サムネイル

もう別れはゴメン!次の彼氏を結婚に導く方法

彼氏ができて別れて...を繰り返しているうちに「時間を無駄にしたなぁ」などと、後悔したりしていませんか?でも本当にそうでしょうか。恋愛に無駄な事などひとつもないと思います。これまでの経験も、今のあたなを形成する大事な出来事だったのです。でも次こそは結婚したいという方へ、結婚までの導き方をご紹介します。

なぜ別れを告げられてしまう?

男性側から別れを告げる場合理由は様々ですが、多くの男性はあれこれ細かく考えたり悩んだりするというよりは、直感で「めんどくさい」と感じた時に別れたくなる事が多いそうです。自分が相手にとってめんどくさい女になっていなかったか確認してみる良い機会なのかもしれません。

ケンカが多くありませんか??

思いや考えを相手に伝えられずひとりで悩んでいては、いつか爆発してしまします。別れたくないからといって、どんな事でも我慢しないといけないわけではないのです。大事なのは「伝え方」。言葉は言い方次第で相手への印象が変わります。相手の気持ちを考えながら自分の意思を伝える事ができたら面倒なケンカにはならないはずです。

「ケンカ」ではなく、「話し合い」に変えるだけでお互いの印象も随分変わります。ケンカをするとお互いに疲れ果てて、結果別れに繋がってしまう事が多いのではないでしょうか。話し合いをする事で、お互い冷静に二人にとって一番良い方法を導き出す時間に変えて行けるはずです。

束縛しすぎていませんか??

誰かとお付き合いする時につきものの「やきもち」ですが、度が過ぎてしまうと相手を疲れさせてしまいます。時間はかかりますが、しっかりとお互いの信頼関係を築いていかなくてはいけません。

信頼できない相手との結婚などしない方が良いですし、その前に信頼できない彼氏などいらないはずです。「好きになってしまうと周囲が見えなくなる」などというのは10代の恋愛で、結婚は今後の人生が関わってくる大事な決断です。しっかりと信頼できる相手を見極めるのも大切です。

美容を手抜きしていませんか??

長くお付き合いしていると徐々に慣れ合いになってしまい、「まぁいいや・・・」と美容に手を抜いてることありませんか。いつも綺麗に化粧していないといけないわけではありませんが、最低限の女性としてのお手入れは長くお付き合いしていたとしても手を抜かずにやりましょう。

ただでさえ長く交際しているとキスやセックスの回数も減少すると言われています。いつまでも女性として彼に見られ続けたいのであれば自分磨きは永遠のテーマなのです。

男性目線の恋愛と結婚の境界線

女性は恋愛と結婚をすぐに結び付けて考えられる生き物ですが、男性は恋愛と結婚を別に考える人も多い様です。そのせいか、今までの彼女とは全然違うタイプの女性と結婚する男友達にびっくりさせられる事がよくあります。飲んだ席などでさりげなく聞いてみると「元カノは彼女には良いけど嫁にはちょっとねぇ・・・」などという言葉を耳にします。

要するに男性は恋愛と結婚の境界線を持って女性を見極めているのです。大恋愛で結ばれて結婚するのが理想ですが、女性が男性にあれこれ条件をつける事と同様に、男性もしっかり条件を付けて結婚相手を探しているのです。「親と上手くやってくれそう」、「家事がしっかりできる」、「自立して共働きしてくれる」、など相手によって結婚の条件も様々です。彼の結婚観がどんなものなのかをさりげなく聞いてみると良いかもしれません。

派手な見た目は結婚を遠ざける?

派手で綺麗な女性を嫌う男性はほとんどいないと思います。特に若い頃は彼女を友達に紹介する時、スタイルが良くておしゃれな女の子だと自慢できるという男性も多いです。なので男性からモテることも多く付き合うところまでは難なくいけるのです。しかし結婚は少々別物だと考えて良いと思います。結婚は本人同士のみならずお互いの両親や親戚も関係してくるからです。両親が反対した相手と反対を押し切ってまで結婚する男性はそう多くはいません。

よほど理不尽な親でない限り、両親の意見は正しいと思っています。結婚相手はその時だけでなく、生涯を共に過ごす相手なのです。だからこそ家族にも気に入られ、上手く付き合ってくれる女性に男性は「結婚」を意識し始めるはずです。

結婚したいと思われる女性になるために

結婚するために大事なポイントは、相手の男性にとっていかに「居心地の良い存在」になれるかということ。男性は一緒にいて疲れる女性を「面倒な女」や「うざい女」「重たい女」と認識してしまいます。その様に思っている女性と結婚するわけがありません。

しっかり相手の心に寄り添い、ポジティブに将来を見据えられる女性になれば、自然と別れる理由もなくなります。気付けば相手にとって「大事な存在」だと思ってもらう事ができるでしょう。結婚したとたん態度が変わるなんてこともないよう「居心地の良いパートナー」としての自分を確立しましょう。そうすることで結婚後もきっと上手くいきますよ。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター