サムネイル

一生忘れられない女性になるためのたった一つの法則とは?

あなたにとって忘れられない香りはありませんか?好きだった人の香りはどんな香りでしょうか?香りと人の記憶には密接な関わりがあるのです。この法則を知ることで、あなたも一生忘れられない女性になることができるかも・・・人と記憶とが結びつく科学的でもあり神秘的なお話です。

ショッピングをしているときに、以前付き合っていた彼が付けていた香水の香りがしてつい振り返ってしまった・・・なんて経験はありませんか?

学生時代の通学路に咲いていた花の香りを嗅ぐと、今でもその道を思い出す、というのも1つの例です。ある香りを嗅ぐことで、過去の光景がフラッシュバックしたり、特定の人や場所を思い出したり、昔の記憶や感情や蘇ることがあります。

今回は、香りと人の記憶から学ぶ、一生忘れられない記憶に残る女性になるための法則をご紹介します。

香りの持つ特別な意味とは?

香りを感じる嗅覚は脳の中の大脳辺縁系という部分と直接結びついています。

大脳辺縁系は食欲などの本能的な行動や、喜怒哀楽などの感情を司る場所です。これは、五感の中で唯一嗅覚だけの特徴です。

そのため嗅覚は、記憶と結びつくというメカニズムとなります。

つまり、香りは本能的な行動や感情に直接作用する、と言い換える事が出来ます。これを「プルースト効果」といいますが、人間の記憶は嗅覚と密接に関わっているのです。

見たり聞いたりしたことよりも、時に潜在的な記憶を呼び覚ますことがあるのです。

あなたの香りで忘れられない存在になる

あなたにも忘れられない香りがありませんか?

子供の頃に大好きだったお菓子の香りで今でもテンションが上がる、旅行で訪れた独特なエキゾチックな香りが今でも忘れられない・・・など、人にとっては忘れられない香りというものが潜在的にあるものです。

なんだかよく思い出せないけれど、懐かしいと感じるなど、香りにまつわる思い出は人それぞれあることでしょう。

お付き合いした男性が付けていた香水、もしくは香水でなくとも男性自体がもつ独特の匂いなど、記憶に残っているはずです。

思い出そうとしてもなかなか思い出せなくても、ふとした瞬間に一気に蘇ることもあるでしょう。

これを利用すると、ある男性にとってあなたは一生忘れることのできない、記憶に残る女性となることが出来るのです。

例え、あなたと一緒に行ったレストランを忘れてしまったり、一緒に観た映画を忘れてしまったとしても、視覚や聴覚にはない嗅覚の記憶であなたの存在が蘇る瞬間があるのです。

あなただけの香りを持つ

あなたがふだん付けている香水やシャンプーの香りも、付き合っていくうちに男性の記憶の中に留められていくものです。

コロコロと香りが変わるより、ずっと同じ香りの方が深く刻まれるでしょう。
よくある香水よりも、独特の香りを身に付けるのも「あなただけの香り」を主張することにつながるかもしれません。

時には、部屋の芳香剤やお香、柔軟剤も記憶に残り香りになるかもしれません。
自分での意識しない日々の香りが、相手の記憶に刻まれていくのです。

ふとした瞬間に香ったあなただけの香りが、何年経ったとしても潜在意識として刻まれているとしたらとても神秘的ですね。

嗅覚だけが持つ特徴を活かせば、あなたもその存在になることができるのです。

記憶に残る女性に・・・

人間の脳は、見聞きしたことをすべて記憶にとどめておくことは出来ません。

残念ながら、いくら仲の良い恋人同士でさえも、思い出やすべての出来事を100%記憶にとどめておくことは不可能なのです。

しかし、別れてどんなに時間が流れてもある瞬間にふと誰かがあなたのことを思い出すとするならば、それはとても幸せなことだと思いませんか。

プルースト効果を知れば、あなた自身が誰かにとって一生忘れられない女性になることも可能なのです。

あなたにとっての忘れられない香りとは?ふと蘇る記憶はありましたか?

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター