サムネイル

一発で脈ナシに!合コンの後で「送っちゃいけないLINE」4つ

合コンの後のLINEは意外と重要!せっかくの出会いを無駄にしてしまう、送っちゃいけないNGなLINEをご紹介します。実りそうな恋を冷めさせるのも、一気に彼との距離を縮めるのも、あなたの送るLINE次第!効果的なLINEを送って恋のスタートを切りましょう♡

合コンの後、送っちゃいけないLINEってどんなの?

合コンの後、男性にお礼のLINEをしますよね?

好みじゃない男性にも一応お礼のLINEは送るでしょうし、気になった男性には特に、好印象になるようなメッセージを一生懸命考えて送っていると思います。

なかには合コン慣れしすぎて、定型文のようなLINEを流れ作業のように送ってしまっていることもあるのでは?何気なく送ったLINEでも、相手にとっては恋が冷める原因になってしまっていることがあります!

合コン後のNGなLINEを4つご紹介します。
恋のチャンスを逃さないために、いま一度、あなたのLINEを見直してみましょう!

一発で脈なしに!合コンの後で送ってはいけないLINEとは?

全員に同じ内容のLINE

合コンの後、みんなに同じ内容のお礼メッセージを送っていませんか?

男性陣も女性陣同様に合コンの後に反省会をしている可能性が高いですし、翌日会社で「あのあと連絡来た?」などと情報交換をしていることも多いです。

そこに同じ内容のLINEを送っていると、
「なんだ、社交辞令か」
「コピペじゃねぇか!笑」
「俺たちは見込みないな」

と思われてしまいます。

仮に好みの男性がいなかったとしても、後々の飲み会や紹介のつてとしてキープしておきたいのなら、
一人一人に心のこもった内容のメッセージを送ることを心がけましょう。

「またみんなで飲みましょう♪」

「今日はとても楽しかったです!またみんなで飲みましょう♪」

誰もが送りがちなメッセージですが、気になった男性に送るのはNGです。

送った側は、また会いたい、という意味も込めているかもしれませんが、「2人では会いたくないってことかな」と捉えられる可能性があります。

みんな良い人だったし友達として付き合っていきたい!という場合でも、こんなLINEが来たら男性側は「脈なし」と感じて今後連絡しようとはならないでしょう。

誰からのLINEか分からない

合コンでは男性は複数の女性とLINE交換をします。全員の名前を覚えるのでさえ大変なのに、お酒の席ではさらに記憶力は低下します。

LINEで「昨日はありがとうございました。」とメッセージが来ても、アイコンが本人の顔じゃないと誰か思い出せないことが多いです。

アイコンを顔にしておくのが一番いいですが、顔出しに抵抗がある人はメッセージ中に、合コンで話した内容や服装、座っていた場所など、本人を特定できる情報を散りばめましょう。

「昨日は楽しかったです!斜め向かいでペットのお話をしたマイコです♡」

こんな感じにすると、思い出してもらいやすくなります。顔も話した内容も覚えていない人を、次回誘おうとは思いませんからね。

交換してないのにLINEが来た!(恐怖)

・LINEを交換するタイミングがなかったから友達に聞いた
・グループLINEから直接LINEした

よくあることだと思います。でも直接LINE交換していない人から突然メッセージが来たらはっきり言って恐怖です。
仮に相手も同じように気になっていたとしても、「この子はマナーがなってないんだな」とガッカリされてしまうかも知れません。

LINE交換していない人にメッセージを送るときは、
・どういう経緯で送ったのかを説明する
・突然の連絡を詫びる
というマナーを守り、相手を不快にさせないようにしましょう。

「突然の連絡ごめんなさい>< また会いたいなと思ってたんだけど、LINE交換するタイミングがなくて。友達の○○に聞いて連絡してしまいました。良かったら友達追加してもらえると嬉しいです!」

これくらいの説明をしておけば大丈夫でしょう。

もしかしたら、男性はあなたと連絡を取りたくなかったという可能性もあるので、相手から「連絡ありがとう!」「友達追加したよ!」などのポジティブな返信が来ない限り、こちらから連絡するのは避けた方がいいでしょう。

返信がなかったら、脈がなかったんだとその場は諦めましょう。

思いやりとマナーを守りつつ、しっかり自己アピールを!

合コン後のNGなLINEをご紹介してきました。

合コンでせっかく良い印象を与えても、その後のLINEで幻滅させてしまうことがありますし、
逆に、合コンで全然話せなかったのに、お礼LINEで好印象を与え次のデートにつなげることも可能です!

合コン中の成果だけにとらわれず、抜かりないお礼メッセージで相手の心を鷲掴みにしましょう!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター