サムネイル

年の差カップルのメリット・デメリットとは?

佐々木希さん✕渡部建さんなど15歳差以上の年の差カップルが増えてきていますよね。周りにも年の差カップルは増えてきています。年の差があるからこそのメリットもあれば、年の差が引き起こすデメリットもあります。年の差カップルのメリットデメリットをご紹介します。

「年の差」って何歳から?

年の差カップル、年の差婚とよく耳にしますが「年の差」とは何歳離れれば言うのでしょうか?
一般的には10歳の年の差があれば呼ばれます。
芸能界には年の差婚をしたカップルがたくさんいらっしゃいます。

・加藤茶さん&綾菜さん→45歳差!
・市村正親さん&篠原涼子さん→25歳差
・高橋ジョージさん&三船美佳さん→24歳差(残念ながら離婚)
・磯野貴理子さん&高橋東吾さん→24歳差(女性が年上)
・石田純一さん&東尾理子さん→22歳差
・堀北真希さん&山本耕史さん→12歳差

挙げ出したらキリがありません。
年の差はありますが、仲が良く年の差を感じさせないカップルが多いこと分かります。
では年の差カップル・年の差婚にどのようなメリットがあるのかみてみましょう。
気になるデメリットもご紹介しますね。

年の差カップルのメリット(男性が上の場合)

◆甘えられる
相手が年上だと大抵なことではケンカになりにくいです。少々わがままを言っても上手に甘えることで「かわいい」と思ってもらえます。こちらも肩肘をはらずに大いに甘えることができますよね。

◆経済的に余裕がある
やはり社会的に長く経験を積んでいるので経済的には安定している年代になっています。経済的に心配がないため結婚を考える時もスムーズに進むようです。

◆成長できる
経験豊富な相手と一緒にいると的確なアドバイスをもらえたり、相手の言動を参考にして知らず知らずに成長できます。またこちらもなるべく相手に近づこうとするので自ずと勉強になります。

年の差カップルのメリット(女性が上の場合)

◆若返る
相手が年下だと若いパワーをすぐ身近に感じることができ、自然と若い世代の感覚が身に付きます。また相手に合わせようと若返ることを意識しているので見た目や気持ちも若返るようです。

◆ケンカにならない
同世代や年上が相手だとついケンカになってしまいそうな時でも、「年下だから許せちゃう」という気持ちが芽生えるのでしょう。母性本能がくすぐられるので、甘やかすというよりもこちらが広い心で接することができるのでいつまでも仲良くいれる秘訣になります。

◆尽くしてくれる
一生懸命尽してくれる姿を見ると愛をより感じれます。喜ばせてくれようとしている姿が見えるとこちらもより応えようという気持ちが大きくなります。

◆体力がある
相手にはまだまだ体力もあるのでエッチをしていても十分満足させてくれます。遊園地に行ったり買い物に行ったりしても疲れることなく付き合ってくれます。

年の差カップルのデメリット(男性が上の場合)

もちろんメリットばかりではありません。デメリットもあります。

◆老後が心配
当たり前ですが、相手が先に年老いてしまうわけです。彼のご両親の年代も気になるところです。普通なら子育てが終わってから介護が始まると言われますが子育てと介護が同時になるかもしれないことは頭に入れておきましょう。
また1人で子育てになった時のために経済的な貯えもしっかり考えておかなければいけませんね。

◆話が合わない
いわゆるジェネレーションギャップです。見てきた映画や聴いてきた音楽も違いますし、子どもの頃に流行ったおもちゃも違います。カラオケに行ったら一緒に歌える歌がない!なんてことも。

◆子ども扱いされる
相談しても「まだ若いから」という一言で済まされてしまったり、意見しても聞いてもらえなかったり歯がゆい思いをすることもあります。キチンと取り合ってもらえないとバカにされているような気になってしまいますよね。

◆体力がない
エッチの満足度が足りないということもありますが、40代を過ぎるとガクンと体力は落ちるそうです。スポーツクラブなどに通ってもらい基礎体力をつけてもらわなくてはいけないかもしれませんね。

年の差カップルのデメリット(女性が上の場合)

◆彼の友だちに会いにくい
若い彼の友だちはやっぱり若い。そしてその彼女もやっぱり若い。みんなでバーベキューしようなんて提案されても日中の明るい日差しの下に若い子とはお肌のツヤがハッキリ違う、なんていう苦労があります。

◆出産の時期が気になる
彼はまだ子どもが欲しいと思える年代ではないけれど、こちらには出産のタイムリミットがあり焦ってしまうことがあります。彼が父親になりたいと思うのが先か、タイムリミットが先か..気になるところです!

◆社会的立場が高いと...
自分の方が出世していたり収入が高い場合もあります。それを糧に向上してくれる彼だと頼もしいですが、経済的な出費はこちらの方が多くなることもありそうです。

◆浮気が心配
彼の周りの同世代の女の子にやきもちしてしまうこともありそう。若さには何物にも勝てないパワーがあります。彼を信じる気持ちを保つことが大切です。

仲良く続けるコツ

メリットもデメリットもある年の差カップルですが、そこで無理をしてしまうと長くは続きません。
一般的な年の差とは違い、好きになった者同士という考えを常に持ち続けましょう。
お互いの発言は軽視せず興味を持つことが大切です。ジェネレーションギャップと捉えるか、新しい考え方と捉えるかはあなた次第です。
その年代年代で価値観の違いはあるので「自分こそ当たり前」という考えも捨てましょう。思い込みを捨てれば新しい情報がたくさん入るようになり視野も広がるはずです。
そして何より大切なのは相手を思いやる心です。小さなギャップはあれどそこに囚われることなく、思いやりを持ち相手の気持ちを重んじるようにすることが大切です。

現在を大切にしましょう

年の差カップルが知り合うまでには様々なシチュエーションがあったことでしょう。
会社の上司と部下、先輩後輩、学校の先生と教え子など。ですが、お付き合いが始まってからは徐々にその関係は思い出にとっておきましょう。大切なのは「現在」の関係です。ケンカになりやすいポイントやシチュエーションなどを把握して年の差のハードルは跳ね除けてしまいましょう。相手を思いやって素敵なカップルになりたいですね♪

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター