サムネイル

告白の上手な断り方!相手を傷つけないトラブル知らずの振り方!

相手を傷つけない上手な告白の断り方やおすすめの例文についてまとめました。意中でない人に告白されても友達関係を続けたい時は傷つけない言葉を使った上手な断り方をする事が大切です。「傷つけない告白の断り方はどうすれば良いのだろう?」という場合に役立つ返事の例文や言葉を参考にして、気まずい関係にならないようにしていきませんか?

告白の断り方を例文付きで紹介!

恋愛感情を抱いていない人から告白された場合「どんな断り方をすれば良いのだろう…」と思ってしまう事は良くあります。相手が恋愛感情を持っているのに自分がそれに応えられないのであれば、傷つけないような告白の断り方をする事が大切。上手に言葉を選んで告白の返事をすれば、相手も納得してくれるのではないでしょうか。逆に間違った告白の断り方をするとそれまで築いてきた関係が悪化してしまう場合もあるので注意が必要になります。

今回は、上手な告白の断り方や傷つけない返事の言葉選びについてまとめました。「告白の断り方が分からない!」という場合は、傷つけないような返事の例文を参考にしておくと安心です。自分では何気ない言葉でも告白をした後にとっては酷い断り方になってしまう事もあるので、傷つけないように心がけてみてください。告白された後も良い関係を築けるような断り方で相手に返事をしていきましょう。

告白の断り方は難しい

思いがけないような相手から告白をされた場合、どのように反応すれば良いのか分からなくなってしまう場合が多数。恋愛感情を抱く事が出来ないような相手だと、丁寧な断り方で告白してきた人を傷つけないようにする事が重要になります。しかし、勇気を持って告白をしたのに返事は「NO」であればどのような言葉でも相手を傷つけてしまうのではないかと不安に思う場合は良くあるのではないでしょうか。相手を傷つけてしまうかもしれないという悩みから、なかなか告白の上手な断り方が思い浮かばないという人も多いです。

しかし、告白されてから時間が経てば経つほど相手も告白の答えに期待してしまうので、早めに上手な言葉で断りの返事をする事も大切なポイント。上手な断り方をすれば、告白してきた相手を傷つけないようにする事は可能です。相手の気持ちを尊重しつつ、自分は恋愛感情には応えられないという旨の断り方をしていきましょう。返事の言葉選びを慎重に行えば相手も納得してくれるはず。「どんな断り方をすれば良いのだろう?」と悩んでしまった時は、返事の例文をチェックしておくのがおすすめです。

傷つけない上手な告白の断り方と例文

なかなか上手な告白の断り方が思い浮かばない場合は、例文をチェックしておきましょう。どういった言葉を選べば傷つけない断り方になるのか、返事の例文を把握しておけば安心です。告白を断るという事自体が相手を傷つける事になるので、それ以上のダメージを負わせないように言葉選びをしっかりと行う事が上手な断り方の基本。相手の気持ちを考えつつ、上手に言葉選びが出来れば大きなダメージを相手に与えない告白の断り方になります。傷つけない断り方に最適な例文から最適な言葉を選んでみてください。

断り方①彼氏がいることを伝える

告白されたとしても、現在付き合っている人がいれば断らざる終えません。もし告白してきた相手が恋人がいる事を知らない場合は、その旨を伝える断り方がおすすめです。色々な事情で誰かと付き合っている事をオープンにしたくない場合もあるかもしれませんが、下手に恋人がいる事を隠していると「フリーなのにどうして告白をOKしてくれないのか?」と相手に思わせてしまう可能性があるので気をつけてください。相手に負担をかけない断り方としては、恋人がいるという事をはっきりと伝えるようにする事が重要です。

例文としては、「今、とても大切な恋人がいるから気持ちには応えられない」というように簡潔に伝えるのが良いでしょう。恋人がいる事が分かれば、告白してきた人も「それだったら仕方がない」と諦めてくれるはず。恋人以外の人と付き合う意思がない事や、その人の事がとても大切だという事を伝えておきましょう。そうする断り方にする事で告白してきた相手も次の恋愛に前向きになれるのではないでしょうか。

断り方②元彼を忘れられないことを伝える

現在恋人がいないフリーの状態の時は、告白された時にどのような断り方をすれば良いのか悩みがちです。「恋人がいないのであれば、とりあえず自分と付き合ってみては良いのでは?」と告白してきた相手が迫ってくる可能性もあるので、上手な断り方をする事が大切。そんな時は、元彼を忘れられない事を伝えると良いのではないでしょうか。例文としては「元彼と別れたけどまだ好きで、引きずっている。だから他の人と付き合おうという気持ちにはなれない」といったような断り方にするのがおすすめです。

元彼の事がまだ好きでチャンスがあれば寄りを戻したいと思っている事、元彼以外と付き合う期にはなれないといった事をはっきりと伝えておきましょう。そうする事で元彼の存在がとても大きいのだと告白してきた相手に思わせられ、引き下がってくれるパターンが多いです。

断り方③別に好きな人がいることを伝える

告白してきた相手とは違う人が好きな場合もあります。「他に好きな人がいると伝えると相手を傷つけてしまうかもしれない」と思ってうやむやにしてしまう事があるかもしれませんが、はっきりと伝えておかないと「どうして告白を断られたのか分からない」と相手が感じてしまうかもしれません。好きな人が他にいるという事を伝える断り方にした方が、告白してきた方も諦めがつきやすいのではないでしょうか。

例文としては「他に好きな人がいて、どうしても諦めきれないから◯◯君の気持ちには応えられない。ごめんなさい」といったような断り方にするのがおすすめです。この時、誰が好きな人なのか具体的に伝えるとその人との関係がこじれてしまう事があるので、好きな人に関しては濁しておくようにしましょう。同じコミュニティ内に好きな人がいたとしてもそれは伝えない告白の断り方にが無難かもしれません。

断り方④恋愛する気がないことを伝える

告白をされたとしても、どうしても恋愛モードになれない場合はよくあります。仕事に専念したいから恋愛をする時間がない、前の恋愛で傷ついて恋人を作りたいと思えない、といったように恋愛をする気がないという事をはっきりと伝えるのも告白の断り方としては有効。恋愛以外の事を頑張りたい、恋愛に目を向けるような余裕がない、といったようにすると相手を傷つけないような告白の断り方になります。

例文としては「今は仕事のプロジェクトにかかりっきりで恋人を作る余裕がない。恋愛をするような気持ちにはなれないので、ごめんなさい」といったように仕事を理由にした告白の断り方が良いのではないでしょうか。前の恋愛が原因で恋人を作りたくない場合は「前の恋人との関係がこじれて、しばらく誰かと付き合う事は考えられないからごめんなさい」といったように伝えて告白を断ると相手も納得しやすくなります。

告白の返事は直接じゃなくても良い

告白の断り方の次に悩ましいのが、告白を断る方法です。相手が真剣に告白をしてきたからこそ「面と向かって告白を断った方が良いのかな」と告白を断る方法についても頭を悩ませる事が多いのではないでしょうか。相手を傷つけるような告白の断り方をしたくないのが本音。そうならないように、傷つけない告白を断る方法をチェックしておきましょう。そうしておけば、告白を断る時も安心して相手に気持ちを伝える事が出来るはずです。

LINEやメールでもOK

告白された場合「直接会って断った方が良いのかな」と思ってしまうかもしれませんが、相手との予定を合わせる為に時間がかかってしまうと大変です。告白してきた相手にとっては「早く告白の返事が知りたい!」というのが本心。告白の返事が長引けば長引くほど落ち着かない日々を過ごす事になるので、告白の返事が決まったらなるべく早めに伝える事が大切になります。直接会ったとしても告白を断った後は気まずい空気が流れるだけなので、逆に会わない方が良い場合も。
その為、告白の返事は直接会わずにLINEやメールでもOK。LINEやメールだったとしても、丁寧な言葉を使った断り方であれば告白をしてきた相手も気持ちを分かってくれるはずです。告白をしてから返事をするまでは長くて1週間までが良いとされているので、なるべく期間を空けずに返事をしましょう。告白を考える時間を考慮して2〜3日内に返事をするようにすると相手への礼儀にもなるのではないでしょうか。

電話のほうが文字より伝わりやすい

「言葉だけだとちゃんと傷つけないように告白を断れるか心配」という場合もあるかもしれません。そんな時は、電話を使う断り方もおすすめです。電話で丁寧に説明をすれば、告白をしてきた相手も諦めがつきやすくなるかもしれません。ただし、電話の場合は顔が見えないので言い方には気をつけましょう。言葉一つで告白してきた相手に勘違いをさせてしまう事があるので、傷つけないようにはっきりと告白を断る事が大切になります。

やってはいけない告白の断り方

上手な告白の断り方がある一方で、やってはいけない告白の断り方もあります。自分ではそういうつもりはなかったとしても、相手をかなり傷つけてしまう告白の断り方になってしまうパターンもあるので気をつけてください。勇気を持って告白をしてきた人を傷つけないように、NGパターンもチェックしておきましょう。そうすれば相手を傷つける事なく告白を断る事が出来るようになるはずです。

感情的な言葉で相手を傷つける

告白の断り方でやってはいけないのが感情的な言葉で返事をするという事。「生理的に無理」「嫌い」といったように感情に任せた言葉で告白を断ると、相手はとても傷ついてしまいます。例え相手に恋愛感情を持つ事は絶対にあり得ないと思っていたとしても、こうした感情的な言葉で告白を断るのはやめましょう。好きな人からそういった言葉をかけられるほど傷つく事はありません。自分がされたらどれくらい傷つくかという事も想像して、告白を断る時の言葉の選び方は慎重にしてください。

期待させるような言葉をかける

「どうしようかな?」「ちょっと考えてみる」といったように相手に期待を持たせるような言葉にも要注意。告白してきた人に対して少しでも気持ちがあるのであれば考える時間は必要ですが、全く恋愛感情がない場合はそういった期待は持たせないようにしましょう。考える期間を設けた場合もなるべく早めに告白の返事をする事が大切。期待を持たせて長く待たせた上に告白を断ると、相手に逆ギレされてしまう場合があります。誠意を持った告白の断り方にする事が重要ではないでしょうか。

告白を断っても今の関係を続けたい場合

告白してきた相手が大切な友達だったり、仕事上で重要なパートナーとなっている場合は、告白を断った後も良い関係を続けていきたいのが本音。告白を断ったとしても今まで通りの関係を続けたい場合に取り入れておきたいポイントをチェックしておきましょう。

はっきりと断った後のフォローが大事

まず、大切になるのは曖昧にせずに告白をはっきりと断る事。その上で、相手との関係を再構築出来るようにフォローしておく事が告白後も良い関係を続けられるコツになります。告白を断った後はお互いに気まずくなるかもしれませんが、自然に話しかけるなどしてフォローしていきましょう。無理に避けたり、ギクシャクすると関係が悪化してしまいます。フォローの仕方で関係が左右される事を意識してください。

そもそも相手に告白させない

そもそも相手に告白されないようにする事も大切。あくまで友達としての関係である事、仕事上の関係である事、といったように恋愛感情を抱いていない事を普段から伝えておきましょう。そうする事で「告白しても無駄だな」と相手に諦めさせやすくなります。告白されて2人の関係が崩れてしまうのが嫌な時はこのようにして告白する隙を与えないようにしてください。ロマンチックなシーンが多くなると「いけるかも」と相手が期待して告白されてしまうので注意が必要です。

自分の気持ちをハッキリ伝えることが大事

上手な告白の断り方のポイントとなるのがはっきりと伝える事。曖昧な告白の断り方は「結局、どっちなの?」と相手を混乱させてしまいます。その気がないのに相手の気持ちを弄ぶような事をすると傷つけてしまう結果になるので、恋愛感情がない時は早めにはっきりと断ることが大切。その後もフォローも行って良い関係が続くようにしていきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター