サムネイル

会社の年下男子から告白された!仕事が気まずくならない断り方

アラサー女子の中には、部下や後輩を率いて仕事にまい進している人も少なくないかもしれませんね。そんな中、年下男子から思わせぶりな言動を感じている人もいるのではないでしょうか。いざ告白を受けた際に慌てないためにも、告白を上手に断り、職場で気まずくならないための処世術をあらかじめ身につけておくことをおすすめします。

「後輩くんから連日のアプローチがものすごい…」

アラサー女子の中には、会社の中で相応の地位を築き上げている人も多いことでしょう。役職に就いていたり、プロジェクトのリーダーを任されていたり。部下や後輩を従えながら、仕事にまい進している人もいるかもしれません。

そんなバリバリ仕事をこなすあなたに対し、尊敬の念を持っている年下男子も少なくはないと思います。そんな「仕事で尊敬する存在」が、いつしか恋愛感情に代わる可能性も、ないとはいえません。最近、年下男子からの思わせぶりな言動に、思い当たる人もいるのではないでしょうか。

でも、正直いって年下男子はあなたにとって恋愛対象外。いざ告白をされたとしても、想いに応えるのは難しいですよね。今後の仕事に支障をきたさないためにも、気まずくならない告白の断り方について、覚えておきましょう。

職場で気まずくならない告白の断り方4つ

「仕事に専念したい」

職場での告白の断り方の常套句として、「仕事に集中したいから」という理由が挙げられます。実際、任されているプロジェクトによっては、仕事を第一に考えて行動したい時期はあるでしょう。相手を最も納得させることができて、今後の関係に支障をきたしにくい言葉として、頭に入れておくとベストな言葉です。

加えて、「自分は器用ではないから、仕事と恋愛の両立はできない」といった事情も説明すると、相手も引き下がるしかなくなるでしょう。

「今の関係を保ちたい」

年下男子との仕事上の関係性が良好であると判断できれば、「今の関係性を維持したい」という理由もベターです。年下男子が、仕事上で必要な人材であるということをアピールし、「仕事のパートナーとして重要である」点を推すことで、相手の自尊心をくすぐります。

恋愛関係より、仕事仲間としての相手の価値のほうが高い、というポイントを暗にほのめかすと効果大です。ただ告白を断られるより、相手の受ける精神的ダメージは大幅に軽減されます。

感謝の気持ちと共に

最終的に断りたいと思っても、まずはありのままの気持ちを打ち明けてくれた勇気ある行為に感謝を込めて、「ありがとう」と伝えましょう。そのうえで、「気持ちはうれしいけど、付き合えません」と断りの文句を付け加えます。

ただ断られるだけと比較して、「ありがとう」の言葉は緩衝材となり、精神的ダメージを和らげる効果があります。今後、職場で継続して顔を合わせる以上、できる限りショックを軽減させられるような配慮をしてあげると、親切です。

はっきりと「NO」と伝える

告白の断り方で一番やってはいけないのが、余計な期待を持たせるような受け答えをすることです。全く付き合う気がないにも関わらず、「考えてみる」「どうしようかな?」といった回答をすると、誠心誠意をもって告白してくれた年下男子の気持ちを踏みにじりかねません。

その場で「ごめんなさい」とハッキリ伝え、翌日以降に職場で会うときは、いつも通りに接するよう努力するのが、相手を思いやった一番の断り方であるといえます。

告白を上手に断ることで、信頼関係をより強固に

相手を尊重して上手に断ることができれば、あなたの配慮は確実に相手へ伝わります。それを乗り越えれば、職場での信頼関係もより強固になるでしょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター