サムネイル

アラフォー独身突入!ペットを飼ったら本当に結婚できないのか聞いてみた

アラフォー世代の独身女性がペットを飼ってしまうと、婚期を逃すという言葉は昔からいわれている定説です。でも、最近はペットブームもあって一人暮らしの女性でもペットを飼う率が高くなりましたし、芸能人でもペットを飼いながら結婚している人も多いです。本当にペットは婚期を逃す原因となり得るのか、実態について調査してきました。

「かわいい猫と暮らしてみたいけど、結婚もしたいし…」

アラフォーになると、ある程度懐にも余裕が出てくることから、一人でいることの寂しさをペットで補おうとする傾向が見られ始めます。ところが、「独身女性がペットを飼うと婚期を逃す」という説を気にして、なかなか踏み切れない人がいることも事実です。かわいい犬や猫の画像を見て、なんとか我慢している人もいるかもしれません。そこで今回は、実際にペットと暮らしているアラフォー世代の独身女性たちから意見を聞いてきました。

アラフォー独身女性がペットを飼うのはあり?なし?

あり「ペットのおかげで新たな交流の幅が広がった」

婚活に前のめりになっていた頃は、毎日スマホとにらめっこでろくに出かけず、たまの外出は婚活相手とのデートだったというAさん。行動範囲が狭まっていき、悪循環を抜け出せずにいたときに思い切って大好きなチワワを購入。するとブリーダーや、近所のドッグラン、またSNSのペット仲間と、ペットを通じて自らの交流の幅が広がり、その中で出会いに恵まれ結婚したそうです。

ペットのおかげで新たな世界が開ける可能性もあるということですね。

あり「寂しさが紛れて精神的に安定する」

婚活で出会った相手と付き合っても長続きしないことが悩みだったBさんは、自己否定を繰り返していました。実家暮らしのため、見かねた母親が猫のスコティッシュフォールドを購入し、家に連れて帰ってくると、Bさんは猫にメロメロに。未だ独身ではありますが、毎日猫と遊ぶ時間が至福で、現状に満足しているそうです。

飼い主を無条件に愛し、肯定してくれる姿に癒される人は多いようですね。

なし「ペットは婚活の障害になり得る」

ペットを飼うと婚期を逃すといわれる大きな理由がこちら。ペットと暮らしていれば一人の寂しさも紛れますし、家にペットを残して外出することが躊躇われたり、ペット嫌いやアレルギーによって交際相手が限定されてしまうという問題があります。

Cさんは半年前から家でウサギを飼い始めたようですが、婚活の幅が狭まったと嘆いています。以前、男性を家に招いたときにペットの臭いを指摘され、口論になったとか。同じ価値観の男性を見つけることは、なかなか難しいようです。

なし「結婚できない理由をペットのせいにしたくない」

一方、Dさんは実家から連れてきた猫のアメリカンショートヘアと長年一緒に暮らしていました。結婚適齢期となり婚活をするもののなかなかうまくいかなかったとき、知らず知らずのうちにペットを言い訳にしていた自分に気が付いたそうです。結婚できないことには自分に原因があるのに、ペットを理由とする自分に腹が立ったのだとか。

そこで猫は実家に一旦預け、再び本腰を入れて婚活に邁進しているようです。

結婚には、ペットの有無は厳密的に関係がない

4人の意見を総合すると、厳密的にいってペットの有無は結婚に影響しないことがわかります。要は、自分の気の持ちようが重要で、ペットはその後押しをしてくれる存在ということです。ペットを飼うことで、心に余裕ができて婚活もうまくいくケースだってあります。これらの意見を参考に、よく検討したうえで判断してみてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター