サムネイル

仕事で好かれる人に!女子オンリーな職場の人間関係をうまくやるコツ

女性の職場で働く上で、人間関係づくりは最も大切といってよいほどの重要なポイントです。嫉妬が多く、裏表のある女性社会において、女性から嫌われて仲間はずれやいじめをうけることも少なくありません。しかし、「女性から好かれる女性」という存在も間違いなくいます。そして、積極的に人と関わっています。

女性から好かれる女性とは

女性から好かれる女性は、女性の心理を理解し、相手とうまく付き合っています。ココをおえれば大丈夫!という、女性の職場においてポイントとすべき点をご紹介します。

「挨拶をしっかりする」

挨拶は、人間関係を築く上で最も重要なポイントです。いくらスキルがあり、仕事ができる人だとしても、挨拶のできない人は相手からの印象は悪く、一匹狼となってしまうでしょう。逆に、明るく元気で爽やかな挨拶ができる人は、多少の失敗を犯したとしても挽回できるチャンスがあります。毎日行う挨拶だからこそ、相手ときちんと目を合わせて気持ちの良い挨拶を行いましょう。きっとそれだけで、「礼儀正しくて素敵な人」に映るでしょう。

「誉め上手である」

誰でも、「誉められる」ということは嬉しい行為です。誉められて気持ちを害する人はほとんどいません。些細なことに目を留めて、さりげなく誉めることを心がけましょう。誉めることが慣れていない人は、目に付きやすい服装や髪型、持ち物を誉めることから始めてみるのがお勧めです。「ピンクの色、○○さんにとても似合っていますね!」「そのキーホルダー今流行ブランドものですよね。いつもおしゃれですね。」という風に、シンプルな言葉でさりげなく自然に誉めてみましょう。「さり気なく自然」ということも、重要なポイントです。「誉めよう」と思って誉めると、時に嘘っぽく聞こえ、逆に相手から嫌われてしまう場合もあります。「誉めよう」と意識するのではなく、「相手に関心を持とう」として、自然に気がついた相手の良いところを口にするように意識しましょう。そうすることで、表面上だけではない、心のこもった誉め言葉をかけることができるでしょう。そして、継続的に誉める言葉を続けることもポイントです。誉められて嬉しいだけでなく、「自分に注意を向けてくれる人」といった、一歩進んだ特別な人にも映るはずです。

「聞き上手である」

女性はおしゃべりが大好きな生き物です。「自分のことを話したい。聞いてもらいたい。」と思っているはずです。ですので、自分の話をきちんと聞いてくれる人という存在は、重要な存在となります。くだらない話でも笑って話しにのってくれる人や、相談話に真剣に耳を傾けてくれる人や、ムカついたり悲しかったことに心から共感を示してくれる人は、きっと一緒にいて安らぐ存在です。相手の話は聞かず、自分のことばかりを話す女性が多い中で、自分に関心を示してくれる女性は間違いなく好かれます。適度にうなずきや相槌を加えたり、相手が話しやすいように質問を挟むとより好感を得られるでしょう。

「共感上手である」

女性は、「自分の気持ちを分かって欲しい。」「一緒に同じ思いを味わいたい。」と思っています。ですので、共感上手であることは女性との人間関係を築く上で欠かせません。例えば同じ食べ物を食べて、一緒に「おいしい。幸せ。」と感じあうことができる存在は、一緒にいて気持ちが良い存在となるはずです。共感し合えることで、心が通じ合ったような特別な感覚を得られます。また、悲しんでいるときに、その悲しみに寄り添い同情してくれる人にも好感を示します。「悲しいよね。辛い気持ち分かるよ。」と、共感してくれるだけでも嬉しいのです。相手の気持ちを察し、その気持ちに共感を示す言葉をかけるようにしましょう。それだけでも相手の心は大きく救われます。そして、救われた分だけ、好感度を大きくなっていくでしょう。

自分から相手を好きになること

より良い人間関係を築くためには、まずは自分から相手を好きになり、相手に喜んでもらえる行為を行なうことが大切です。相手から嫌われないようにとネガティブに生きるのではなく、相手から好かれるようにポジティブに生き、実際に女性から好かれる輝く存在へとなっていきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター