サムネイル

ハーフメイクで憧れフェイスに!ハーフ顔になれるメイク術をお教えします♡

ハーフの女性は顔立ちがはっきりとしていてお人形さんのようで可愛らしいですよね。そんなハーフ顔にはメイク次第でなることが出来ます!今回こちらではハーフメイクのやり方についてご紹介していきます。ハーフメイクのポイントは眉毛、アイメイク、ノーズメイクです。それぞれコツを押さえてメイクを楽しみませんか?♡

立体感を出すメイクでハーフ顔になろう

透明感のある肌、彫りが深くて印象的な目元、スッキリとした鼻とハーフの女性は魅力的な顔立ちをしています。ハーフの方には、日本人とは少し違うお人形さんのような華やかさがあります。ファッションアイコンとなるモデルもハーフの方が多いので、ハーフに憧れてハーフメイクをする女性も多いです。こちらでは、ハーフメイクの魅力についてチェックしていきましょう。

ハーフメイクの魅力は?

ハーフメイクの魅力は、顔立ちがはっきりとして華やかな印象に仕上げることが出来ることです。ハーフの女性は目鼻立ちがはっきりとしていて彫りが深いです。日本人の血が混じっていることで、外国人の方よりもマイルドな顔立ちで、日本人が受け入れやすく可愛いと感じる顔なので人気です。

派手になりすぎず、ナチュラルな可愛さを手に入れることが出来るハーフメイクのやり方をマスターしましょう。それでは早速、眉メイク、アイメイク、ノーズメイクの順にご紹介していきます。

ハーフメイクのやり方【眉毛】

眉毛は顔の印象を決める大事なパーツです。濃く長く眉毛を描くとキリッとしたクールな印象、ふんわりとぼかして薄く太く眉毛を描くと優しい印象になります。ハーフメイクの眉毛のポイントは目と眉毛の間隔が狭まるように描くことです。目と眉毛の距離が近いと彫りが深くハーフっぽい雰囲気に仕上がるはず。こちらでは、眉毛が濃い人と眉毛が薄い人とに分けてハーフメイク風の眉毛の描き方をご紹介していきます。

眉が濃い人はナチュラルに整える

眉毛が濃い人がハーフメイクをする際は、元の眉毛を活かしてキリッとした長めの眉毛に仕上げましょう。

まず、眉毛を整えていきます。ハーフメイクにぴったりの眉毛に仕上げるためには、眉の下の部分は抜いたり剃ったりしないようにしましょう。なぜなら、ハーフメイクの眉毛は目と眉の間隔が狭い眉毛が特徴だからです。眉のラインから大きくはみ出している眉毛以外処理しないようにしましょう。

眉毛をお手入れする時は、眉のラインから大きくはみ出している眉毛をピンセットで抜いたり、カミソリで剃っていきます。次に、コームで眉毛を斜め上に梳かして、はみ出した眉毛を眉バサミでカットします。一気にカットすると失敗しやすいので、バランスを見ながら少しずつカットしましょう。最後にコームで眉毛を整えれば、眉毛のお手入れは完了です。

ハーフメイクにぴったりの眉メイクのやり方は、眉毛の下に眉を書き足していくことがポイントです。ペンシルで眉毛の下に眉を書き足していきましょう。眉頭から眉山までは少し太く、眉尻は長めに少しシャープになるように描きます。

眉が濃い方は、最後に眉マスカラを使いましょう。眉の流れとは反対になるように眉マスカラを付けて、仕上げに眉の流れに沿って眉マスカラを付けるとムラなく塗ることが出来ます。色味は髪色よりも少し明るい色を意識すると統一感が生まれてナチュラルな仕上がりです。

ハーフメイクにおすすめの眉マスカラは、ヘビーローテーション「カラーリングアイブロウ」です。内容量は8gで価格は800円とプチプラですが、色味の展開が豊富なので自分にぴったりの色の眉マスカラが見つかるはずです。発色が良く、自眉の色をしっかりとカバーします。ブラシがコンパクトなので地肌に付きづらく、眉にしっかりとムラなく付くのでおすすめです。汗、水、皮脂、こすれに強いのでキープ力も高いです。

眉が薄い人はしっかり描く

眉毛が薄い方がハーフメイク風の眉毛に仕上げる時は、しっかりと眉を描くことがポイントです。いつも描く眉のラインよりも2~3mm下に眉を描き足して、眉と目の間隔を狭めます。アイブロウペンシルで眉のラインを描き足して、最後にアイブロウパウダーで眉を埋めていきます。キリッとした印象に仕上げたい時はしっかりと眉を描くことが大切なので、眉毛の薄い方は眉の色味もいつもより濃い目にしましょう。

また、眉毛の薄い方は、その薄さを活かして色素の薄いハーフメイクを目指すのもおすすめです。眉尻など眉のラインはあえてはっきりと描かずにぼかして仕上げると、ふんわりとした印象のハーフメイクにぴったりの眉毛に仕上がります。
色素の薄いハーフメイクにぴったりの眉毛メイクのやり方は、アイブロウペンシルは使わずに、アイブロウパウダーだけで眉を仕上げます。メイクブラシにアイブロウパウダーを取り、眉にサッとのせていきましょう。眉毛の少なさが気になる場合は、リキッドアイブロウで眉を1本1本ナチュラルに描き足すといいでしょう。

薄い眉毛の方は、キリッとした眉毛のハーフメイク、ふんわり眉毛で色素の薄いハーフメイクどちらも描くことが出来るので、自分の理想のハーフメイクに合わせて眉毛の描き方を工夫してみましょう。

ハーフメイクにおすすめのアイブロウパウダーは、セザンヌ「ノーズ&アイブロウパウダー」です。内容量3gで価格は580円とプチプラですが、アイブロウとノーズシャドウと両方に使うことが出来る優秀なアイテムとなっています。色味はキャメル、ナチュラル、オリーブの3色展開で、それぞれ3色のパウダーがセットされているのでハーフメイクにぴったりの立体感のある眉を描きやすく、キープ力も高いのでおすすめです。

ハーフメイクのやり方【アイメイク】

アイメイクは目元を大きく華やかにすると共に、メイクの雰囲気を決めるパーツでもあります。ハーフメイクでは目元は大きく、堀を深く見せることがポイントなので、アイシャドウで陰影を付けたアイメイクにするようにしましょう。また、アイラインの描き方やつけまつ毛などを取り入れたアイメイクにすることもポイントです。こちらでは、ハーフメイクにぴったりのアイメイクのやり方についてご紹介していきます。

アイシャドウはブラウンで堀深な目元に

ハーフメイクにぴったりのアイメイクにするためには、目元を立体的に仕上げることがポイントです。アイシャドウはブラウン系のパレットを選ぶと肌馴染みが良く、陰影を付けやすいので立体感のある目元を作りやすいです。3色以上のパウダーの入ったブラウン系のアイシャドウでアイメイクを仕上げるのがおすすめです。パール入りのパウダーを選べば、光を味方に付けて立体感のある目元に仕上がります。

ハーフメイクにぴったりのアイメイクのやり方は、まず一番淡い色のブラウンのアイシャドウをアイホール全体にのせます。次に中間色をまぶたのラインまでのせ、最後に引き締めカラーのアイシャドウをまつ毛のラインにのせていきましょう。グラデーションアイシャドウにすることで、目元に立体感が生まれてハーフメイクにぴったりのアイメイクに仕上がります。

色っぽさを出したい時は、縦割りのグラデーションアイシャドウでアイメイクするのもおすすめです。グラデーションアイシャドウのやり方は、アイホール全体に淡い色をのせ、中間色を目尻からまぶたの中央に向けてぼかしながらのせます。引き締めからは目尻にそってのせていきましょう。
目元をより大きく見せたい時は涙袋メイクもおすすめです。まず、ピンクやベージュなどの淡い色と薄いブラウンのアイシャドウを用意しましょうしょう。涙袋メイクのやり方は、淡い色を涙袋にのせていきます。次に、薄いブラウンのアイシャドウを涙袋の下に陰を付けるように細くのせていきます。最後にパウダーをぼかしたら完成です。

ハーフメイクのアイメイクにおすすめのアイシャドウは、ルナソル「スキンモデリングアイズ」です。内容量は6.7gで価格は5000円で、01Beige Beige、02Beige Orangeの2色展開のアイシャドウパレットとなっています。どちらもブラウン系のアイシャドウで肌馴染みが良く、グラデーションを作る時にもおすすめのアイシャドウとなっています。陰影を付けて立体感のある目元を作るのでハーフメイクにぴったりです。

ふさふさまつ毛で目力UP

アイメイクの中でも目元を華やかにしてくれるのがまつ毛です。まつ毛がふさふさでくるんとカールしているだけで、目元が大きく見えます。ハーフメイクをする時はまつ毛を意識したアイメイクをしましょう。まずは、ビューラーを使ってまつ毛にカールを付けます。ナチュラルにくるんとしたまつ毛にするためには、ビューラーを3回に分けて使うのがおすすめです。
ビューラーのやり方は、まずまつ毛の根元をビューラーの全力の半分くらいの力で挟みます。次にまつ毛の中間を根元の時の半分の力で挟み、最後にまつ毛の先を更に優しい力で挟みます。全力でまつ毛を挟むと折れたような跡が付いたり、まつ毛が切れる原因になるので注意しましょう。

まつ毛のカールが付いたら、マスカラ下地を塗ります。マスカラ下地を使うことでカール力やキープ力がアップし、ふさふさなまつ毛に見せることが出来ます。次にマスカラを塗っていきます。マスカラのやり方は、根元にマスカラブラシを当てて3秒程キープしてから、毛先に向けてブラシを滑らせていきましょう。重ね塗りしすぎるとまつ毛が重たい印象になって、ハーフメイクから遠ざかってしまうので注意しましょう。

次に、下まつ毛にマスカラを塗っていきます。ブラシを立てて塗っていくと失敗しにくいです。まつ毛の量が少なかったり、短いまつ毛の場合はつけまつ毛を使うのもおすすめです。ただし、派手すぎるつけまつ毛は、ハーフというよりもギャルっぽくなってしまうので、ナチュラルに目元に華やかさを出すつけまつ毛を選びましょう。目尻だけつけまつ毛をプラスするのもおすすめです。

ハーフメイクのアイメイクにおすすめのマスカラは、デジャヴュ「ファイバーウィッグウルトラロングF」です。内容量7.4gで価格は1500円とプチプラですが、塗るつけまつ毛のキャッチコピー通りの優秀なアイテムとなっています。まつ毛にひと塗りするだけでボリュームと長さがアップします。お湯でするんと落ちるので目元にも優しくおすすめです。ナチュラルなハーフメイクにおすすめの色はナチュラルブラウンです。

アイラインは目の形に合わせて

アイメイクの中でもアイラインは目元の印象を変えるメイクです。目尻をはね上げて描くと小悪魔風、目尻を下げて描くと優しげな印象に仕上げることが出来ます。また、アイラインありとなしのアイメイクでは印象が全く違い、アイラインを引くことで目元がはっきりとして印象的に仕上がります。
ハーフメイクにぴったりのアイラインのやり方は、目の形に合わせてナチュラルにアイラインを引くのがおすすめです。太く描いたり、真っ黒なアイラインだとアイメイクばかりが派手に見えて浮いてしまうので、ナチュラルに仕上げましょう。ブラウン系のアイライナーを使うとハーフメイクにぴったりのブラウンのアイシャドウとの統一感が生まれるのでおすすめです。

ハーフメイクのアイメイクにおすすめのアイライナーは、フローフシ「モテライナーリキッド」です。内容量は0.55mlで価格は1500円とプチプラですが、美ラインを描くことが出来るリキッドアイライナーとなっています。ハーフメイクのアイメイクにおすすめの色はブラウンブラック、ブラウンです。皮脂や水分にも強く、キープ力も高いです。お湯でするんとオフ出来るので、目元への負担もありません。

ハーフメイクのやり方【ノーズメイク】

ノーズメイクは顔に立体感を出すことが出来るメイクです。ハイライトとローライトで顔に陰影を付けると、堀の深さを出してハーフ顔に近づきます。ノーズメイクはやりすぎると派手に見えたり、浮いてしまうのでナチュラルにメイクをすることがポイントです。こちらでは、ハーフメイクにぴったりのノーズメイクのやり方についてご紹介していきます。ノーズメイクのコツを押さえて、ナチュラルなハーフメイクに仕上げましょう。

鼻筋にハイライトを乗せる

ハーフメイクのポイントは鼻筋をスっと通ったように見せることです。ハイライトを上手に使ってハーフ顔に近づきましょう。ハーフメイクにぴったりのハイライトのやり方は、メイクブラシを使って鼻筋にハイライトをのせていく方法です。この時、ハイライトは少量取るようにして、ナチュラルに入れていくことがポイントです。鼻筋以外には、目の下、頬の高い位置、おでこ、唇の山の上などにハイライトを入れましょう。
ハイライトをのせた後は、何もついていないメイクブラシで肌に馴染ませてあげるとナチュラルな仕上がりになります。クリームタイプのハイライトもおすすめ。クリームタイプのハイライトは肌に密着してツヤ感を出しやすいです。ハイライトの色味は白よりもピンクやベージュがかった色味を選ぶと、肌馴染みが良く浮かないのでおすすめです。

ハーフメイクにおすすめのハイライトは、M・A・C「ミネラライズスキンフィニッシュ」です。内容量は10gで価格は4200円で、アイシャドウやハイライトと自由に使うことが出来るパウダーとなっています。肌馴染みのいいパウダーで華やかに煌めいて、顔に立体感を生むことが出来ます。ハーフメイクにおすすめの色は、ウォームローズやライトスカペードです

鼻の両サイドにローライトを

ハイライトで顔に立体感を作ったら、次はローライトで堀の深さを出してハーフ顔に仕上げましょう。ローライトで陰を作ることでハイライトで作った光も引き立ちます。ハーフメイクにぴったりのローライトのやり方は、薄くナチュラルに入れることがポイントです。ローライトを入れる場所は、目頭と眉間の間にあるくぼみです。ここにローライトを入れることで鼻の付け根が低く見えるので、結果的に鼻筋が通って高く見えます。また、眉から鼻筋に向かってローライトを薄く入れると、目元の彫りが深く見えてハーフ顔に近づきます。やり方は小さめのメイクブラシを使って、眉から鼻筋に向かってスっとメイクブラシを滑らせましょう。

ローライトは濃く入れてしまうと浮いてしまうので、最後に指や何もついていないメイクブラシで馴染ませてナチュラルなハーフメイクに仕上げましょう。ハーフメイクっぽさを出すためには、ハイライトとローライトはナチュラルに仕込むことがポイントです。

ハーフメイクにおすすめのローライトは、NARS「コントゥアーブラッシュ」です。内容量は8.2gで価格は4600円で、ハイライトとローライトがセットになったパレットです。なめらかなテクスチャーで肌馴染みが良く、ナチュラルな仕上がりなのでハーフメイクにもぴったりです。色味は5色展開となっているので、自分の肌の色にぴったりのアイテムが見つかるはずです。

憧れのハーフ顔をGETしましょう♡

いかがでしたか?パーツごとにしっかりと特徴を掴んで今回ご紹介したメイクをマスターできれば、誰でも簡単にハーフ顔へと近付くことができます!ハーフ顔に憧れている方はぜひ参考にしてみてくださいね♡

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター