サムネイル

結婚式にロングドレスはあり?気になるマナーやおすすめコーデを紹介!

結婚式に着て行く服装と言えば、膝下丈のワンピースドレスを選ぶ人が多いのではないでしょうか。しかし結婚式の正装としてはロングドレスが相応しいのです。ただ、ロングドレスを着こなすとなると少々難しさも感じられるもの。ここではロングドレスを結婚式に着て行く場合のマナーや上手な着こなし方をご紹介します。昼編と夜編に分けてご紹介!

結婚式でロングドレスを着る時のマナー

結婚式にお呼ばれした場合、着て行く服装を悩んでしまった経験が誰しも一度はあるのではないでしょうか。和装・洋装とありますが、やはり洋装で参列する人が圧倒的に多く、ドレスワンピースのような物を着てくる人が多いでしょう。そんなドレスワンピースは丈も様々でロングドレスタイプもありますが、ロングドレスはそもそも結婚式に相応しい服装なのでしょうか。マナーなどを見て行くことにしましょう。

結婚式・披露宴にロングドレスを着てもOK

結婚式や披露宴に着ている洋服と言えば、膝丈くらいのドレスワンピースというイメージが強いかもしれません。しかし実は丈が短めでなくても、ロングドレスタイプの物も結婚式や披露宴に着て行って問題はないのです。実は昼間に行われる結婚式や披露宴の正装はアフタヌーンドレスなのですが、その丈はくるぶしまでかそれ以上の長さのロングドレスのことを指しているのです。ロングドレスとなると、結婚式や披露宴の主役である花嫁が着るドレスの雰囲気や丈が被ってしまうのでNGだと思っている人もいるようですが、上で述べたようにロングドレスは正装なので、むしろ着て行くべき服装とも言えるのです。

結婚式のロングドレス・ワンピースのマナー

では次に、結婚式で着て行くロングドレスやワンピースドレスに関するマナーについても押さえておきましょう。結婚式や披露宴はおめでたい場ですから、特にマナーに関しては気を配った方が良いです。万が一マナー違反の服装をしてしまった場合、招待してくれた新郎新婦の顔に泥を塗ってしまう可能性もありますから、十分気を付けましょう。

マナー①使い分け

まず結婚式・披露宴に着て行くドレスの使い分けもマナーの1つになります。先ほど、昼間の結婚式や披露宴にはアフタヌーンドレスが正装と書きましたが、夜間の結婚式や披露宴はイブニングドレスやセミイブニングドレスが正装となります。アフタヌーンドレスもイブニングドレスも両方ロングドレスなのですが、アフタヌーンドレスの基本は袖丈が七分丈以上で、さらに首元や背中の露出が少ない物を指しています。そしてイブニングドレスはアフタヌーンドレスとは違って、少し露出が多めになります。胸元や背中の露出がアフタヌーンドレスよりは多めで、袖なしのタイプです。イブニングドレスの場合は露出が多めなので、結婚式や披露宴に相応しくないと思う人も多いかもしれませんが、正装になります。着ている人が多い膝丈くらいのドレスであるカクテルドレスは準礼装に当たり、マナー違反ではありません。

マナー②色

次に、ロングドレスやワンピースドレスの色味についてです。結婚式・披露宴で着るドレスのマナーについては、ドレスの丈に関わらず全て共通しています。ドレスでOKな色となるとかなり種類が多いので、NGの色味を押さえておくと良いでしょう。まずNGの色味1つ目は白です。白は、結婚式・披露宴においては花嫁のための色です。ですから、白の服装にしてしまうと花嫁と被ってしまい、花嫁を引き立てることが出来ません。

また、黒のドレスは結婚式や披露宴に着て行く人も多い色味ではあるのですが、あまりに落ち着いた色味なので、華やかでおめでたい結婚式や披露宴では地味な印象になりがちです。特に、ロングドレスの場合は全身黒という印象になってしまうので、特に暗い印象を与えてしまう可能性があるでしょう。万が一黒のロングドレスなどを着る場合には、アクセサリーや小物、羽織物に工夫する必要があります。

白と黒のドレスを避ければ安心と思うかもしれませんが、結婚式の披露宴では花嫁さんがお色直しをすることもあるでしょう。その際カラードレスを着る花嫁さんもいますから、その色と自分が着て行ったドレスが被ってしまうという可能性もあります。ただし、避けようもない場合もありますからマナー違反までにはなりませんが、気になる場合は事前に花嫁さんに確認しておくのが良いでしょう。

マナー③丈

次にロングドレスの丈に関するマナーです。アフタヌーンドレスもイブニングドレスも両方ロングドレスではあるのですが、実はアフタヌーンドレスは丈の幅が広く、膝下からくるぶしまでの間の丈であればOKだということです。逆にイブニングドレスの場合はくるぶし丈から足の甲まである丈という決まりがあるので、昼間の結婚式の際、かなり長めの丈の場合はイブニングドレスとみなされてしまうので気を付けましょう。またイブニングドレスの場合、床に付くくらいの長さは長すぎてしまうので、くるぶし辺りまでの丈にしておくのが無難です。

また、セミイブニングドレスと言われるものは少しフォーマル度は下がりますが、礼装の1つです。肩などの露出具合はイブニングドレスと同じなのですが、唯一違うのがドレスの丈感です。セミイブニングドレスの丈は特に決まりがなく自由なので、ロング丈が苦手という場合はセミイブニングドレスを選んで膝下丈くらいのドレスを選ぶのも良いかもしれません。結婚式の時間帯によって丈の違う物を選びましょう。

マナー④柄

次に結婚式・披露宴に着るドレスの柄に関するマナーです。柄物のドレスと言っても色々ありますが、中でも結婚式や披露宴にNGだと言われているのはプリント柄です。ドレス自体に柄がプリントされている物は、フォーマルとは言えません。特にドット柄などはカジュアル感が強く出てしまいます。また、アニマル柄も結婚式や披露宴ではNGです。アニマル柄は殺生を連想してしまうため相応しくないのです。
結婚式や披露宴で柄物のドレスを着る場合は、花柄などがおすすめです。ただし何色も使われているような花柄ではなく、ドレスのメインカラーと同系色でまとめられたような花柄を選ぶと、結婚式などのシチュエーションに相応しい上品な雰囲気を作ることが出来ます。また、刺繍やレースなどで花柄のデザインが入っているドレスも華やかさがあって、結婚式や披露宴でおすすめです。

マナー⑤レース

レースは結婚式や披露宴にぴったりで、とても上品な雰囲気になります。しかし、レースが付いているロングドレスにもマナーがあるので気を付けましょう。結婚式に避けた方が良いロングドレスは、総レースのデザインの物です。総レースは確かに華やかなので結婚式に相応しいと思いがちですが、花嫁さんも総レースのウエディングドレスを着る場合があるので、念のため避けた方が望ましいです。花嫁さんと被らないためには、ロングドレスに部分的にレースの装飾が入っている物にするのがおすすめです。部分的に入っているのであれば、花嫁さんと完全にドレスが被ることもありませんし、程よい華やかさと上品さを出すことが出来ます。

結婚式におすすめのロングドレス【昼編】

それではここからは、具体的に結婚式・披露宴におすすめのロングドレスを見て行くことにしましょう。まずは昼間の結婚式・披露宴に着て行くとおしゃれなロングドレスからです。

ADAM ET ROPE'/チュールパネルレースドレス

昼間の結婚式におすすめのロングドレス1着目は、ADAM ET ROPE'のチュールパネルレースドレスです。こちらはレースの装飾が入っているドレスなのですが、そこまでレースの感じがうるさすぎないのでとても上品です。裾部分の透け感と、胸元から肩に掛けての透け素材がポイントで、ドレッシーな雰囲気も感じられます。袖が長いので昼間の結婚式にぴったりですが、レースで透け感があると重い感じはしません。

LAGUNAMOON/LADYオーバーレースワイドパンツドレス

昼間の結婚式におすすめのロングドレス2着目は、LAGUNAMOONのLADYオーバーレースワイドパンツドレスを使った着こなしです。こちらは一見ロングドレスに見えるのですが、実は下はワイドパンツになっています。淡いブルーがとても上品で、また上半身部分がレースになっているのもまた華やかです。ウエストラインが高めなので、脚長効果も期待出来、ロングタイプのドレスをスタイル良く着られます。

MARLENE JOBERT/スタイルアップレースヘム裾ロングワンピース

昼間の結婚式におすすめの着こなし3着目は、MARLENE JOBERTのスタイルアップレースヘム裾ロングワンピースを使った着こなしです。こちらのロングドレスは、足首より少し上の長さで、程よい長さになっています。深いグリーンの色味なのですが、レースの装飾によって透け感があるのでそこまで重い印象にはなりません。深い色をロングドレスに持ってきた場合は、明るめの色の小物でバランスを取りましょう。

one after another NICE CLAUP/セミオケージョンレースワンピース

昼間の結婚式のおすすめ着こなし4着目は、one after another NICE CLAUPのセミオケージョンレースワンピースを使った着こなしです。淡いピンク色のドレスが女性らしさを出していて、とても可愛いです。足首より少し上くらいの長さなのですが、レース部分の装飾が長いだけなので、ロングドレスに少し抵抗があるという人でも着やすいデザインのロングドレスではないでしょうか。

kana /レース切替ワイドパンツドレス

昼間の結婚式におすすめの着こなし5着目は、kana のレース切替ワイドパンツドレスを使った着こなしです。こちらもロングドレスと見せかけてワイドパンツなのがポイントです。フレアなシルエットなので、パンツっぽさはあまり感じられないので、女性らしく上品な雰囲気はしっかりと出すことが出来ています。また、袖部分だけにレースの装飾がされており、シックな中にフェミニンさを感じられるおしゃれコーデです。

ships little blac/レースフレアワンピース

昼間の結婚式におすすめの着こなし6着目は、ships little blacのレースフレアワンピースを使った着こなしです。こちらは全体的に柄の入った個性的なデザインのロングドレスなので、人とは違った格好がしたいというこだわりおしゃれさんには特におすすめです。ドレスの生地は薄く、シルエットもフレアタイプなので、動くたびにヒラヒラとなるのもまた女性らしさをさらに強調してくれるでしょう。

LAGUNAMOON/LADYクロスベアパンツドレス

昼間の結婚式におすすめの着こなし7着目は、LAGUNAMOONのLADYクロスベアパンツドレスを使った着こなしです。こちらのドレスの特徴は、ベアトップ風になっていることです。ベアトップはパーティードレスにはよくあるデザインですが、昼間の結婚式に着て行くには露出度が高めなので、昼間はこちらのようにトップスにアイテムを着て重ね着し、夜の結婚式はベアトップドレスのみで出席すると良いでしょう。

RANDA /Vネック袖レースロンパース

昼間の結婚式におすすめの着こなし8着目は、RANDAのVネック袖レースロンパースを使った着こなしです。こちらもロングドレス風ですがワイドパンツになっていて、スカートが苦手な人でも上品な着こなしが出来るのでおすすめです。胸元はVネックになっていてデコルテを見せることが出来るので、より女性らしさが出せるでしょう。黒のドレスですが、袖部分が透けていて装飾が入っているので重い感じはしません。

結婚式におすすめのロングドレス【夜編】

次に夜に行われる結婚式・披露宴に出席する時におすすめの着こなしについて見て行きましょう。夜の結婚式の場合は、昼間に着る物よりも少し華やかさを増したデザインのロングドレスがおすすめです。

URBAN RESEARCH COUTURE MAISON/ウエストキリカエロングドレス

夜の結婚式におすすめの着こなし1着目は、URBAN RESEARCH COUTURE MAISONのウエストキリカエロングドレスを使った着こなしです。こちらはふくらはぎあたりの丈感のロングドレスで、前と後ろで丈の長さが違っているところがまたおしゃれです。また、袖は半そでにスリットが入ったデザインで、大胆な露出が苦手という方には特におすすめのデザインのロングドレスです。

Jines/フロールストレッチデシン プリーツロングスカート

夜の結婚式におすすめの着こなし2つ目は、Jinesのフロールストレッチデシン プリーツロングスカートを使った着こなしです。こちらは淡いピンク色が女性らしいデザインで、スカート部分がプリーツになっている点も、パーティー用のドレスとしては珍しいデザインでしょう。ひだが細かいので、動くたびにスカートがふわりと揺れるので、それもまた女性らしい魅力を感じさせてくれるポイントです。

GIRL/総レースノースリーブイレヘムロング結婚式ワンピース

夜の結婚式におすすめの着こなし3つ目は、GIRLの総レースノースリーブイレヘムロング結婚式ワンピースを使った着こなしです。こちらのロングドレスはシルエットがとても綺麗でスタイル良く見せてくれます。丈はロング丈ではありますが、アシメントリーになっているあたりが今時のデザインという感じがします。総レースのデザインではありますが、レース柄が細かいのでとても上品に見えます。

LAGUNAMOON/LADYアシンメトリーマキシドレス

夜の結婚式におすすめの着こなし4つ目は、LAGUNAMOONのLADYアシンメトリーマキシドレスを使った着こなしです。こちらは胸元部分の切り返しが特徴的なロングドレスで、黒というシンプルな色のドレスの場合は、こちらのようなちょっと変わったデザインの物を選ぶと良いでしょう。夜の結婚式は、腕を大胆に出すノースリーブタイプのロングドレスを着るのが良いでしょう。

FRAY I.D/レースロングワンピース

夜の結婚式におすすめの着こなし5つ目は、FRAY I.Dのレースロングワンピースを使った着こなしです。こちらも黒のドレスなのですが、レースの装飾が入っているのでそこまで地味な印象はありません。夜の結婚式らしくノースリーブで、さらに胸元や肩の部分がレースで透けているのもイブニングドレス感が出ていておしゃれです。これくらいの透け感や露出であれば、露出するのに抵抗がある人でも挑戦しやすいです。

BLISS POINT/JZギャザーマキシワンピース

夜の結婚式におすすめの着こなし6つ目は、BLISS POINTのJZギャザーマキシワンピースを使った着こなしです。こちらはフレアな生地感が特徴的なロングドレスで、上品さと華やかさと両方を感じさせてくれるので、まさに夜の結婚式向けのデザインと言えるでしょう。袖口もフレアで、5分袖ではありますが、スリットが入って適度に露出もしているので、夜の結婚式に着て行っても全く違和感は感じません。

laboratory work/ビスチェ風パンツドレス

夜の結婚式におすすめの着こなし7つ目は、laboratory workのビスチェ風パンツドレスを使った着こなしです。こちらもワイドパンツなのですが、胸元のビスチェ風のデザインがとても上品なので、とてもパンツスタイルには見えません。胸から肩に掛けて透け感のある生地を使っているので、黒のドレスでもそこまで重さを感じさせずに着こなすことが出来ます。

結婚式でロングドレスを着こなそう♡

ロングドレスは結婚式には相応しくないと思っている人もいるようですが、実は結婚式に相応しい正装です。ロングドレスは大人っぽくエレガントの雰囲気に仕上がりますから、マナーを守っておしゃれに着こなしましょう!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター