サムネイル

最近ツイてない・・・そんな時の脱出法とは?

なんとなくだけど、最近ツイてないな、運気が下がってるような気がする・・・と感じることはありませんか?スッキリしない、今までのように楽しくない、テンションも上がらない・・・そんな時はどのように過ごしたらよいのでしょうか。そう感じたときに少しだけ試して欲しいことをご紹介します。

ツイてない・・・運気が下がってる・・・?

なんだか最近ツイてないな、運気が下がっているような気がする、何をやってもうまくいかない・・・と「なんとなく」かもしれないけれど、気分が上がらずツキのなさや運気の低下を感じることはありませんか。

何をするにも億劫で気が乗らない・・・そんなときはどのように過ごすのがよいのでしょうか。

誰にでもありがちな、その気持ちからの脱出法をお伝えします。

行動パターンを変える!

私たちは日々の生活をパターン化して行動しています。

例えば、朝起きて出勤するまでの一連の行動はほぼ同じ時間に同じ行動を取ることが多いでしょう。起床して顔を洗い、歯磨きをして化粧をして着替えて靴を履いて玄関を出る・・・という行動です。

行動をパターン化することは、日常生活において効率的に行動するために不可欠です。朝起きて出勤するまでの行動を毎日毎日、「さあ、目が覚めた。次は何をしよう」「顔を洗った。さて次は・・・」と考えて行動していたのでは、日々の生活にかなり時間がかかってしまいます。

行動のパターン化は、ある意味必要な要素といえます。

しかし、この行動パターンとは好ましくないこともパターン化されてしまいます。「なんだか最近ツイてないな」と感じたときは、この行動パターンを意識して変えてみることをおすすめします。

行動パターンが同じということは、考えなくても無意識にできることであり、ストレスを感じずにできるということです。ある意味、自己防衛的な行動ともいえます。

ストレス時やマイナスの感情が大きい時ほど、「いつものコンビニに立ち寄り、いつもと同じルートで店内をめぐりいつも飲むドリンクを購入し・・・」というまさに「いつもの」の行動を取ってしまいがちです。

考えずに済むのでついつい楽な方を選択してしまうのです。あえてこのパターンを崩すことで「ツイてない」と感じる日々をシフトチェンジしましょう。

仕事の段取りを変える、通勤ルートを変える、ということは難しいかもしれませんが、化粧を変えてみる、立ち寄るコンビニの店内をいつもと違う方向で回ってみる、など「いつもとは違う」と自分にインプットすることが大切です。

同じ行動を取ることは、ストレスを感じずに済む自己防衛策ともいえます。思い切ってパターンを変えることで、ツキのなさを感じる気持ちを断ち切り、新しい行動へと自分を導きましょう。

ツキを貯めている時期だと捉える!

最近ツイてないな、運気が下がってるな、と感じたら発想の転換をしてみましょう。

「今はツキを貯める時なんだ」と思ってしまえば気持ちも楽になります。今のツキのなさが後々大きく返ってくると思えばワクワクしませんか。

気持ちが切り替わり、「最近楽しくなってきたな」と思えたら、そのツキのなさが招いた嬉しい結果ともいえます。

気持ちが沈んだときは、なかなか転換も難しくなりがちです。そもそもその人の「ツキのなさ」は他人からあからさまに見えるものでもありません。自分だけが感じることなのかもしれません。

負のスパイラルを断ち切るためにも、発想の転換を試みてはいかがでしょうか。

原点回帰!

原点回帰とは一番初めに帰ること、初心に戻る、物事の出発点に帰る、というような意味です。

何かをやろうとした時に「何もかもうまくいかない」「最近ツイてないからモチベーションが上がらない」ということもあるでしょう。そんな時は「これをやる目的はなんだったっけ?」「なんのために始めたんだっけ・・・」と出発点に戻って立ち止まって考えてみることも大切です。

何かをやっているうちに、その目的を忘れてしまうこともあります。惰性やなんとなくという気持ちで流されてしまうこともあります。初心に帰ってその時の気持ちや目的といった自分の信念を掘り起こしてみましょう。

今やろうとしていることが明確になったり、また新たな気持ちでスタートすることができます。

アップダウンは誰にでもある!

禍福は糾える縄の如し、人間万事塞翁が馬などという昔からよく使われる言葉もあります。人間誰しも「幸せを感じるとき、そうでないとき」「ツイてるとき、そうでないとき」「運がいいとき、そうでないとき」と感じることはあるものです。

今、「最近ツイてなくてやる気が出ないんだよな」「運気が上がればやりたいことがあるのにな」と感じている方は、少しだけこの方法を試してみませんか。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター