サムネイル

イイオトコがドン引きした「年下女のLINE」4選

LINEは今や男女間の親密度をUPさせるのに必須なツールといえます。日常に根差したLINEだからこそ、効果的に使えば急接近するのも夢ではありませんが、その一方で使い方を誤れば男性をドン引きさせてしまう側面も。普段から無意識に送っているLINEを思い返してみてください。あなたは大丈夫ですか?

何気ないLINEが男性をドン引きさせているかも

今やLINEは男女間の親密度を上昇させるのに不可欠な手段です。かつてのメール交換は文通的な意味合いが強かったですが、LINEは「既読」がわかるという背景から、リアルタイムの会話と何ら変わりなくなっています。

より日常に根差した連絡ツールだからこそ、上手に使えば急接近するきっかけにもなる心強い味方です。中でも年上男には、普段なかなか話す機会を作れないぶん、LINEを使ったアプローチがカギ。

ただひとたび使い方を誤れば、LINEがお互いの関係を冷え切らせる原因にもなる諸刃の剣です。彼らの気持ちを冷めさせる「ドン引くLINEメッセージ」は避け、好感度の高いメッセージで親密度をUPさせましょう。

年上のイイオトコが「うわっ…」とドン引く女のLINEとは?

「ねえ忙しいの?何かあった?」

男性をドン引きさせる女性のLINEの共通点は「重い」ことです。男性は付き合ってもいない状態から重い愛情を感じると、腰が引ける生き物。プレッシャーを感じて、逃げたくなるんですね。

でも女性はそんな男性の心情を推し量れるはずもなく、数時間LINEを返信しなかっただけで「何かあったの?そんなに仕事忙しいの?」と畳みかけるようにメッセージを送ってしまいがち。終いには「事故に遭ったの!?」なんて大げさに心配されては、辟易してしまいますよね。

男性へ自分のエゴを押し付けてはいけません。気をつけましょう。

「新しいワンピ買ったの!見て見て♡」

仲良くなってくると、何かの拍子に自撮りを添えてメッセージを送る機会もあるかもしれません。美容院で髪を切ったり、遠出した旅行先の写真を送ったり。会話のスパイスになるため話が弾むきっかけにもなりますが、ここであざとく「ちょいエロ」写真を送る女性がいるそうな。

部屋着の写真や、ちょっとしたチラ見なんかは男性の興味をそそりますが、あまりにワザとらしいセクシー写真は逆効果。「慣れていそう」「軽そう」とマイナスイメージに繋がりますので、やりすぎは禁物です。

「今すぐ会いたい。会えないと死んじゃう」

まだ付き合ってもいないのに、「何様のつもり?」と男性をドン引きさせるのが「今すぐ会いたい」のメッセージ。

ワガママを言って男性を手の内に引き込みたいという策略かもしれませんが、これがプラスにはたらくのは「お互いの関係値が築かれている」という前提が必要。そこまで仲良くないうちにこの言葉を放っては、「勘違い女」「自分勝手」の烙印を押されてしまいますよ。

スタンプだらけのメッセージ

LINEにはかわいいスタンプが多くあります。中には細かいメッセージ性の含まれたスタンプも多いため、極論ではスタンプのみで会話を成立させることも難しくなくなってきました。

でもこのスタンプ、場合によってはマイナスにはたらくことがあります。スタンプをあまり使わない男性にとっては違和感があるし、真面目な会話の時にもことごとくスタンプで応酬されては「話ができない」という印象を与えてしまいかねません。

TPOに応じて、ほどよい頻度で使うようにしましょうね。

イイオンナはガツガツせずに余裕を見せよう

男性がドン引きしやすいLINEメッセージの共通点「ガツガツしすぎ」。アラサー女子ともなれば結婚に焦りを感じるのもムリはありませんが、それを前面に押し出しては逆効果です。

イイオンナなら、一歩引いて余裕を見せること。そして相手の気持ちを考える思いやりを持つこと。このことを肝に銘じておけば、LINEを使って男性と順調に愛を育むことができるはずですよ。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター