サムネイル

結婚して痛感した、結婚相手の条件に絶対入れたほうがいいコト

一番大好きな人と結婚して、幸せな夫婦生活を夢見ていたのに…こんなはずじゃなかった!なんて思うことが、結婚をするとたくさんあります。結婚して、新婚生活を送ってからはじめて知った!これだけは絶対に外せない、結婚相手の条件に絶対に必要なことをご紹介します!

結婚してみて分かったこと

結婚前は、大好きで仕方なかった大切な人との結婚を夢見ていました。やっと好きな人と結婚して、素敵な結婚生活を歩めると思ったのに…こんなはずじゃなかった!と思うこともたくさんあります。結婚するならこの条件だけは絶対に外せない!結婚してから失敗した!と思ったことなど、結婚してから分かったパートナー選びの注意点についてご紹介します!

結婚相手の条件に入れておいたほうが良いこと!

ある程度認識をすり合わせておかないと、恋人同士のときはベストパートナーだと思っていたのに、結婚してからこんなはずはなかった……と、結婚を後悔することになります。そんな後悔をしないために、今回は女性が結婚相手を選ぶときに入れておいたほうが良い条件をご紹介します。

1.価値観が合う人を選ぶ

夫婦生活において、価値観が合わない人との結婚は大変です。無理して合わない人と結婚すると、日常生活に問題が起きてしまいます。バブル期であれば、性格ではなく収入がメインの条件として考えられていましたが、現在ではやはり性格が合わなければ一緒に夫婦生活を続けていくのは難しいです。

「価値観が合う」ということは、結婚してから子供を必要とするのか、金銭感覚が似ているかどうか、ということです。価値観の合う男性と生活すると、お金の使い方や子育ての仕方など、様々な面でストレスなく生活できますよ。

2.思いやりがある人を選ぶ

結婚生活において、互いに思いやりがなければ家庭内の空気は悪くなります。「主人がたかが洗い物をしたくらいで家事をやっている気分になってる!」と、文句も言いたいのも分かりますが…ここに思いやりを少し足すだけで、考え方は変わってきます。

「主人が疲れているのに洗い物をしてくれた。ありがとう!」こう考えると、自然と「ありがとう」と口にすることも増えますよね。「ご飯を作ってくれてありがとう」「今日は子供の歯医者に行ってくれたの?大変なのにありがとう」など、日常生活の中での思いやりを持って、感謝を口に出して伝えることが大切です。

3.安定した収入がある

いくら大好きでも、収入がなければ一緒に生活をしていくことは難しいですよね。最低限の収入に加え、妊娠と出産、育児のときに養ってもらえなければ生活は難しくなります。また相手のご両親と同居することになり旦那様の収入で暮らすすることになった場合や、自分の親の介護や介助で働けなくなったときに、一定額の収入がないと生活が困難になってしまいます。

2016年の国民の年収の平均は、某転職サイトの調べによると442万円。できれば400万円位の収入は欲しいところですね。

4.一緒にいて癒されるパートナー

一緒にいて、仕事でのストレスを癒すことのできる人と一緒にいると、幸せを感じませんか?逆に一緒にいてストレスが溜まるような人との生活は長続きしません。大好きな人に癒される喜びは、仕事をする女性にも家庭を守る女性にも必要なものです。この癒しがあるからこそ、明日もがんばれるのです!癒しは絶対に必要です。

5.食事の好みがあう人、食に対して興味のある人

毎日の生活の中で、食事は大切なものです。食生活が合わない人との結婚は、ストレスになる可能性があります。たとえば「目玉焼きの黄身は半熟派なのか固ゆで派か」という小さなことでも喧嘩になる夫婦がいます。さすがに、それで離婚に発展することはないと思われますが、和食が好みなのか、洋食が好みなのか、どんな食事でも喜んで食べてくれるのか、などはきちんと見極めてから結婚することをおすすめします。

結婚すると見えてくること

結婚すると、恋人同士だったときよりも二人の距離がぐっと近くなります。そうなると、今まで見えてこなかったものがたくさん見えてくるようになるのです。「結婚前は責任感もあって誠実な人だったのに、結婚したら全てが見せ掛けだった」こんなことも普通にあります。その為、結婚を後悔するようになるのです。そこで、結婚してから失敗したな……と感じたことをご紹介します。

結婚した途端に、態度が変わってしまった

結婚前はとても優しくて気遣いのある人だったのに、結婚した途端に冷たい態度に変わってしまった。結婚と同時に旦那さんの実家に嫁いだら、それまで自分の味方だったパートナーが突然敵になった。など、結婚した瞬間にパートナーの態度が変わることがあります。これは、どんなに仲の良い夫婦でも多少は感じることですが、あまりにも大きく変わってしまう場合は、結婚したことを後悔してしまうようです。

このようなことを結婚前に見抜くのは非常に難しいことです。しかし、よく見ていてください。ご両親に挨拶に行ったときのパートナーの態度や、パートナーの母と父の接し方など、いたるところにヒントは落ちていますよ。

マザコンなのかもしれない…

結婚式の打ち合わせ、子供の名前やお宮参りの打ち合わせなど、夫婦で決めるべきところに義母の意見が優先されてしまうことがあります。もちろん、義母も家族なのですから、多少の意見はしてきますが、義母の意見を優先的に決定してしまう旦那さんでしたら、ちょっと注意が必要です。そうなると、夫婦での会話も全て義母に筒抜けです。パートナーが不満に思ったことは全て義母の耳に入り、義母からあなたに不平不満が伝えられることになります。

マザコンを見抜くのは意外と簡単です。デートをしているときの話題の中に母親の話題が多いと感じませんか?一緒に食事をしているときも「うちの母親のほうが料理が上手」など、母親を自慢する回数が多く感じることはありませんか?この場合、マザコンの可能性がありますので、両親への挨拶のときにパートナーが母親に甘えたような言動などをしていないかチェックが必要です!結婚前なら、まだ間に合いますよ!

子供を大切に思ってくれない

せっかく待ち望んでいた子供なのに、なぜかパートナーから子供への愛情を感じない。子供が泣くと、子供に暴力を振るう。子供ができる前は優しい人だったのに、子供ができた途端に別人のようになってしまうことも少なくはありません。子供が生まれたら、子供のことは一緒に考えていこうと思っていたのに、全てあなたに丸投げするような人だと、結婚を後悔してしまいますよね。

子供が好きなのか嫌いなのかは、普段の行動で簡単にわかります。デート場所を子供の多い場所にしてみてください。子供が嫌いな男性なら、あまり良い顔をしませんよね。また、電車内に子供がいた場合の表情も注意して観察してみてください。赤ちゃんがいた場合、子供が好きな男性は自然とニコニコして赤ちゃんを見ています。このときに、子供についての話題を口にして、興味がなければ子供の存在を好ましく思っていない可能性があります。もし、パートナーとの結婚を強く希望する場合は、結婚後に子供をどうするのかを良く話し合ってみてくださいね。

金銭的な問題が多発する

結婚して、順調に幸せを育んでいたはずなのに、金銭トラブルに頻繁に巻き込まれてしまう。結婚してから気がついた、パートナーの金遣いの荒さ。不注意が多くて、車で事故ばかり起こすので出費が大変。など様々な理由から金銭トラブルに巻き込まれてばかりで、いつもお金の不安に悩まされている人も多くいらっしゃいます。愛情はお金では買えませんが、生活にはお金が必要なので、金銭トラブルが多いパートナーを持つと結婚を後悔します。

結婚前に、パートナーがどのようにお金を管理しているのか、きちんと見ておきましょう。たとえば、必要な支払いを全てした場合、手元に残った金額を全て食費と遊ぶためのお金にしてしまう男性がいます。この場合、給料日前あたりから質素な生活をしたり、デートに誘っても乗り気でないことが多いです。

まとめ

人によって、結婚の条件はそれぞれですが、やはり価値観や思いやり、収入の問題はきちんと考えておく必要がありますね。そして結婚する前に一度はパートナーの行動を見直してください。失敗のない結婚生活を送りたいものですが、その為にはパートナーを見極める能力が必要です。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター