サムネイル

スマホ代を安くする節約術4つ

格安SIMなど一般的になりつつありますが、まだわかりにくい点も多い…格安SIMの説明やスマホ代を安くする節約術をいくつか紹介してください。

一度見直せばずっとお得

毎月の支出の中でもおおきな割合を占めているのが通信費です。スマホを持たない生活は考えられない日々ですが、毎月1万円前後もかかる通信費には何とかせねばと思っている方も多いのでは?
そんなあなたにぜひ読んでもらいたいスマホ代節約術です。
スマホ代を節約したいけど何をしたらいいのか分からない人、
スマホのプランを活用したいけど何がお得か分からない人、
格安SIMに変えたいけど不安を感じて行動に移せない人、
そんな方必見です!

どれだけ通信費がかかっているの?

毎月自動引き落としのためにどれだけかかっているかが分かっていない方もいらっしゃるのでは。
ここでしっかりと把握しておくために実際の数字で見てみましょう。

1ヵ月に1万円かかるとしたら1年間で12万円。10年間使っていると120万円にもなるんです!
仮に今の金額の半分になったとしたら年間で6万円もお得になるんです。

実際にキャリアを変えたり、プランを見直すことで毎月半額の5000円になるという話もあります。
一度見直すことでこれだけの節約になるのだったらやらないと損になっちゃいますね。

節約術①不要なオプションを解約

スマホの契約をした時に様々なオプション機能が付いています。
確かに契約した時に、ショップの方から「1ヵ月経ったら解約すればいいですから」と言われたような記憶もあるようなないような...。
オプションは1個ずつは安い料金のはずですが、数個のオプションに加入していていることが多いので意外とかさんでいることがあります。全く使用していないのであればすぐに解約しましょう。

オプションの付与は各キャリアによって違います。動画や音楽のオプションなどはいつも使っているサービスと重複している場合があります。またサポート系など故障の時に助かるオプションもあります。これらを個人でやろうと思えば知識が必要ですので、簡単なのはお近くのキャリアのショップに行くことをオススメします。ショップの方が手際よく作業してくれるので結局は早く簡単に解約することができます。

節約術②基本料金の見直し

オプション解約のためにショップに行ったのならついでに基本料金の見直しもお願いしちゃいましょう。
毎月の通話料に応じて設定できる料金プランがあります。キャリアによって差異はありますが例えば月に500円分の通話時間があればカケホーダーのようなプランがお得であったり、短めの通話時間の場合は指定時間内であれば通話料無料というプランもあるキャリアもあります。
データ通信費もチェックしてください。動画を観たりゲームを頻繁にする方でしたらパケット量は多め。ラインをしたりちょっとSNSを観る程度という人ならパケット量は少ないプランと変更するのがいいでしょう。
これらの設定はショップに行って観てもらうことが一番楽ですが、時間がない方などはWEBからも設定を変更できますよ。

節約術③WiFiを活用する

パケット量もオーバーしてしまうと料金が高くなったり、通信速度が遅くなってしまったりします。このパケット量もWiFiを活用すれば使用量を減らすことができます。なぜならWiFiでネット利用するには通信料はカウントされないんです。
自宅にフレッツ光などの電話回線を引いている方であればWiFiルーターを活用します。動画もゲームも使用量を気にすることなく使えます。
光回線がない場合はWiMAXやソフトバンクのWiFiルーターを利用すれば簡単にWiFi接続になります。
外出先でもフリーWiFiが接続できる箇所があります。事前に通信料が多くなることがわかっている場合は利用すればデータ量を抑えることになります。ただしフリーWiFiの場合はセキュリティのことを考えるようにして使ってくださいね。

節約術④格安スマホにチェンジ

でも結局いろいろしたとしても、格安スマホに変更することが有効的かと思います。
 
格安スマホとは回線をドコモやスマホなど3大キャリアの回線を借りている通信サービスのことを言います。BIGLOBEやOCNなど大手プロバイダが運営していたり、楽天やLINEなども格安スマホを提供しています。
様々な料金形体がありますが、料金はだいたい月1200円〜2000円くらいが多いです。安いからといって品質が悪いわけではなく回線は大手キャリアのを使っているので使用できる範囲もほぼ同じです。

格安スマホのメリットデメリット

格安スマホのメリットは何と言っても月々の料金が安いことです。今まで1万円かかっていた通信費が例えば2000円になれば、1年間で96000円も節約できます。10年で約100万円もコストがかからないということです。
あた大手キャリアに多い2年縛りという束縛がないので乗り換える時にも期間を気にすることなく行動することができます。
プランがシンプルで自由に選ぶことができます。
 
ではデメリットを観てみましょう。
格安スマホは通話料サービスに対応していないところが多いです。ですので長時間の電話をスマホでするという方は要注意dす。かけ放題のようなサービスがある通信会社を選ぶようにしたり、通話だけは大手キャリアでガラケーで契約すると月々の料金は抑えることが可能です。
スマホ用のメールサービスはありません。ですのでメールを使用する場合はYahooメールやGmailなどのフリーメールを取得して使用する必要があります。

見直しは大事

様々なスマホ代を節約する方法をご紹介しました。
大事なことは自分のプランを見直すことではないでしょうか。
自分で分からないという方はショップのカウンターにいけばすぐに調べてくれて適正な設定にしてくれるので、一度足を運ぶ価値はありますよ。毎月の節約は少ないと感じても、生活の一部となっているスマホはこれからもずっと使い続けて行くことを考えると将来的には大きな節約になります。
スマホ代を節約した分で何か楽しさがアップしそうですね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター