サムネイル

ボディタッチがあからさま!男性にバレてしまう仕草とは

ボディタッチは、男女の親密度を急上昇させる効果的なテクニックですね。ただ、頻度や程度の調整が難しく、下手すると男性に引かれてしまうリスクのある諸刃の剣です。ここでは恋愛を効率よく進めるためにも、「男性がドン引きするボディタッチ」に焦点をあて、注意喚起していきます。

ボディタッチはうまく使えば強力な武器になるけれど…

ボディタッチは、男女の親密度を急上昇させる効果的なテクニック。ただどこまで触っていいのか、どのくらいの頻度なら許されるのか、なかなか調整が難しい高度なテクニックでもあります。

男性側としても、女性から触られていやな気はしにくいものの、あまりに過度なボディタッチにはドン引きするという声も…。せっかくいい雰囲気になっていたのに、あからさまなボディタッチのせいで男性に距離を置かれてしまう事態は、なんとしても避けたいですよね。

そこでここでは、男性に引かれやすい、あからさまなボディタッチについてご紹介。草食系男子が多いこの時代、控えめなボディタッチをマスターするためにも、ぜひご覧ください。

あざとすぎて引く…。男性が嫌がるボディタッチとは

太ももに手を置く

ボディタッチの王道といえる「太ももに手を置く」。以前はこれで落ちない男性はいないと揶揄されたパーツですが、今や使い古されて新鮮味がなくなってしまい、太ももに手を置かれた瞬間に「あざとすぎる」と感じて引かれてしまうようになりました。

恋愛の定番も、時代とともに変化していくのですね。

腕を絡める

男性の腕に抱きついてきたり、腕を絡めてきたりする行為は、付き合ってもいない段階では露骨すぎて引かれる可能性大です。相手から感じる好意が確実であればまだいいですが、いずれにせよ交際前の段階ではある程度の純潔さを求める男性が多いのも事実。

危ない橋を渡るのは避け、執拗にカラダを密着させる行為は控えましょう。

大勢の前でベタベタする

ボディタッチの行為自体に嫌悪感はなくても、ボディタッチされる環境で引かれるケースがあることも覚えておいてください。二人きりのタイミングでソッと触られるのであれば男性も喜びますが、第三者が大勢いる公共の場で、執拗にベタベタとイチャついてくる女性には、男性も呆れてしまいますよ。

胸を押し付ける

胸を押し付けてきたり、男性の手を取って胸を触らせてくるような行為は、さすがの男性も腰が引けてしまいます。手慣れている感じや、遊び癖の強い印象を持たれてしまうため、ボディタッチの段階で胸は禁物。

男性は喜ぶどころか、困惑して「関わりたくない」と思われてしまいますよ。

際どい部分を触る

お腹をポンポンと触ってきたり、下半身の際どい部分に触れてくるのは迷惑以外の何者でもありません。TPO的にも問題ですし、何より付き合う前の段階でこれでは、「誰に対してもこの調子なのかな」と思われ、関係性が発展したとしてもせいぜいセフレ止まりです。

都合のいい女になりたくないなら、ボディタッチは控えめ。これが鉄則です。

やっぱり匂わせボディタッチが最強♡

いつもベタベタ触ってくるのでは、男性側としても目新しさがなく、あまりトキメキがありません。さり気なく、たまにツンッ♡と触る程度がもっとも効果的。うまく使えば、恋愛の強力な後押しになります。

「男性は触れば落ちるんでしょ」そう思っていたアナタ。この感覚は間違いだということを、肝に銘じておいてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター