サムネイル

自分には価値がない?幸せになるための「自己肯定できるようになる方法」

「自己肯定」という言葉を聞いたことがありますか?自分はかけがえのない、価値のある存在だ、と自分自身を肯定できる心の状態のことをいいます。自己肯定感を高めることですます幸せな気分で過ごすことができるんです!もっともっと毎日をハッピーに過ごすためのその方法をお伝えします。

自己肯定ってなに?

「自分は大切な存在だ」「私はかけがえのない存在だ」と自分自身を肯定できる心の状態を自己肯定感といいます。

「ルックスが良い」「他の人より給料が高い」「特別な資格を持っている」など、人と比べて自分が優位であることを感じることではありません。客観的な事実に基づくものでなくとも、「ありのままの自分でよい」と自分自身を肯定できる状態です。

自己肯定が出来るようになり、自己肯定感が高まるとどんなメリットがあるのでしょうか。

幸せになりたいと願うアラサー女子にはぜひ知っておいていただきたいことです。

自己肯定感っていつ作られる?

自己肯定感はどのように形成されていくのでしょうか。

実は幼少期の生活環境で大きく左右されるといわれています。

例えば、
・虐待を受けた
・常に1人ぼっちで過ごした
・いじめられた
・あまり褒めてもらえなかった
・過去の失敗やショックな体験が残っている

などの出来事は大人になっての自己肯定感に大きく影響するといわれています。

自己肯定感が高いと・・・?

自己肯定感が高いと、

・人間関係の形成がスムーズ
・自信を持って行動することができる
・失敗しても立ち直りが早い
などが挙げられます。

「自分には価値がある」と思っていることが根底にあるからです。逆に自己肯定感が低いと、「何をやってもダメだ・・・」「どうせ自分なんて生きていてもなんの価値もない」とネガティブになってしまいます。

自己肯定感を高める方法とは?

「じゃあ、自己肯定感は高めた方がいいよね、でも自己肯定感は幼少期の生活環境が影響する、ということは、大人になってから高めることはできないの?」と思ってしまいますね。

そんなことはありません。毎日意識することで、今までよりも自己肯定感を高めていくことは可能です。
ではどんなことを意識したらよいのでしょうか。

ポジティブな言葉を使う!

自己肯定感の高い人は、ポジティブな考え方の人が多いものです。

「じゃあ、今日からポジティブに生きよう!」と決心してみたところで何をしていいのか困惑する人もいるかもしれませんね。まずは、ふだん使っている自分の言葉を意識してみましょう。

「今日は忙しくて疲れた・・・」→「今日は充実していたから、よく眠れそうだ」
「今度のプロジェクトは難しそうだ」→「今度のプロジェクトはやりがいがありそうだ」
と同じ事実でもポジティブな言葉を発するようにしましょう。

ありのままの自分を受け入れる!

自分の得意なこと、好きなこと、長所などだけでなく、マイナスの自分も受け入れてみましょう。

「それもそのまま自分である」ということです。誰にでも長所や短所、得手不得手というものはあります。仕事で失敗した自分、彼氏にフラれた自分、試験に落ちた自分・・・どんなあなたであっても「それも含めて私はそのままでよい」のです。

仕事でうまくいったときには「さすが、私はできる!」、仕事で失敗したときは「失敗した私もまた自分自身に変わりない」と受け入れてみましょう。あなたはそのままの状態で存在してよいのです。

誉められたら素直に受け取る!

自己肯定感の低い人は、誉められることに慣れていません。

「この企画書、とても上手くできているよ」と上司に言われても「いえ、そんなことはありません。みんなやっていることですから」と謙遜したつもりが、ついつい上司からの言葉も否定しがちです。「ありがとうございます。嬉しいです」と素直に受け取りましょう。

「髪切ったんだね。似合ってるよ」と言われて「そうかな・・・なんかイマイチじゃないかな」と言うよりも「ホント?よかった。思い切ってカットしてみてよかった」と素直に喜ぶ方が相手にとっても嬉しいことなのです。

誰かに誉められたら、素直に「ありがとう」と受け入れる態度を示しましょう。

自己肯定感が高まると・・・

自分自身を肯定する気持ちが生まれると、他人も肯定できるようになります。

他人の評価が気にならなくなり、自分の価値観・自分の軸で行動することができるようになります。

ぜひ自己肯定感を高めて今までと違う人生をはじめてみませんか。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター