サムネイル

オトナな女なのにセックスしたら好きになっちゃう女性へ。それって本当に好き?

心が膣にあったのは若い頃の話。オトナの女はセックスしたくらいで心まで持っていかれません。「でもセックスしたら好きになっちゃうんだもん…」とぼやくオトナ女子の皆さん。それって本当に好き?本気の恋?それとも…?今回はセックスすると好きになっちゃうオトナ女子の皆さんに向けて、心とセックスを切り離す考え方をお伝え致します。

セックスしたら好きになっちゃうんだもん…

彼氏や夫とのセックスはもちろん愛情が絡む行為です。ですがそうでない相手とのセックスは、いくらディープなセックスをしたとしても心まで深く交わりあうわけではないのです。男性はここを割り切ってセックスができる生き物ですが、女性はセックスをした=深い関係と思ってしまうことが多いのです。
ですが年齢と共に経験を重ね、オトナのオンナ達は心と体は別のものだと気付くのです。本当に愛し合っている相手とのセックスと、そうではなく単純に体だけの性欲を満たすためのセックスの違いを理解し、それぞれを楽しめるようになるのです。

しかしそれでも、セックスしたら好きになっちゃう…というオトナ女子はまだまだ多い…。そこで今回ここでは、セックスをしただけで好きになったと勘違いしちゃう女性が考えを改めるためには、どう考え方を変えていけばいいのかをお伝えします。

心と体はベツモノ…割り切れるオンナになるために

依存的な女性は精神的な自立を!

依存的な女性は、セックスをするとその男性を好きだと思い込む傾向が強いです。一度セックスをするとその男性に必要とされているのだと思い込み、その男性に依存する…これでは男性にいいように利用されてしまうだけです。

オトナのオンナは経済的な自立と共に精神的な自立をしていることが条件。まずは男性に依存せず、自立したメンタルで生きていける女になりましょう。男性や買い物、お酒や煙草やギャンブル。どれも楽しむ程度なら問題なし。でもどれも依存してしまうと危険なものになってしまいます。オトナの恋愛は相手に依存するのはNG!ひとりでも生きていける強さを身につければ単にセックスをしただけで相手に依存するようなことにはならないと思いますよ。

心まで求められていないことに気づいて

自己肯定感の低い女性は、求められること、必要とされることに弱いです。セックスをすると相手の男性から求められている、必要とされていると思い込んでしまうため、好きだと勘違いしてしまうのです。でも男性って、好きじゃなくてもセックスできる生き物だって知っていますよね?

セックスをしただけの男性は、残念ですがそのひと時に体を求めただけ。心まで求められてはいないということに気づいてください。なんだったらオトナのオンナなら、男性に心まで欲しがらせる余裕が必要です。セックスしたからといって好きだと思い必死に追いかけたりしたら遊ばれるのがオチです。心と体は別だということをちゃんと理解しましょう。

セックスは求められるものじゃなく自ら求めるもの

男性に求められたときにセックスをするというスタンスではなく、自分がしたいときにセックスをする、というスタンスで生きていれば、セックスをしたからといって相手の男性を好きだと思ってしまうことはないと思います。

セックスは男性のためのものではないので、男性のタイミングですると決まっているわけではありません。自分がしたいときにするもの、と考えていれば、そもそも心と体を切り離して考えられますし、そのセックスにおいて男性側も自分のことを好きだからしたんじゃない、私がしたいから相手をしてくれただけ、という考え方ができます。ドライに聞こえるかもしれませんが、付き合っている彼氏でもない限り、オトナのオンナはこれくらいの姿勢でいた方が強く楽しく生きられると思います。

セックスを楽しめるオンナになる

セックスってなんのためにするのかと考えたとき、相手が彼氏や夫なら愛されていると実感するため、愛情を伝えあうためのスキンシップだと考えていいと思います。ですが、相手がちゃんとしたパートナーではないとき、そのセックスに愛情は絡んでいません。それでもセックスをするのなら、そのセックスをただの性欲解消や、女性として綺麗でいるため、一時的に快感を得るためと捉えられるようにならなければいけないと思うのです。

オトナのオンナは、ちゃんとしたパートナーではない男性とのセックスに感情を絡ませることはしません。セックスをしたから好きになった、セックスをしたんだから相手も自分のことが好きなはずだ、なんて思うと大抵女側が泣くはめになることが多いです。パートナーとのセックスとそうでない男性とのセックスは切り離して考え、後者の男性とのセックスは単なる行為として捉え、楽しめるくらいでないといけません。

セックス=好き、は幻想…現実をよく見て!

いかがでしたか?セックスした男性を好きになり、しばらくしてほとぼりが冷めると、なんであの人のことあんなに好きだったんだろう?となることが多いと思います。その男性に魅力を感じたから好きというより、その男性が自分を求めてくれたから好き、だと勘違いしていることがほとんどなのではないでしょうか?その好きだと思っている感情は幻想です。セックスをした、ということを抜きにして、冷静に相手を見て考えても、それでも好きだと思えたなら本当に好きだということです。
セックスしたら好きになっちゃうという自覚がある女性は、一度考え直してみてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター