サムネイル

モテ?非モテ?ボーダーアイテムのあれこれ♪

ボーダーといえばボーイッシュなイメージがありますが、果たして男性ウケは良いのか?悪いのか?男性ウケを得るためにはどのようなボーダーアイテムの選び方が良いのか、またどんなコーディネートが良いのか、いくつかご紹介したいと思います!ボーダー好きな方もそうでない方も、ぜひご参考までに見てみてくださいね。

ボーダーの男性ウケは良いの?悪いの?

女性はボーダー好きな方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、
一般的にボーダーは男性受けが悪くモテないイメージと認識されてしまっていますね。
なぜかというとふわっと柔らかい女性らしさを求める男性は、ボーイッシュな男性的要素のあるボーダーは少し受け入れがたいようです。
いやいや、ボーダーめっちゃ可愛いのに!そう思う女性も多いはず。

でも今やお洒落アイコンとなっているボーダー。
ボーダーと一言でいっても様々なデザインや配色のものも数多くあります。
今回は「男性ウケ」に焦点を当てたボーダーアイテムをご紹介したいと思います!

ボーダーをさりげなく取り入れる!

ボーダーを着たことがない初心者さんにもオススメなのが、総柄ボーダーよりトップスの一部分だけボーダーがあるタイプのもの。
総柄よりも大人っぽい印象なので取り入れやすいです。
画像のようにワンピースやサロペットなどと合わせてボーダーが出る面積を少なくさりげなく着こなすとより女性らしい印象になります。

ボーダーの配色も大事!

いろんな配色の組み合わせがあるボーダーは色のチョイスの仕方でかなり雰囲気が変わるものです。
ホワイト×ネイビーやブルーは定番でありながら少しキツくなりがち。。
例えばホワイト×グレーの配色は柔らかく主張しすぎないカラーリングは、ふわっとした女の子らしい印象になります。
それにプラスしてボトムスはスカートなどボリュームがあるものを選ぶとより全体的に柔らかくなります。

女性らしい配色といえばやっぱりホワイト×レッド。
着るだけで気分も明るくなりますしこの配色ならパンツと組み合わせても甘さの中に程良くボーイッシュさが加わり、大人な雰囲気に。
パンツと合わせるなら小物選びも大事です。
このスタイリングならスニーカーを合わせてもとても可愛いのですが、「男性ウケ」ということで足元はパンプスで、バッグも女性らしさを演出するショルダーなど小さめのものが可愛いですね。

ボーダーのラインの太さについて

取り入れやすく可愛い印象になるのが細めのボーダー。
キツくなりがちなイメージを細めラインを選ぶことで可憐さもあり華奢感を出すにはもってこいです!
「ボーダーって太って見えそう…」
そんな認識を覆すのがこの細めボーダーなのです。

やっぱりお洒落さを出すなら断然太めボーダー!
個性的でインパクトがありますね、でも可愛い。
ただどうしても男性的なイメージになってしまいがち・・。
これを女性らしく着こなすにはシルエットが大事です。
例えば画像のようなワンピースタイプやAラインスカートなど女性らしいシルエットもの、トップスに太めボーダーを持ってくる場合はボトムスはふわっとしたシルエットのものがオススメです。

アラサー女子へ☆オススメコーディネート!

アラサー女子にオススメなコーディネートその①!
「ボーダー+ワンピース」。
ボーダーアイテムをインナーに、ワンピースを重ねるコーディネートです。
可愛くなりすぎないように重要なのは「ロング丈」。
ワンピースはサロペットやキャミスタイル、ボーダーがちらりと見えるもの。
リラックス感や大人の可愛さも秘めたラフなスタイリングです。


出典 https://wear.jp

オススメコーディネートその②!
「1枚でスッキリな大人ボーダーロングワンピ」。
インパクトがあるかのようのに見えるボーダーワンピですが、スッキリとしたシルエットに細めボーダーのものを選ぶことによって大人なリゾートカジュアルスタイルに。
胸元や背中が開いたものやスリットが入ったものはより女性らしく男性ウケはバッチリ☆
大人な余裕さも感じるワンピスタイルは、小物もシンプルに同色がオススメです。

選び方次第でウケもばっちり☆

いかがでしたでしょうか?
ボーダーと一言でいっても中々奥深いものであります。
選ぶアイテムによって印象はガラリと変わり、コーディネート次第で「男性ウケ」であるかどうかも変わってくるのです。

一番大事なのはやはり女性らしさに重点を置くことですね。
ボーイッシュなイメージから脱却するには女性らしいアイテムをプラスするということ。
ボーダーも様々なアイテムがあり選ぶのも楽しいですし、ぜひこれを機に自分の好きなボーダーアイテムで女子力アップさせていきましょう!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター