サムネイル

合コンでモテたい女性必見♡覚えておきたい小悪魔テクニック

合コンでモテるテクニックをお教えします。合コンに行っても楽しい飲み会で終わってしまってはもったいないです。行くからには成果を出しましょう。今回は合コンでモテるためのテクニックをご紹介します。でもいくら男性に好かれても女性に嫌われては本当にいい男性はゲットできないものです。女性にも男性にもモテるテクニックです。

合コンでモテる女性の振る舞い方

合コンでモテるには顔や服装だけではありません、誰にでもモテる秘策はあります!男性が基本的に女性に求める基本要素を踏まえた上で、男心をつかむテクニックを実践するだけです。

男性が好きなこと

男性が女性に求める基本を抑えておきましょう。

おれだけ > 一緒にいると安心する > かわいい

これだけです。左にある方が優先度が高いです。まず男性は「おれにだけ◯◯」というのが大好き。自分にだけ特別、自分にだけ優しいなど。

そして男性は安心する場所を好みます。この人と一緒にいるとホッとする、安心するという印象をつけましょう。かわいいのが好きなのは当たり前ですが、「自分にだけかわいい」でいいのです。ですので万人に受ける美人な顔でない人でも、その男性にだけかわいいと持ってもらえる自分の振る舞いを心がけてください。

これらはとっても大事なことです。露出の高い服とか、軽いタッチとか、そういうのも好きですがもっと奥深いところで男性が求めているのはこれです。これを踏まえた上で合コンのモテテクニックに進みましょう。

男性は笑顔が大好き

男性は女性の笑顔が大好きです。ツンデレなんていう言葉も流行りましたが結局はデレ部分の笑顔にそそられるものです。いつも笑顔で安心させてくれる女性の側にいたいと思うのが男性の心理です。笑顔は無理のある笑顔ではなく、「常に笑顔系」の女性を意識しましょう。

口角を上げ幸せそうな雰囲気を醸し出します。そしてその笑顔は全員に向けて発します。たとえ自分のタイプでない男性にも。そしてライバルの女性にも。賢い男性ほど女性のずる賢いところはよく見ています。まずは誰に対しても笑顔で接する女性でいましょう。

笑顔プラスちょっとした積極性

笑顔でいてもそれだけでは足りません。たまたま横に積極的な男性が座ってくれてあれやこれや話しかけてくれるといいのですが、そうでない場合はただ笑っているだけの女性になってしまっては出番もチャンスもありません。合コンで席に着くまでにも色々と話しかけてみましょう。座る時に「こんにちは、ニコ」とか、「お隣ですね、ニコ」とか。なんでも良いので一言かけましょう。その時に必ず「ニコ」の口角の上がった笑顔はお忘れなく。

気に入った人と合わせる

男性メンバーの中で気に入った人が見つかれば、その人と会話を合わせてみましょう。男性が会話の中で出たワードに対して共通点を見つけてその話を振ります。住んでいるところ、出身大学や出身高校、出身地、趣味etc

さらに大切なのはその人だけと話をしないようにしましょう。角席で2人だけの空間であるならお互いに盛り上がっていいでしょう。でも隣や前に人がいれば一緒にその人にも話しかけたりなどして彼の話を盛り上げましょう。そんな姿は「付き合ってもおれの友達とも仲良くしてくれそうだな」と捉えてもらえます。

服装は参加する男性意識して

合コンでの服装は参加する男性のタイプに合わせるのが良いです。働いている業界、職種、所属クラブなど。例えば、男性が公務員だとすれば露出やカラーは控えめでネイルもヌードカラー程度、その逆に広告やマスコミ系ですとある程度流行りを取り入れた服装をするのがベター。
相手に合う服装が分からない場合は清潔感を心がけできればスカートを選ぶとよいでしょう。シャープなパンツスタイルを好む男性もいますが、やはり未だスカート好きは大多数です。

ターゲットをしぼる

短い時間で男性に興味を持ってもらうために相性が合う男性を見つけましょう。最初の自己紹介で彼氏候補になっても良い男性を選びます。そしてその人たちと視線をしっかり合わせてニコと微笑みかけてみます。相手が笑い返してくれたり、チラチラとこちらを向くようになれば相手も気になってくれている証拠です。
前述では周りの人と話をするようにと書きましたが、相手の気持ちがこちらにありそうならその人を中心に話しかけるのもありです。

まとめ

合コンには合コンのテクニックがあります。短い時間の中で初めて会った男女が品定めをするのです。その場限りのテクニックではなく、彼が後で思い返せるような印象が残せれば大成功です。なんども言いますが、軽いタッチや露出度の高い服などはゴールラインが違う場合が多いです。男性の心理を理解して合コンに挑んでください。合コンで素敵な男性に出会えることをお祈りしています!Good Luck!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター