サムネイル

彼氏が欲しいのに「恋愛の土俵」にすら上がれない理由5つ

なぜか彼氏を途切れさせることなく常に恋愛を楽しんでいる女性。ルックスは同等であるはずなのに、彼女と自分との違いはいったい何にあるのか、悶々と悩む人、必見。実は、彼氏が欲しいのになかなかできない女性には、共通する理由が存在します。原因と解決策をご紹介しますので、セルフチェックも兼ねてぜひ、ご覧ください!

「ついに彼氏いない歴3年に突入…。どうして?」

なぜか彼氏を途切れさせることなく常に恋愛をしている女性、いますよね。ルックスは飛びぬけていいわけでもないし、オシャレなわけでもない。むしろ見た目だけでいえば、自分のほうが優っているのに…と、釈然としないこともあるでしょう。いつも恋愛を楽しんでいる彼女と、自分との違いって、いったい何にあると思いますか。

実は、彼氏が欲しいと願っているのになかなかできない女性には、一貫した特徴があるって、ご存知でしたか。あなたのその態度や姿勢が、もしかしたら恋愛を遠ざける要因になっているかもしれません。

欲しいのに…なぜか彼氏がいつまでもできない理由5つ

ネガティブ思考

恋愛に限ったことではありませんが、環境を変えるには前向きな姿勢が大切です。特に恋愛は、これまで他人であった男性と横に並んで未来へ歩んでいくもの。男性こそ、一緒に将来を形作っていけるようなポジティブな女性を求めているものです。それを後ろ向きな姿勢で恋愛に臨んでいるようでは、貴重な恋愛の芽を自ら潰している可能性もあり得ます。

受け身な態度

恋愛は、一般的に自ら飛び込んでいく行動力が求められます。飛びぬけて魅力のある女性であっても、要所要所で積極性を持って選択が必要なものが、恋愛です。それを「誰かいい人いないかな」とうっすら希望を抱きながら生活しているようでは、なかなか出会いは舞い込んできません。出会いの場を開拓していく努力は必須です。

自分に自信がない

考えてみてください。自分のことすら好きになれない女性が、他人である男性を好きになれるでしょうか。恋愛の第一歩は、自分を認めてあげることです。常に「私なんて可愛くないし」「私なんて彼氏ができるはずないんだ」と自分を貶めているような女性が、魅力的に映るはずがありません。自分に自信をもち、胸を張って生活することです。

日常的に女子会へ参加している

女性は、同じ境遇や価値観を持った同性を求めがちで、居心地がよく安住してしまう傾向にあります。もちろん女子会を否定するつもりはありませんが、彼氏のいない同性の友人たち同士で傷を舐め合っていては、成長は限定的です。また女性同士でつるんでいると、周囲の男性も声を掛けづらく、出会いの芽を摘み取ってしまっている可能性もあります。

男性に求める理想が高すぎる

プライドの高い女性によくみられる傾向ですが、男性に求める理想像が高すぎて、現実の男性とのギャップから恋愛に発展できないケースがあります。自分自身もそうであるように、100%完璧なステータスを持つ男性はそういません。妥協を知り、ちょうどよいラインで見切りをつける潔さも必要です。

彼氏ができない理由を受け入れて、改善する努力を

恋愛に対する姿勢を少し見直したり、ライフスタイルを工夫するだけで、あなたを取り巻く無限の可能性にきっと気づくはずです。今のままでは、あなたのよさを自分自身で潰してしまっている状況に変わりありません。ぜひ、あなたの魅力を最大限に引き出すことで、素敵な彼氏をゲットしてくださいね!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター