サムネイル

30代に突入した今、「婚活」という言葉に思うこと

30代になってくると、20代の頃のように恋愛を純粋に楽しむ気分ではなくなってきた。男性と付き合っても心のどこかで結婚のことがちらついてしまい、プレッシャーをかけてしまって逃げられてしまうなんてことも。焦る心とは裏腹に、どんどん遠のく結婚の機会…。そんな30代の今、「婚活」という言葉に対して思うこととは一体何?[PR]

30代の今、「婚活」という言葉を再度考える

30代を過ぎると20代に比べて出会いが見つけられなくなってきた気がする…。

なぜか30代になった途端に、今までうっとうしいくらいに誘われたのが何だったのかと思うくらいに、男性からの誘いが減ってきた。そして出会いが無いのでここで決めようと焦ると、むしろ男に逃げられる。

そんな足踏みばかりで、なかなか結婚までの道筋がつかめない今、「婚活」という言葉が私の頭にちらついてくる。婚活なら結婚を前提としているので、最短距離で関係を築けるのでは…?ちゃんとした婚活サービスであれば、遊び目的や冷やかしの男性も少なくて、安心して効率的に婚活ができるのでは…?

年収はもちろん大切。でももっと大切なこともある

20代の頃は男性の年収をどうしても重視してしまっていた。
「お金なんて気にしない」と公言する友達でも、やっぱり結婚相手を見るときにはつい高い年収の方に惹かれてしまっていた気がする。

でも30代になった今なら思う。結婚生活はお金さえあれば円満に続く訳ではなく、四六時中同じ家で生活する相手だからお互いの「相性」の方が大切。時間が経つほどに、「相性」は年収や貯金額なんかの「お金」よりも大切な要素になる。「一緒にいても苦にならない存在」ということが、結婚相手には不可欠な要素なのかもしれない。

30代、未来を逆算し「攻め」の恋愛に切り替える私

30代、見たくなくても現実としては今すぐ子供を産んだとしてその子供が成人を迎える時には私は50代になっている。でもこれは「今すぐに産んだのであれば」という場合にすぎない。もしこれがもっと後だとしたら?出産そのものが難しくなるかもしれないし、体力的にも大変な部分があるかもしれない。

そして何より、私はより綺麗な状態でウエディングドレスを着たい。いつも1番若いのは「今」でしかないから。

そうした私の恋愛観・未来を少しでも叶えるためには、今すぐ行動するしかない。20代の頃のような「待ち」の態勢ではなくて30代となった今、「攻め」の姿勢で自分から恋愛を仕掛け、相手にアプローチするしかない。

「まだ大丈夫」という考えは、今の私にはない。「大丈夫」なんて保証はどこにも無いから。

30代、「婚活」という一歩を踏み出してみる

「攻め」の恋愛として「婚活」をするためには、可能性のある人を的確に効率的に見つけなければいけない。より多くの男性と出会い、自分と結婚する未来が描けない男性は諦め、そして「結婚」という未来に向けてクロージングしていく。

そう思うと「婚活パーティー」に参加してみるのではどうかと思った。今までの私ならあまり考えなかった選択肢かもしれないけれど、「結婚」という同じ目的をもった男性が集まり、同じゴールに向けて一歩踏み出す場と考えれば効率的で悪くない。私の本当の出会いは「婚活パーティー」にあるのかもしれない。

効率のよい「婚活」をするなら…

婚活パーティーは様々な会社が開催していますが、それをまとめたポータルサイトもあります。
「Parties」というサイトでは、何社もの大手の会社が開催する2万件以上のパーティーを一度に、無料で検索できます。

時間は過ぎてから焦っても戻ってきません。後で焦るくらいなら、今すぐ婚活しませんか?

〈提供〉Parties

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター