合うストレートパーマ剤を選びましょう。まずは、おすすめの市販のストレートパーマ剤、13位から9位をご紹介します。

第13位:パルティ「メチャまっすぐストパー(ショートヘア・部分用)」

おすすめ市販ストレートパーマ第13位は、パルティの「メチャまっすぐストパー(ショートヘア・部分用)」です。ヘアカラーのアイテムも豊富なパルティは、ストレートパーマ剤もお手頃の価格で手に入り、自分で気軽に出来るのが嬉しいポイントです。高いストレートキープ力で持ちが良く、毛先までピーンとまっすぐなストレートに仕上げてくれます。ショートヘア・部分用なので、前髪など自分の気になる部分だけに使用することが出来ます。
パルティ「メチャまっすぐストパー(ショートヘア・部分用)」の使い方は、付属のV型コームに1剤をのせ、ウェーブをのばすようにコームでとかします。5~15分たったら、ぬるま湯でよくすすぎます。2剤を1剤と同じよう塗布し、約15分放置した後、ぬるま湯でよく洗い流します。お値段は、441円(税込)の嬉しいプチプライス。内容量は、1剤が50g、2剤が50gになっています。口コミでは、「パーマの取れかけや前髪に使用したら、サラサラのストレートになった」という声がありました。

第12位:アリミノ「コスメクリーム 」

おすすめ市販ストレートパーマ第12位は、アリミノの「コスメクリーム」です。アリミノの「コスメクリーム」は、髪に負担をかけずに、クセやボリュームをコントロールしてくれるのが特徴です。美容室で使用するプロ専用の商品でストレートパーマの持ちが良く、美容室での仕上がりがセルフで手に入ります。1剤に配合されているエモリエント成分が、髪内部に浸透し、ボリュームをコントロールします。毛髪軟化成分のシステアミンが髪の傷みを軽減しながら、穏やかに働きかけクセを和らげてくれます。
アリミノ「コスメクリーム 」は「S」→「M」→「H」→「EX」→「V」の順で強力になり、バージンヘアには「V」を、カラーリングしている方や髪の傷みが気になる方は、「EX」までの使用をおすすめします。使い方のポイントは、1剤の使用後に乾かしてストレートアイロンで伸ばすことです。お値段は、3,501円 (税込)で、内容量は、1 剤 ・2 剤各400mlになっています。口コミでは「ピンとしすぎず自然なストレートになる」、「1〜2ヶ月は優に持ち経済的」という声があります。

11位:「ナチュラルストレートパーマ(ショートヘア・部分用)」

おすすめ市販ストレートパーマ第11位は、、ベネゼル「ナチュラルストレートパーマ(ショートヘア・部分用)」です。やわらかなストレート力でハネ、広がりを抑え、自然なストレートパーマで、スタイリングしやすい髪に仕上げます。髪に潤いを与えるアフタートリートメント付きで、パーマ後のアルカリ性に傾いた髪を酸性側に戻し、キューティクルを密着させ髪を整えてくれます。1剤式なので、使い方も簡単です。時間をかけず素早く済ませたい人におすすめのストレートパーマ剤です。
ベネゼル「ナチュラルストレートパーマ(ショートヘア・部分用)」は、パーマ剤とアフタートリートメントのみで、1剤、2剤と分かれていません。価格は、パーマ剤が50g、アフタートリートメントが20gになっています。部分様なので、前髪や気になる部分だけの使い方も出来ます。口コミでは、「ブローまで1時間で手軽にツヤのあるストレートになる」、「自然な感じのストレートになるので、気に入っている」という声があります。

10位:ミルボン「ネオリシオ 縮毛矯正剤」

おすすめ市販ストレートパーマ第10位は、ミルボンの「ネオリシオ 縮毛矯正剤」です。1剤は【ネオリシオ H 1剤 普通毛用】、【ネオリシオ N 1剤 軟毛用】、【ネオリシオ SH 1剤 硬毛・撥水毛用】があります。熱ダメージを抑えながらクセを伸ばすので、髪の傷みを気にせずに使うことが出来ます。リピートしても硬くなりにくく、キレイな状態を長持ちさせてくれるのがポイント。また、従来のストレートパーマに比べて、カラーの色沈みも軽減してくれます。
2剤は、ひまわり由来のエステル油で髪の表面をコートし、ツヤ感のあるきれいなストレートヘアに仕上げてくれます。ミルボン「ネオリシオ 縮毛矯正剤」の価格は5,190円(税込)で、内容量は1剤 400g・ 2剤800g になっています。口コミでは、「ゴワツキのないサラサラな仕上がりに大満足」、「キレイにクセが伸びた」という声があります。

9位:プロカリテ「EXストレートパーマ」

おすすめ市販ストレートパーマ第9位は、PROQUALITE(プロカリテ) の「EXストレートパーマ」です。 髪の長さに合わせて選ぶことが出来るショートヘア用とロングヘア用の2タイプが揃っています。商品の特徴は、くせ毛特有の毛髪内部のゆがみに作用し、傷みを軽減しながら、サラサラなストレートヘアに仕上げてくれることです。また、アルガンオイル配合のアフタートリートメントが、湿気の吸収を抑えるので、雨の日でもサラサラなストレートヘアをキープし、効果を長持ちさせてくれます。
PROQUALITE(プロカリテ) の「EXストレートパーマ」の価格は、483円(税込)です。内容量は、ショートヘア用:第1剤50g/第2剤50g/アフタートリートメント15g、ロングヘア用:第1剤100g/第2剤100g/アフタートリートメント15gになっています。口コミには、 「簡単にボリュームを抑えることが出来た」、「2剤を付ける前に乾かしてコテでしっかりストレートにして2剤に入る使い方がおすすめ」という声があります。

8位:ムコタ「SNB オペラ Hハード」

おすすめ市販ストレートパーマ第8位は、ムコタの「SNB オペラシリーズ」です。ムコタの「SNB オペラシリーズ」は、仕上げたいイメージに合わせて4シリーズに分けて使える業務用のストレートパーマ剤です。「オペラ Hハード」は、クセをナチュラルに伸ばし、髪の傷みを和らげながら、髪本来の美しさを生かしたスタイリングを叶えてくれます。また、瑞々しいフォルムとテクスチャーがナチュラルな質感のあるストレートヘアに仕上げてくれます。
ムコタの「SNB オペラシリーズ」の特徴は、施術中、施術後の臭いが少ないこと、また、補修成分の高いトリートメント効果でスピーディーに軟化し、薬剤による髪の傷みを軽減してくれることです。ムコタ「SNB オペラHハード 」の内容量は、1剤・2剤各400gで、価格は2,998円(税込)になっています。口コミでは、「美容院で使っているものと同じなので、非常によく伸び、ストレートヘアが長持ちする」という声があります。

7位:ナプラ「 HBストレート7.8クリーム」

おすすめ市販ストレートパーマ第7位は、ナプラの「 HB ストレート 7.8 クリーム」です。「 HB ストレート 7.8 クリーム」の特徴は、質感のある柔らかいストレートヘアが叶い、施術後のスタイルチェンジも思いもままに仕上がることです。毛髪に浸透しやすく操作性に優れたクリームタイプを採用しているため、施術時間の短縮を可能し、髪への傷みを軽減してくれます。また、2剤のトリートメント効果で柔らかで自然なストレートヘアを実現します。
ナプラ「HB ストレート 7.8 クリーム」の価格は、2,549円(税込)で、内容量は、1剤・2剤 各400gになっています。口コミでは、「匂いは、キツくなく全く気にならない」、「安いし、髪の毛の傷みも かなり少ない」という声がありました。ミドルダメージからハイダメージ、弱いクセ毛の方におすすめの縮毛矯正剤です。

6位:ミルボン「リシオ アテンジェ」

おすすめ市販ストレートパーマ第6位は、ミルボンの「リシオ アテンジェ」です。ミルボンの「リシオ アテンジェ」は、弾力のあるや柔らかさとツヤを与え、毛先までキレイにストレートにしてくれます。トリートメント効果のある2剤が2倍の量で、ストレート毛のきしきしパリパリ化を防止するウォッシュケア処方のモイスチュアハニーも配合されています。繰り返し縮毛矯正する方、毛先の傷みが気になる方におすすめの縮毛矯正剤です。
ミルボン「リシオ アテンジェ」には、硬い髪質、撥水毛用SH(スーパーハード)、健康毛用H(ハード)、ダメージ毛用N(ノーマル)の3種類が揃っています。価格は、1剤・2剤セットで3,499円(税込)です。内容量は、1剤が400g、2剤が800gになっています。口コミでは、「美容室並の仕上がりで大変満足」、「美容室よりコスパがよく、前髪やストレートにしたい所だけ出来るのでおすすめ」という声があります。

5位:ベネゼル「ストレートパーマEX」

おすすめ市販ストレートパーマ第5位は、ベネゼルの「ストレートパーマEX」です。ベネゼルの「ストレートパーマEX」は、クセ毛の2大原因に働きかけ、悩みのしつこいクセ毛もサラサラなストレートヘアにします。髪に潤いを与えるアフタートリートメント付きで、パーマ後のアルカリ性に傾いた髪を酸性側に戻し、キューティクルを整えてくれます。ショートヘア・部分用とロングヘア用があるので、前髪や気になる部分だけに使ったり、髪全体に使うことも出来ます。
ベネゼルの「ストレートパーマEX」の価格は864円(税込)です。内容量は、ショートヘア・部分用:第1剤 50g/第2剤 50g/アフタートリートメント 20g、ロングヘア用:第1剤 100g/第2剤 100g/アフタートリートメント 20gになっています。口コミには、「アフタートリートメントで、仕上がりはうるうるサラサラに」、「手順が簡単でキレイに仕上がり大満足」という声があります。

4位:資生堂「クリスタライジングストレートアルファ」

おすすめ市販ストレートパーマ第4位は、資生堂の「クリスタライジングストレートアルファ」です。「クリスタライジングストレートアルファ」は、資生堂のスキンケアテクノロジーを取り入れ、椿オイルやヒアルロン酸などの保湿成分を配合し、上質なツヤ感のある極上のストレートヘアに仕上げてくれます。パーマや縮毛矯正を繰り返している傷みの多い髪におすすめの縮毛矯正剤です。サロン専売プロフェッショナル用で、H (強力矯正タイプ)とN (矯正力控えめタイプ)があります。
1剤使用後に、しっかりと乾かした後でアイロンで伸ばしてから、2剤を塗布する使い方がおすすめです。資生堂の「クリスタライジングストレートアルファ」の価格は、1剤と2剤セットで1,980 円で、内容量は、1剤・2剤各400gになっています。1回の使用の目安は各80~150gで、4回前後使用出来ます。口コミでは、「チリチリならずつるんとした仕上がり」、「美容院に行くとお金と時間がかかるけど、自宅で安く出来る」、「美容室での仕上がりが得られて満足」という声があります。

3位:ナプラ「HBスプリュース ストレート」

おすすめ市販ストレートパーマ第3位は、ナプラの「HBスプリュース ストレート」です。ナプラの「HBスプリュース ストレート」シリーズは、H(ハードタイプ)とN(ノーマルタイプ)の2種類があり、バージンヘアからストレート施術を繰り返した髪の傷みが気になるヘアまで幅広く対応します。自然由来の成分にこだわり、シアバター、ハーブエキス、植物性天然保湿成分を配合し、髪と頭皮にやさしいシリコーンフリーを採用。ダメージケアに着目し、しなやかで潤いのある質感へと導いてくれます。
1剤使用後はしっかりドライヤーで乾かして、ヘアアイロンで丁寧に髪を伸ばしてから、2剤を使用するのが使い方のポイントです。ナプラ「HBスプリュース ストレート」の価格は、2,395円(税込)で、内容量は、1剤・2剤各400gになっています。口コミでは「使用方法をホームページでチェックしたら、サロン並みの仕上がりになった」「想像していた以上にいい仕上がり」という声があります。

2位:レイナカンパニー「ミュナスストレート プロ用ストレートパーマ液」

おすすめ市販ストレートパーマ第2位は、レイナカンパニーの「ミュナスストレートプロ用ストレートパーマ液」です。サロンでの業務用のストレートパーマ剤が、家庭でも使用出来て、サロン並みの仕上がりが叶います。「ミュナスストレート」は、あらゆる髪質に対応し、毛先までサラサラの美しい髪に仕上げてくれます。適度な粘性があるので、毛髪への親和力が働きスピーディーな施術が可能になります。1剤の使用後は、アイロン不要で、洗髪してタオルドライ後にすぐ2剤の塗布に入れます。
使い方が簡単で、ブローやスタイリング時も髪が扱いやすく、毛先までサラサラな仕上りになります。レイナカンパニー「ミュナスストレートプロ用ストレートパーマ液」の価格は、2,480円で、内容量は、1剤・2剤各240gです。1回分の使用量の目安は80gで、3回ほど使用出来ます。また、前髪など気になる部分だけの使用も可能です。口コミでは、「くせ毛特有のボリュームダウンに効果あり」「ヘアアイロン不要でコスパもいい」「強いくせ毛の前髪がまっすぐになった」という声があります。

1位:アズスタイル「リファインストレートH」

おすすめ市販ストレートパーマ第1位は、アズスタイルの縮毛矯正剤 「リファインストレートH」です。コスメパーマでありながらも、くせ毛をしっかり伸ばしストレートヘアがキレイに仕上がります。天然由来のエモリエントリペア成分配合で、多様なヘアアレンジも可能です。チューブタイプで、薬剤の塗布時間を大幅に短縮出来るので、時間の無い方やお子様への施術にもおすすめです。サロン専売品の縮毛矯正剤なので、1剤使用後に髪を乾かし、アイロンで伸ばす施術が必要になります。
アズスタイル「縮毛矯正剤 リファインストレートH」の価格と内容量は、1剤・2剤各400gタイプは4,320円(税込)で、各80gタイプ(2回分)は、3,280 円(税込)になっています。口コミでは、「中学生の娘用に購入しました。太くて、量も多く、しっかりしたくせ毛です。ボリュームダウンした髪に娘は満足したようです」、「前髪だけにも使用出来て便利」、「リピート買いしたい」との声がありました。

市販のストレートパーマで失敗する原因

市販のストレートパーマを使ってみたけど、ストレートにならなかったという口コミもたまに見かけます。市販のストレートパーマで失敗しないためには、ストレートパーマ剤の正しい使い方が大切で、施術するコツを押さえておくことが必要です。また、セルフストレートパーマをする当日の天候や湿度にも気を配ることで、ストレートパーマのかかり具合が変わってきます。ここからは、市販のストレートパーマで失敗しないコツをご紹介しましょう。

①雨の日にする

市販のストレートパーマをかけるなら、くせ毛やウェーブの状態がはっきりと分かる雨の日がおすすめです。湿度が高い時は、くせ毛やウェーブ、髪の広がりが出やすくなります。一方で、乾燥した日は、くせ毛やウェーブ、髪のボリュームが出にくくなります。湿度の高い雨の日を選ぶことで、最大限くせやウェーブが出た髪の状態で市販のストレートパーマを使用すると、効果的なストレートヘアに仕上げることが出来ます。

②コームでしっかり伸ばす

次の失敗しないためのポイントは、市販のストレートパーマの1剤や2剤を髪に塗る時に、コームを使ってしっかり薬剤を伸ばすことです。このコーミングを怠ると、市販のストレートパーマの効果が発揮出来ずに、キレイなストレートヘアにならず、長持ちもしません。また、薬剤を塗る時にコームが通りにくいということがない様に、施術前にもしっかりとコーミングしておくことをおすすめします。薬剤を塗る時には、頭皮に着かないように、根元からコームで薬剤を伸ばしてまっすぐにとかしましょう。

③1剤の使用後に髪をまっすぐ乾かす

市販のストレートパーマを効果的に仕上げる最も大切なポイントは、1剤と2剤の間で髪の毛を乾かすことです。市販のストレートパーマは、1剤と2剤に分けて施術する場合が多いですが、1剤が終わった後は、ぬるま湯で十分洗い流し、ドライヤーで8割位乾かしましょう。その後、ストレートアイロンでまっすぐ伸ばすことで、キレイなストレートヘアに仕上がります。ヘアアイロンがない場合は、コームやブラシで、髪をまっすぐ伸ばしながらドライヤーで乾かしましょう。

市販のストレートパーマの持ちが良くなるコツ

市販のストレートパーマで施術した後は、まっすぐサラサラになったけど、数日してから効果が薄れて長持ちしないという口コミも見られます。市販のストレートパーマ剤の効果を長持ちさせるためには、コツが必要です。使用前のヘアケアから、使用中に注意すること、仕上げの方法次第で、市販のストレートパーマを効果的に長持ちさせることが出来ます。ここでは、市販のストレートパーマの持ちが良くなるコツを紹介しましょう。

コツ①指定時間を守る

市販のストレートパーマ剤を使う時に大切なのが、指定の時間を守ることです。指定の時間よりも長すぎると、髪の傷みが大きくなる可能性があり、短すぎるとストレートパーマ剤を効果的に発揮することが出来ません。市販のストレートパーマ剤は、髪の傷みが大きくならないように時間が設定されているので、自己判断で長時間放置せず、指定の時間を守って、薬剤が浸透するための時間を取りましょう。

コツ②最初に髪をキレイに整える

市販のストレートパーマ剤を使う前に、髪をブラッシングやコーミングして、汚れやほこりを取り除きましょう。汚れやほこりを取り除くことで、ストレートパーマ剤の髪への浸透がしやすくなります。また、髪をキレイに整えることによって、くせ毛やウェーブのうねりが強い部分がよく分かり、施術がしやすくなります。髪にスタイリング剤やトリートメントが付いている場合は、シャンプーをしてコーティングを洗い流し、ストレートパーマの薬剤が浸透しやすい状態にしてから、施術に入りましょう。

コツ③乾いた髪に使う

市販のストレートパーマ剤や縮毛矯正剤を使用する時は、髪に何も付いていない乾燥した状態で、薬剤を髪の根元から毛先に向かって付けていきます。何も付いていない乾燥した髪に、ストレートパーマの1剤、2剤を付けることで、薬剤が髪に浸透しやすく、その効果も長持ちしやすくなります。塗り終わった後は、ラップを髪に巻き、薬剤が浸透しやすい様に、乾燥を防ぐことをおすすめします。ストレートパーマや縮毛矯正の薬剤は、刺激が強いので、頭皮にたくさん付かないように注意しましょう。

コツ④アイロンでしっかりと伸ばす

市販のストレートパーマ剤を使う時、ストレートアイロンでしっかりと髪を伸ばすことで、効果を長持ちさせることが出来ます。1剤を使ったら髪をぬるま湯で洗い、ドライヤーで乾かします。8割ぐらい乾いたらストレートアイロンで髪をしっかり伸ばします。このステップをきちんとすることで、劇的にキレイなストレートヘアに仕上がります。2剤を塗布して所定の時間放置し、洗い流した後も、もう一度乾かしてから、ヘアアイロンでしっかりと伸ばすことで、その効果を長持ちさせることが出来ます。

コツ⑤前髪に使う場合

市販のストレートパーマでセルフで施術すると、前髪がピンとまっすぐなり過ぎてしまうことがあります。市販のストレートパーマ剤を前髪に使う時のコツは、ストレートアイロンで前髪を軽く内巻きにして乾かすことです。薬剤を塗布した後は、シャンプーで髪を洗い、ストレートアイロンで内側に巻きながら乾かすことで、前髪がまっすぐになり過ぎるのを防ぎます。ストレートアイロンの使い方は、前髪の根元から0.5㎝~1㎝ぐらい空けて巻くと、キレイなワンカールの前髪に仕上がります。

市販のストレートパーマでキレイなストレートヘアに♡

今回は、さらツヤのストレートヘアになれる人気の市販ストレートパーマ13選をご紹介して参りました。市販のストレートパーマ剤で、髪の傷みを最小限にして、キレイなストレートヘアに仕上げるには、正しい使い方をすることが大切です。市販のストレートパーマ剤で失敗させないためのコツと、さらツヤのストレートヘアを長持ちさせるコツが分かれば、サロン並みのストレートヘアが実現できそうですね。市販の人気ストレートパーマで、憧れのストレートヘアをゲットし、さらツヤの質感を楽しみましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター