サムネイル

アラサーだけど新卒男子が気になる…狙うのはアリorナシ?

同じ職場で一緒に仕事をしていくうちにいつの間にか気になってしまっていた新卒男子くんの存在…しかしながらアラサー女子が恋愛対象にしても良いのだろうか?今回はそんなアラサー女子の皆さんへ、新卒や年下男子の恋愛発展のさせ方や、心構えなどをご紹介していきます!果たして狙うのアリなのかナシなのか…?

新卒男子が気になる…

一緒に仕事をしてくうちに、いつの間にか新卒くんのことが気になっていた…
でも新卒男子を恋愛対象にしていいの?と自問自答している方もいらっしゃるはず。
先輩後輩の関係からどのように恋愛に発展させれば良いのでしょうか?

今回はそんな新卒や年下男子が気になるアラサー女子の皆さんへ、
どのような距離の縮め方で恋愛に発展させたら良いのかご紹介ていきます!

狙うのはアリか?ナシか?

まず、新卒男子を恋愛対象にするのはアリか?ナシか?

もし気持ちにブレーキをかけているのならば、それは周りの目でしょうか?それとも相手に対しての不安でしょうか?
「自分みたいな年上なんて相手にされない」と思っていたり、理由はそれぞれ思う事があるのかもしれません。

ですが恋愛に答えなんてありません!
アリorナシで言ったら、もちろん「アリ」です。

気になったり好きになることに対して、何も引け目を感じることはありません。
たとえ年下の新卒男子だとしてもです。

でもアリか?ナシか?と自分に問いただすということは、
なにか気持ち的に引っかかることがあるからだと思います。
まずはその「引っかかり」が何なのか、原因を見つけることによって次に進めるのかもしれませんね。

年下男子はアラサー女子をどう思う?

年下男子からしてみれば、特に年齢は気にしていない方も多いようです。
年齢だけで見てしまうと年の差が気になってしまいますが、実際に話したり普段の職場での日常を共に過ごしていると、意外と年齢差って気にならなくなりますよね。


年下男子からしてみるとアラサー女子の印象は、
・包容力がありそう
・落ち着いた雰囲気
・大人の色気がある
・話をしっかりと聞いてくれそう
・安心感がある など

「大人の女性」といった印象が強いのでしょうね。

恋愛に発展させるには

男性といえど新卒の年下男子、どのように恋愛に発展させたら良いのでしょうか。

まずは日常の何気ない会話というのも、実はすごく大事です。
そして、相手が自分を意識してくれること。
相手のこと・自分のことを知ってもらうための第一段階のキッカケとなります。
相手のことを聞く時は、質問は多めに・かといってしつこくなってはいけません。
「自分に興味があるのかな?」と思わせる程度で良いのです。
逆に相手から質問をいくつかされた時には、相手も自分に興味を持ち始めたということですからね。

2人きりでご飯に行く・飲みに行くのもお互いを知る良い機会ですね。
最初は何回かこちらから誘ってみて、相手から誘われれば発展の可能性もあります!

また、何気なくさりげない「ボディタッチ」も効果ありです。
不意にボディタッチされると親近感が湧いたりドキっとするので、相手も意識をしてくれることでしょう。
話している時のリアクションだったり、何か一言声をかける時など、
何気ないところでのボディタッチがオススメです。

焦りは禁物!

特にしつこく連絡してみたり、断られても誘ったり、相手が「重いなぁ」と感じるやり方は控えた方が良いでしょう。
これは女性も同じですよね。
相手からそんな風に連絡がくると嫌気が差してきてしまい、嫌われる可能性も。

もし返答が来なかったり、誘いを断られても焦りは禁物です。
ここは大人の女性の余裕で、少し間をあけてみましょう。
押してもダメなら引いてみる!
相手にも何かしらの事情があるのかもしれませんし、その理由を聞ければ尚親密な関係になれるかもしれませんからね。

相手の気持ちに寄り添うことで警戒心も解け、「自分をちゃんと理解してくれる人なんだな」と更に評価があがります。
アラサーだからこそ、気持ちに余裕を持って接していきたいですね。

距離感の大切さ

まずは「近すぎず・遠すぎず」そんな距離感が理想的です。
新卒男子だからこそ、頼りがいがあって何でも話を聞いてくれる先輩は心強いものです。
困った時には助けたり、任せられることは任せたり、仕事上は先輩後輩の関係で信頼関係を築くことが大切です。

同じ職場の場合、その人の人間性も垣間見ることができます。
年下の男性であろうと見るところはしっかりと見ています。
そこから恋愛に発展していく可能性は十分にあるので、仕事上の信頼関係はしっかりと繋いでおきたいですね。

あとは先程もお話したように、何気ない会話からのお互いを知るということ。
新卒男子は自分のことで手いっぱいの可能性もあるので、そんな時は自分の気持ちを押しつけず、相手の気持ちを尊重することが大切です。
恋愛までの道のりは少し遠いかもしれません、ですがこの状況を楽しんでこそ、
大人の余裕であり女性としての包容力であるのかもしれませんね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター