サムネイル

半身浴ダイエットで痩せやすい身体に!効果の高いやりかた11選

半身浴でダイエットをしたい時は、効果的なやり方のコツの他に注意点を把握しておく事が大切。注意点を踏まえたやり方なら、半身浴ダイエットでむくみ解消などの効果を期待する事が出来るようになります。ここでは半身浴ダイエットの効果ややり方のコツについてまとめました。むくみのないすっきりとした状態になっていきませんか?

痩せたい人必見!正しい半身浴ダイエットをマスターしましょう

「むくみを解消してすっきりとしたスタイルになりたい!」という場合におすすめしたいのが半身浴ダイエット。半身浴ダイエットには色々な効果を期待する事が出来るのに加えて簡単なやり方で取り入れられるのが嬉しいポイントです。注意点も踏まえた上で半身浴をすれば、ダイエット効果を期待する事が出来るのではないでしょうか。そんな半身浴は、女優やモデルが行なっているダイエット方法としても知られています。美意識が高い女性芸能人も行なっている半身浴でダイエットにチャレンジしてみませんか?
今回は半身浴ダイエットのやり方のコツや効果、注意点についてまとめました。半身浴ダイエットで効果をしっかり出したい時はやり方のコツをチェックしておく事が大切。コツを学んでおけば、半身浴ダイエットの効果を上げる事が出来るかもしれません。半身浴中にむくみを解消するマッサージをするなど、自分に適したやり方で半身浴ダイエットをしてみませんか?知っておきたい注意点も学び、効果的な半身浴ダイエットにしていきましょう。

半身浴でデトックスできるの?

半身浴ダイエットでよく聞くのが「デトックス効果」という言葉。デトックスとは老廃物を排出し、むくみなどを解消する事です。「本当に半身浴でデトックスが出来るの?」と効果が気になる方も多いのではないでしょうか。半身浴でデトックスが出来ると言われているポイントとなるのがアポクリン腺。人が汗をかく汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。エクリン腺はさらっとした臭いのない汗をかく汗腺で主成分は水。一方で、アポクリン腺は脂肪や塩分、アンモニアなどを水分以外に含む汗をかく汗腺です。
その為、アポクリン腺から出てくる汗はベタつきがあり、臭いがある事も。アポクリン腺から出てくる汗には様々な老廃物が含まれているので、デトックスする為にはここから汗を出す事が大切。アポクリン腺は急激に体温を上げるよりじっくり体を温める事で汗をかきやすくなります。半身浴で徐々に体を温めればアポクリン腺から汗をかき、老廃物をデトックスする事が可能。デトックスしたい時は半身浴をする事が最適と言えるでしょう。

本当にダイエットできるの?

デトックス効果があるという事が分かった半身浴ですが、ダイエットにも効果はあるのでしょうか。ダイエットに半身浴を行う人が多いですが、本当にダイエット効果があるのか気になる所。基本的に、半身浴によって即効性のあるダイエット効果は期待する事は出来ません。半身浴によって消費するカロリーは30〜50kcalと言われており、そこまで多くのカロリーを消費する訳ではないので半身浴をしたからといってすぐに痩せるという事はないです。半身浴ダイエットのキーポイントとなるのが痩せやすい体質を作る事。
半身浴でじっくりと体を温める事によって脂肪を燃焼しやすくなるなどの効果を期待出来ます。そういった事を積み重ねていくと、結果的に痩せやすい体質になってダイエット効果が現れやすくなるのが半身浴の良い所。即効性はありませんが、痩せやすく太りにくい体質をベースから作る事が出来るのでリバウンドする事なく綺麗なスタイルを保ちたい時に最適な方法と言えるのではないでしょうか。効果的なやり方で半身浴を行なって、ダイエットに繋げていきましょう。

半身浴ダイエットの効果は?

半身浴をする時に気になるのが具体的な効果。効果が分からないと「本当に半身浴を続ける意味があるのかな?」と疑問に思ってしまう事があるのではないでしょうか。半身浴には様々な効果を期待する事が出来ます。ダイエット効果だけでなく、体に良い効果が色々あるのでダイエット以外の目的で半身浴をするのもおすすめ。半身浴によって健康的な体作りをサポートする事が出来ると言われています。半身浴を続けるモチベーションにする為にも、どういった効果があるのか詳しくチェックしていきましょう。

基礎代謝UP

半身浴の効果として挙げられるのが基礎代謝がアップするという事。半身浴は体を徐々に温めていく入浴方法です。急激に体を温めるよりも少しずつ体を温めるようにした方が代謝が上がりやすくなり、基礎代謝もアップ。半身浴を続ける事で代謝が上がった状態をキープしやすくなると言われています。ダイエットをする上で基礎代謝のアップはとても大切なポイント。代謝が下がった状態だとどんなに運動をしても脂肪が燃焼しやすい状態にしにくいので、基礎代謝を上げる事でダイエットの効率を上げられます。
基礎代謝が上がった状態であれば脂肪が燃焼しやすくなるのが嬉しいポイント。同じ運動をしたとしても基礎代謝が高いか低いかによって脂肪の燃焼率も変わってくるので、まずは基礎代謝を上げる事を意識してみると良いでしょう。半身浴は基礎代謝のアップに貢献してくれるとされているので、簡単に代謝を上げたい時におすすめです。

むくみ撃退

「顔にむくみがあってパンパン…」「足がむくんで太く見える」という事はありませんか?ダイエットにおいてむくみは大敵。体重が落ちたとしてもむくみがあると太って見えてしまいます。また、むくみがある状態が続くとむくみを取るのが大変になってくるので早めに対処する事が大切。むくみ対策に役立つのが半身浴です。半身浴によって体を徐々に温める事で、アポクリン腺から汗をかきやすくなるのがポイント。アポクリン腺からかく汗は、むくみの原因となる塩分を始めとした老廃物が含まれています。
半身浴でアポクリン腺から効率的に汗をかく事で老廃物を排出。むくみのないすっきりとしたスタイルに近づく事が出来ます。むくみが気になる時はゆっくりと半身浴をしていきましょう。むくみにくい体作りにも役立ちます。

冷え性の改善

「いつも手足が冷えている…」「お風呂に入ってもすぐに寒くなる」といった場合は冷え性である可能性が高くなります。冷え性の状態が続く事も、実はダイエットにはあまり良い影響を与えません。冷え性で血流が滞ると代謝が落ち、脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。その為、ダイエットの効率が落ちてしまうのが問題。そんな冷え性を解消する為に半身浴を行なっていきましょう。半身浴で手足の隅々まで温める事で血流が改善され、ポカポカとした状態が続きやすくなります。
半身浴で基礎代謝が上がれば、すぐに体が冷えてしまう状態も解消しやすくなるのではないでしょうか。半身浴をした後に厚手の靴下を履くなど、暖かさがキープ出来るようなやり方をする事で更に冷え性を改善する効果がアップします。いつでも手足が冷えている、という場合は半身浴をしてみてください。

美肌効果

すぐに肌荒れをしてしまったり、ニキビが出来てしまう場合は老廃物が溜まっている可能性があります。毛穴汚れが詰まって凝り固まっていると肌の状態が悪くなり、ブツブツとした黒ずみの原因に。また、体内の老廃物が溜まる事で代謝が落ち、肌のターンオーバーが正常に働かなくなる可能性もあります。肌のターンオーバーが鈍ると新しい細胞へ生まれ変わる機能が落ちるので、肌荒れやくすみなどを引き起こしやすくなります。そんな時も半身浴をして老廃物を排出するようにしていきましょう。
半身浴でアポクリン腺から汗をかけば、体内にある不要な老廃物を排出しやすくなります。また、毛穴が開き、溜まった汚れも出やすくなるので黒ずみの対策にもなるのではないでしょうか。半身浴で積極的にデトックスをしていけば、美肌になる事も可能です。どんなにダイエットをしても肌が荒れていては印象がダウン。半身浴ダイエットで理想のスタイルだけでなく美肌も手に入れていきませんか?

半身浴ダイエットのやり方11選

半身浴にはダイエット以外にも色々な効果がある事が分かりましたが、どういったやり方をすると効果的なのでしょうか。半身浴の効果をしっかりと発揮させる為にはやり方のコツが必要。ちょっとしたコツをチェックしておく事によって半身浴の効果がアップします。今回は、半身浴ダイエットのやり方のコツを11個まとめました。どのやり方のコツも半身浴ダイエットをやる上で大切になるので、事前に把握しておきましょう。半身浴ダイエットで綺麗になれるようにコツを取り入れてみてください。

1.半身浴前に水分補給をする

半身浴ダイエットのやり方のコツとして大切になるのが水分補給。水分補給を行なっておく事によって、汗がかきやすい状態を作っていきます。半身浴をする前は、200mlくらいの水分を取っておくのが基本。この時に注意しておきたいのが冷水を飲まない事です。冷水を飲むと内臓に負担をかけてしまうのに加えて、体が冷えてしまうので気をつけましょう。半身浴で効率的に体を温める為には、常温の水か白湯を飲むのがおすすめ。常温の水や白湯であれば内臓に負担をかける事もないので安心です。
半身浴は沢山汗をかくことを目的としているので、水分が足りないと脱水症状がおきてしまう場合があるので気をつけましょう。事前に水分を摂取しておく事は健康面でも重要なコツになります。水は30分前に飲むのがポイント。30分前に水分補給をしておけば、体にしっかりと水分を行き渡らせられます。

2.温度は38〜40度に設定する

半身浴ダイエットでは、ぬるま湯に浸かるのが基本的なやり方です。熱過ぎるお風呂に入ると体温が急上昇し、長く入っていられなくなってしまうのに加えて体に負担をかけてしまうので注意が必要。半身浴する場合は、38度〜40度くらいの温度にしておきましょう。このくらいの温度であれば長い時間入っても体の負担になりにくく、徐々に体温を上げる事が出来ます。少しずつ体温が上がる事でアポクリン腺から汗をかきやすくなるので、自分が心地良いと思えるくらいの適温にしてみてください。

3.浴室を温めておく

半身浴は全身をお湯に浸けるわけではないので浴室が寒いと上半身だけ冷えてしまいます。上半身が冷えると効率的に汗をかきにくくなってしまうのが注意点。そうならないように、浴室は温めておきましょう。浴室の温度を上げておくだけで体から汗をかきやすい状態を作りやすくなります。また、浴室を暖めておく事はヒートショックを防ぐのにも効果的。お風呂と外気温の差が大きいと心臓に負担がかかりやすく、ヒートショックの原因になるのでそういった意味でもお風呂場は暖めておくようにしましょう。

4.お湯の量はみぞおちが目安

半身浴をする場合、お湯の量はみぞおち辺りを目安とします。このくらいの湯量に半身を浸けて徐々に体温を上げていくのが半身浴をする時のコツ。半身浴ではゆっくりと体を暖めて汗をかく事が大切になります。全身がお湯に浸かっていると汗をかく範囲が狭まってしまうので、みぞおち辺りの湯量にして半身からしっかりと汗をかけるような状態にしておきましょう。

5.半身浴中にマッサージをする

半身浴をしている間は手持ち無沙汰になりがちです。そんな時にやっておきたいのがマッサージ。半身浴をして体温が上がっている状態でマッサージをするとリンパの流れが促進され、老廃物が排出されやすくなります。老廃物が排出される事でむくみが取りやすくなるのが嬉しいポイント。半身浴ダイエットの効果を高める為にもリンパマッサージをやっていきましょう。
リンパマッサージのやり方はとても簡単です。まず、鎖骨の部分を手で挟んでさすってください。続いて、フェイスラインに中指と薬指を当てて耳の後ろに向かって上げていきます。次に、耳の後ろから肩の後ろ、鎖骨に向かってリンパを流すように指をスライドさせてください。これが一連のリンパマッサージの流れになります。リンパマッサージはむくみ改善だけでなく肩こり解消にも繋がるので、半身浴中に行なってみてはいかがですか。

6.半身浴中も水分補給をする

半身浴をしている間は汗がどんどん流れていきます。最初に水分補給をしていたとしても水分が足りなくなってしまう事があるので、半身浴中も水分補給をするようにしてください。半身浴をしている間に500ml程度の水を飲むようにするのが目安です。こうする事で汗がかきやすくなり、老廃物の排出にも役立ちます。半身浴中に水分補給をする場合も常温の水か白湯を飲むようにしましょう。冷水で体を冷やすと逆効果なので注意が必要です。

7.入浴時間は20〜30分にする

半身浴をする場合の時間は20〜30分程が目安です。半身浴は長くやればやるほど良いイメージがあるかも知れませんが、半身浴を長くやり過ぎるとのぼせてしまう可能性があるので気をつけましょう。20〜30分程半身浴をしていれば十分に汗をかく事が出来るのでこのくらいの時間を目安にしてください。半身浴をしている間はマッサージをするなど、ダイエット効果が出やすい事をやっておくと効率的。半身浴をしている時間を有意義に使うようにしてみてはいかがですか。

8.上半身が冷えないようにする

半身浴をしていると、上半身が冷えてしまう事があります。浴室が暖かければ問題ありませんが、環境によってはなかなか暖まらず上半身が冷えてしまう場合も。そうならないように、冷えてしまう時はタオルをかけるなどの対策をしておきましょう。掛け湯をしながら体を温めたり、タオルをかけて冷えを防ぐと効果的です。上半身が増えると半身浴の効果も下がってしまうので注意してください。

9.のぼせ対策は頭を冷やす

半身浴をしている間にのぼせてしまう可能性もあるので、そんな時は水で濡らしたタオルを頭にかけるようにしましょう。こうする事で頭を冷やし、のぼせ対策をしておくと安心です。のぼせやすい方は、事前に保冷剤をタオルに包んで準備しておくと良いかもしれません。のぼせ過ぎると立ちくらみなどが起きてしまうので、のぼせない程度に半身浴をする事も大切になります。こういった対策もしっかり行なった上で半身浴ダイエットに取り組むようにすると良いのではないでしょうか。

10.入浴剤でリラックス効果を高める

半身浴ダイエットをする時間を有効活用したい時は、リラックス出来る空間を作るのもおすすめの方法。ゆったりとした気持ちになれれば、眠りも良くなるはずです。そんな時におすすめしたいのがアロマ系の入浴剤。心地良い香りのするアロマ系の入浴剤は、気持ちを落ち着かせるのにぴったりです。半身浴をする時に使えば、癒しのバスタイムを過ごす事が出来るのではないでしょうか。自分好みのアロマの香りの入浴剤を使ってリラックスしていきましょう。
保湿成分などを含んだ入浴剤であれば、半身浴をしながら肌のケアをする事も出来ます。乾燥しがちなシーズンは半身浴後に乾燥を感じてしまう事もあるので、入浴剤で保湿をしておくと良いかもしれません。こうした工夫もしながら半身浴を楽しんでいきましょう。

11.ビニール傘でサウナ効果を出す

半身浴の効果を高めたい時に最適なのがビニール傘を使った方法。お風呂にビニール傘と言うと意外かもしれませんが、これが体を温めるのに役立つとされています。半身浴をする時に、普段使うようにビニール傘を掲げましょう。ビニール傘で上半身を覆う事でサウナ状態になり、効果的に体を温める事が出来ると言われています。
半身浴でなかなか汗をかかない、という場合はこうした方法も取り入れてみると良いのではないでしょうか。ビニール傘を使う場合は通常よりも汗をかきやすい事が多いので、水分補給はしっかり行うようにしてください。

半身浴ダイエットの注意点

ダイエット効果やデトックス効果など色々な効果が期待出来る半身浴ですが、安全に行う為には注意点を把握しておく事も大切になります。注意点を把握しておかないと、思わぬトラブルに繋がる事もあるので気をつけましょう。しっかりとコツを把握して注意点を学んでおけば心配なく半身浴を楽しむ事が出来ます。効果を上げるだけでなく安心して半身浴をする為にも知っておきたい注意点をまとめました。半身浴をする時の参考にしてみてください。

食後すぐに入るのはNG

半身浴をする時、食後すぐに入るのはNGです。食事をした後は胃腸に血流が集まっている状態。この状態になる事で効率的に消化を行います。しかし、食事直後に半身浴を行うと胃腸に集まるはずの血流が全身に流れてしまうので、消化が効率的に行われなくなってしまいます。消化不良を起こしたり、内臓に負担をかける結果になってしまうので注意しましょう。食事をしてから少なくとも30分〜1時間空けて、消化をしっかり行なった状態で半身浴をするようにしてください。

アルコール直後はNG

半身浴をする場合は、直前にアルコールを飲むのもやめておきましょう。アルコールを飲んだ状態で半身浴をするとアルコールが全身に回りやすくなってしまいます。アルコー濃度が上昇する事で酔いやすくなったり、体調不良に繋がる事があるので注意が必要。また、アルコールによって体内の水分が排出されやすくなるので脱水症状に陥る事もあります。半身浴をする時はアルコールを飲んでない状態で行なってください。

30分以上入るときは5分休憩をとる

半身浴は20〜30分程度行うのが基本ですが、30分以上行いたい時は5分休憩するようにしてください。休憩時間を設けないと体に負担がかかり、のぼせや立ちくらみの原因になります。体を休めてから再び半身浴をするようにして、あまり長時間は行わないようにしましょう。

半身浴ダイエットのコツ

半身浴ダイエットの効果を高めるコツは他にもあります。効率的なダイエットに繋げる為に、半身浴のコツをチェックしていきましょう。

運動して20分後に半身浴する

半身浴は運動してから20分後に行うのがおすすめ。運動直後の20分は脂肪が燃焼しやすい状態になっており、この時に半身浴を行うと燃焼効果が下がってしまうと言われています。脂肪燃焼が落ち着いてきた20分後に半身浴をする事で代謝を上げ、ダイエット効果を継続させるようにしていきましょう。

ダイエット効果を期待出来る入浴剤を使う

代謝を促進するような入浴剤を使うのも半身浴のコツ。体を温める効果のある生姜などを含んだ入浴剤を活用してみてはいかがですか。

半身浴ダイエットでキレイになろう!

半身浴は老廃物をデトックスし、代謝を上げやすくなるおすすめの方法。ダイエット以外の効果も期待できるのが魅力です。やり方のコツをチェックし、注意点も学んだ上で半身浴ダイエットをしてみてはいかがですか?

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター