サムネイル

どうしても医者と付き合いたくて2ヶ月限定で恋活してみた −前編−

婚活市場において今も昔も安定的な支持を得ている医者。「お医者さまとお付き合いしたい」ふとそう思ったので2ヶ月限定で本気で頑張ってみた結果、実際にお付き合いすることができたのでその方法を伝授します。

バリキャリOL、28歳。第2次結婚ブーム到来!!!

ごきげんよう、バリキャリOLのみなみです。酸いも甘いも経験し、出来るアラサー女として着々とキャリアを築く日々。そんな私も28歳。第2次結婚ブームが到来してしまい、少しだけ焦りを感じているのはここだけの話。

第1次結婚ブーム(25歳位)で結婚したゆるふわOL達が「旦那様にセリーヌのラゲージバッグを買ってもらいましたっ♡」と自慢気にSNSにアップするのを見て嘲笑っていたけれど、寧ろこれが真の女の幸せなのでは?と俯瞰できるようになったのは大人になった証拠かしら……。

と、言いながらもだんだんイライラしてきたので、次の日には新作を自分で買ってしまったわ。私、欲しいものは自分で手に入れる主義なの。

そろそろ結婚を考えられる人とお付き合いしたい…!!!

振り返ってみるとこれまで付き合ってきた元カレたちの業種は、外銀、コンサル、会計士…… と似たようなところばかり。だけど、広告代理店や商社マンみたいな「いただきまうす」「行ってきまうす」と連呼している連中と派手に合コンするという歳でもないのよね…。

バリキャリOLにとっては仕事は命。仕事に理解がある方ではないとそもそもお付き合いは難しいし、仕事人間だからこそお付き合いする男性の職業は気にしてしまうもの。

一周回って別世界で輝いている方とお付き合いしてみたい…。

あれ、28年間の人生でお医者さまと本気でお付き合いしたことがない…!

お医者さまってとても激務なイメージ。相手の仕事が忙しい分、私がバリバリ働いていても何も言ってこなさそう。そして何より社会貢献度が高い。人の命を預かっているお仕事をしている方に、不誠実な方は少ないはず。もしかしたら、結婚相手にぴったりなのでは…?

思い立ったらすぐ行動!そうだ、医者と付き合おう!

だらだらと続けていても意味がないので活動期間は2ヶ月。KPI(目標達成に向けて実現可能な数値をたてること)を設定し実践してみることにしました。

出会い〜デートまでのKPI

今回のPJネーム(PJ→プロジェクトの略)は、Doctor Loveにしてみた。(そのまんまw)
出会い→LINE交換→デートに至るまでの3つの指標から目標数値を立てることから始める。

出会いは作るもの。2ヶ月限定と時間がかなり限られているので、確実にお医者さまと出会える正攻法を狙っていきます。

友人の紹介

私の通っていた高校は、毎年何十人もの医学部合格を輩出する進学校なので女医の友人は多い。また出身大学にも医学部があるので、大学時代の友人を通じて紹介してもらおうという作戦。

友人からの紹介ということもあり、出会いの質は高いとみた。成功率は一番高そう。

合コン

鉄板の合コンは、手っ取り早く数人出会えるのでコスパは良い。
4:4の合コンを2回行うとして、出会いは合計8名。

今回の目的は「お付き合い」することなので、同じ合コンで複数人とデートしてしまうと後々バレた時悲惨な結果になるため、各2回の合コンから1名ずつデート選定することをKPIに設定。

出会いアプリ

恋愛市場における文明の利器「出会いアプリ」は、もちろん活用!
有名どころのペアーズやwith等はハイスペ男子の出現率が低いため今回は、Tinderと東カレデートをチョイス。

ヤリモク男が多いTinderだが、どの出会いアプリよりもハイスペ男子が集っているのは事実。
テキストでのやり取りと実際に会えば、テクニック次第でいくらだってヤリモク→本命に変えられるので問題なし。

東カレデートは、厳しい審査基準を設けていることからハイスペ男子の宝庫。期待出来そうです。

最初の2週間は種まき期間。

2ヶ月のうちの2週間は、種まき期間。

高校・大学時代の友人に片っ端から連絡「どうか私にお医者さまを紹介してください」と懇願。
巷で「合コンの女神」と呼ばれる広告代理店OLのミキにイケてる医者との合コンをセッティング。
Tinderと東カレデートに登録し、ひたすら右スワイプといいね!を送る日々。(指紋がなくなるかと思った)

この期間を怠ると出会いの質と数が減るので気は抜けません。

出会いアプリで選んではいけない男とは?

友人の紹介と合コンは、”質の高い”出会いの機会を作ることができますが選べません。出会いアプリは、良くも悪くも自分で男性を選ぶことができるので見極めが重要。またTinderの場合は、職業を詐称している方が稀にいるため注意して右スワイプをする必要があります。IIONNA読者の皆様が絶対に失敗しない為に、出会いアプリで選んではいけない男性の特徴を2点実例と共にご紹介します。

いきなりタメ口から入ってくる男

初回メッセージからいきなりタメ口で攻めてくる男性は、人間レベルが低い男性が多いので注意!

出会いアプリだからこそ、礼儀礼節を重んじるべき。一度もお会いしたことがない方に対していきなりタメ口を使ってくる男性に未来はありません。「年下だからタメ口でOK!」なんて社会で通用しませんよね。

お医者さまでこんなレベルの低い文章を送ってくる方がいるなんて… 職業差別かも知れませんが、ちょっぴりショック!

セフレ募集は論外

Tinder限定ですが、プロフィール欄に堂々とセフレ募集をしている方が稀にいます。

「セフレ募集」と記載することにより先方もターゲットを絞っているのは分かりますが、記載してしまっている時点で残念な男なのです。そもそもイケてる男ならそんなことを記載せずとも、実際に会ったらセックスの流れに持っていけますもの。

Tinderのプロフィール欄に「セフレ募集」と記載するようなセンスのない男を恋人候補にする気はないので、華麗に左スワイプしましょう!

努力の結果は後編で!

みなみの努力の結果は、後半で…!
次回、医者を落とすテクニックをご紹介します♡

続きは後編に乞うご期待!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター