サムネイル

なんでそんなに前向きなの?「LINEの回答が斜め上」な男子の対処法

適当にあしらっているつもりが、めげずに何度もアプローチを続けてくる男性、あなたの周りにもいるのではないですか?決して悪気があるわけではないし、好意を寄せてくれているのは悪い気がしないからとあいまいな態度で濁していては、お互いのためになりません。そんな「勘違い前向き男子」に対する正しい対処法について、いくつか紹介します。

「なんでそんなに前向きなの…?」

適当にあしらっているつもりなのに、めげずにアプローチを続けてくる男性。困りますよね。言葉の意味を理解しながら必死でアピールを続けているのか、はたまた本当のバカなのか。

真意のほどはわかりませんが、悪気がないとわかっている以上無視するのも気が引けるし、かといって付き合っていたら時間がもったいない。

人の恋路の邪魔をしかねない、「自分にとって都合のいい解釈をする男子」。今回は、そんな男子を上手にかわすための対処法について提案していきます。

自分に都合のいい解釈をする「めげない男子」の対処法4つ

間接的な表現を避ける

この悩みでよくあるケースに、相手を傷つけたくないあまりオブラートに包んだ表現で伝えていることがよくあります。例えばデートのお誘いの断り文句に「最近、忙しくて…。また時間ができたら。」など。

この場合、都合のいい解釈をする男子からは「忙しいんだね!じゃあ、落ち着いたら会おうね!」と返信が来るでしょう。断り文句の「忙しい」を信じ込み、辛抱強く待ち続けます。

これを防ぐには、あいまいな表現は避けることです。彼の気持ちに応えるつもりがないなら、その理由をきちんと伝えるべきです。

思わせぶりな言葉がないかセルフチェックする

知らず知らずのうちに、相手へ思わせぶりな言動を取っている可能性はありませんか?普段の自分の感情を共有していることがあれば、「俺に心を開いてくれている」と受け止められる可能性もあります。

「楽しかった」「うれしい」「寂しい…」といった感情を何の気なしに送っていては、「気持ちを共有したい」という欲求を相手へ起こさせるリスクがあります。気持ちがないなら、自分の感情の機微を言葉にして伝えるのは止めましょう。

数日置きに返信する

優しいあなたは、きっと相手からのトークへ間を置かずに返信しているのではありませんか。LINEはトーク内容だけでなく、返信間隔から気持ちの度合いを推し量ることのできる奥深いツールです。

もしトークへリアルタイムに返信していたり、1時間も空けずに送信しているのであれば、彼はきっとこの恋路に希望を見出しているに違いありません。言葉の裏に隠された恋愛感情を信じて、前向きに努力し続けることでしょう。

これを防ぐには、「極端に時間を空けて返信する」を徹底してみてください。相手を諦めさせるには、荒療治が必要です。

ハッキリと気持ちを伝える

最終手段ですが、ハッキリと「あなたと付き合うつもりはない」旨を打ち明けるのがもっとも効果があります。面と向かって言うのが難しければ、LINEでも構いません。

いくら前向きな解釈をする男子といえど、こうもハッキリと言われたら弁解の仕様がありません。現実をしかと受け止め、引き下がるを得ないでしょう。

困った前向き男子には、ストレートな言葉が効く!

悪気がないからといってあいまいに濁していては、彼のためにも、自分のためにもなりません。お互いが前を向いて進むためには、ハッキリと片を付けるのが一番。

勇気が要る行為ですが、ぜひ挑戦してみてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター