サムネイル

SNS疲れ女子大量発生中!そんな時に心が浄化できる行動3つ

SNSは、もはや日々の生活に溶け込んでいる人も少なくありません。リアルでは出会えない色々な人たちと交流を持つことができるのがSNSの強みであり、面白さのひとつですが、最近はそのSNSに翻弄され、心身ともに消耗してしまう「SNS疲れ」を発症している女子が多いようです。

「500人のフォロワーの投稿、もう見きれないよ…」

ソーシャルネットワーキングサービス。略称SNSは、今や日々の生活になくてはならない存在となっている人も多いことでしょう。FacebookやTwitter、InstagramといったSNSは、利用頻度こそ差はあるものの、アラサーの年代の女子であれば、登録していない人の方が少ないかもしれません。

リアルで出会ったことがなくとも、同じ価値観を持っていたり、共通の趣味のあるユーザーと幅広く交流をもてることがSNSの強みであり、面白さのひとつです。SNSで発信することによって、日常が彩られたり、日々を前向きに過ごすことができているなら、SNSを上手に活用しているといっていいでしょう。

ところがその一方で、SNSに翻弄され、依存し、もはやSNSが生活の中心と成り果ててしまっている人がいることも事実です。「SNS疲れ」ともいえる症状は、もはや他人事ではありません。ちょっと疲れたな、と感じたときには既に危険信号が発信されています。悪化する前に、早めに手を打つことが肝心です。

SNS疲れを解消する行動3つ

一定期間、SNSから離れる

心身を消耗させる原因のSNSをやめることが、最も手っ取り早く、かつ効果的な方法ではありますが、今まで日常に溶け込んでいたSNSをある時からきっぱりやめることは、なかなか難しい決断だと思います。そこで、まずは「一定期間、SNSから離れる」ことから実践してみましょう。これが思いの外、効果があるんです。

SNSには、強い中毒性があります。「コメントを返さなければ」「すべての投稿をチェックしなければ」といった強迫観念をもってSNSを閲覧しているようでは、既に依存状態に陥っています。まずは、思い切ってすべてのSNSからログアウトし、アプリを削除しましょう。

その状態で、しばらく普通に生活をしてみてください。すると、SNSを通して知る情報がなくとも、実生活に何の支障もないことに気がつくでしょう。

SNS上の人間関係を整理する

本来、SNSとはリアルな生活とは切り離した自由なフィールドであるはずです。リアルな生活では、嫌な人とも関係性を構築する必要があるなど人間関係にしがらみがありますが、SNSでは好きな人とのみ繋がって、嫌いな人はフォローをしないという選択肢があることが、ストレスフリーなSNSの強みですよね。

ところが、SNSの中でさえも自分の望まない人と繋がり、それがストレスの一因となっているケースが多くあります。さまざまな人をフォローできるからこそ、無作為に色んな人と繋がってしまい、知りたくもない情報が目に入ることで無駄に精神を消耗してしまうのです。

そんな傾向がみられる場合は、SNS上の人間関係の断捨離を決行しましょう。リアルで人との関係性を絶つことはなかなかハードルが高いですが、SNS上であれば、クリックひとつで叶えられます。

人と自分を比較しない

SNS疲れの代表的な症状として、他人の投稿への嫉妬を発端に、本来の自分を必要以上に優れた状態に見せようと見栄を張ることで、心身ともに疲れてしまう悪循環があります。これを防ぐためには、「人は人、自分は自分」と割り切った思考で、SNSを閲覧することが必要です。

自分の今の生活や、自分に自信がないと隣の芝生が青く見えてしまうものです。きちんと自己を確立して、周囲に振り回されない姿勢を心がけましょう。

SNSは適度に楽しもう☆

SNSも、ほどほどに楽しむ程度であればそれが刺激となり、リアルの生活を充実させる助けとなります。SNSを上手に活用しつつ、素敵な毎日を過ごしてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター