• イマサラだけど…アラサー女子たちはゴムをどこに隠していますか?
サムネイル

イマサラだけど…アラサー女子たちはゴムをどこに隠していますか?

たとえ女性といえど、ゴムを持ち合わせておくのは大人のたしなみ。いつ何時にチャンスが訪れるかわからないのですし、どんなタイミングも逃さないためには自分の部屋にも忍ばせておくべきです。とはいっても、無造作に置いていてはムードも台無し。コンドームは、ナチュラルに隠してこそいい女、ですよ。

「ゴムの隠し場所の正解がわからない!」

コンドーム(以下:ゴム)を持つことは、大人のたしなみ。いつ何時必要な事態に発展するかわかりませんし、そうなった時にすぐに用意できないのでは、折角のチャンスをふいにしてしまう恐れさえあります。

いやいや、ゴムは男性が装着するものなんだから、男性が持っているべきでしょ。そもそも、そんなものを持っていたらヤリマンて勘違いされそう…!こんな先入観を抱いている女性は、意外にも多いです。確かに一理ありますが、どんな恋愛のチャンスも逃さないようにするには、女性といえど持ち合わせておくのがエチケットというもの。

何も、オープンにしなくたっていいんです。いいムードになったとき、相手が持っていたらそれでよし。「あ、ない…!どうしよう?」となったときだけ、さり気なく取り出して、笑顔でソッと手渡してあげればいいんです。

そんな「あざとくない」女性の部屋でのゴムの隠し場所。いくつか案がありますので、あなたの部屋にマッチする場所を見つけてみてくださいね。

あざとくない!アラサー女子のゴムの隠し場所5つ

サイドテーブルの引き出し

ありきたりですが、その分嫌らしい感じが出ないので、もっとも一般的な隠し場所のひとつです。ベッドサイドのテーブルに引き出しがあれば、その中に潜ませておきましょう。万が一、何かの拍子に男性が開けたとしても、ベッドサイドなら違和感もなく、気まずい空気になる心配も少ないです。

化粧ポーチの中

次におすすめなのが化粧ポーチの中。化粧ポーチを常に持ち歩くタイプなら、屋外でのチャンスも見逃しません。帰宅後はドレッサーの上や、バッグにそのまま入れておいたとしても、立派な隠し場所になります。

関係のないタイミングでのメイク直しで、うっかり目に入ることのないようにだけは気をつけてくださいね。

救急箱

「絶対に見つかりたくない」のなら、まずおすすめしたいのが救急箱の中。医薬品や絆創膏などに紛れてゴムの箱があっても、一見してはバレにくいですし、そもそも他人の家の救急箱を勝手に漁られる機会は限りなく少ないため、まず見つかりません。

ただ、いざいいムードになったタイミングで、取り出すのに難儀するようではあまりいい隠し場所とはいえないかも。タンスの奥底にしまい込むのではなく、日常で手の届く範囲に救急箱を置きましょう。

ぬいぐるみの中

絶対にバレない隠し場所の第二弾は、ぬいぐるみの中。ベッドサイドにぬいぐるみを置いている家であれば、なおベターです。チャック式で中を開けられるぬいぐるみであれば、その中にゴムの個包装を1つ隠したところで、外から見ても何の違和感もありません。

ただ少々手慣れている感が漂うので、逆にネタにしつつ取り出すのがおすすめ。「じゃーん!」なんて言いながらチャックを開けて取り出せば、男性も驚いて雰囲気も和むかもしれませんね。

ルームウェアのポケット

可愛らしい隠し場所として、ルームウェアのポケットも「アリ」です。もこもこの女の子らしいルームウェアに身を包み、ポケットからゴムを取り出されてテンションが上がらない男性はいないでしょう。

ただし、ルームウェアのつくりに左右されるのも事実。ポケットが浅めだったり、生地が薄めでポケットに入っているものがうっすら見えるようであれば、ムードも台無し。冬場の厚手のルームウェアで活用できそうなら、ぜひトライしてみてくださいね。

丸見えはNG!いい女はナチュラルに隠すもの

ゴムの隠し方はさじ加減が難しいもの。買った箱のまま無造作に置かれていてはムードがありませんし、かといって押し入れの奥底にしまっていては、いざそのときに取り出すのがタイヘン。

ご紹介したナチュラルな隠し場所を参考に、あなたの部屋の中でベストなポイントを見つけてみてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター