サムネイル

「妻だけED」にならないために!いつまでも女でいるための秘訣

「妻だけED」って知っていますか?じつは最近「妻だけED」という病気が原因で夫婦仲に亀裂が…ということが増えているのです。でも「妻だけED」って具体的にどんな病気なの?単なる男性の性的能力の低下でしょ?と、思いますよね。そこでこの記事では「妻だけED」がどんなものなのか、どうやって予防するのかを解説していきます。

妻だけEDってなに?

「妻だけED」というのをご存じでしょうか?簡単に言いますと、男性が婚姻後に妻だけに性的な反応が起こらなくなる状態のことを言い、普通のEDとは違うため「妻だけED」と呼ばれるようになりました。

そんなことってあるの?と、思いますが、実際にこの「妻だけED」というものに悩まされている夫婦はたくさんいらっしゃいます。

でも、なんでこんなことになるの?できれば、このような状態になりたくありませんよね。今すぐ何とかしなくちゃ…と焦るのは分かりますが、待ってください。

じつは男女で「女」というものの魅力の感じ方には違いがあります。そのため「妻だけED」にならないための努力を女性視点で行っても、うまくいかない場合があるのです。

え…ならどうすれば良いの?

そこでこの記事では「妻だけED」にならないために、男性が魅力を感じる女性でいるための秘訣についてを男性目線でご紹介します。

実際に数名の男性に伺った方法なので、もしも「妻だけED」について本気で考えている場合には実践してみてください。

裸で歩き回らない

妻だけEDにならないために、ふだんから部屋の中を裸で歩き回らないように心がけましょう。

結婚前は恥じらうことが多かったはずなのに、どんどん互いの体に見慣れてしまい、だんだん部屋の中を裸で動き回ってしまう…なんてことがあると、男性は女性としての魅力を感じなくなってしまうと言われています。

実際に、知人男性数名に聞いてみたところ、やはり裸になるのは特別な場合のみにして欲しいという意見が多くありました。ただ、お風呂や着替えなどは気にしないという意見もあり、偏った言い方をするなら「裸族で生活しないで欲しい」というのが本音のようです。

柔軟体操をしたり体を温めるようにする

一部の男性からの意見によると、普段から体を温める柔軟体操などをしている女性は、抱き心地や体の具合がとても良いそうです。やはり、抱き心地が良くてセックスのときの具合が良い女性はとても魅力的です。

そのため、いつまでも女性として見られたいのであれば、

・柔軟体操をして骨盤の開きや関節を柔らかくして体内の状態を良くする
・セックスの前に体温を上げて体内からきれいにする
・普段からお風呂にゆっくりつかる習慣をつける

など、このような工夫をして魅力的な体を作るのがおすすめです。

男性のやる気を奪う発言や行動をしない

普段から、相手のやる気を奪うような発言をするのは控えましょう。

男性のやる気を奪う発言が多いと、妻または彼女に対して女性ではなく「口うるさい母親」というイメージが付いてしまうことがあります。そのため、日常で男性のやる気を損ねるようなマイナスの発言をするのは抑えて、プラスになるように心掛けるのが大切です。

具体的には、

・あなたは〇〇だからダメ
・どうしていつもできないの?
・うるさいから黙ってくれない?
・邪魔なんですけど

など、このように男性の気分がマイナスになるような発言や、ほかにも男性が嫌がるような発言を慎むようにしてください。

女性ホルモンを分泌させる

妻だけEDにかかわらず、パートナーとの性生活を長引かせるためのコツは女性ホルモンを分泌させることです。じつは、女性ホルモンは普段の生活の中で簡単に減少してしまうもので、とくに不規則な生活や食生活の偏り、ストレスなどで乱れてしまいがちです。

でも、どうして女性ホルモンが乱れると良くないのでしょうか?

結論から言いますと、男性は女性のホルモンに引き寄せられる傾向があります。これは「パートナーの排卵日が近いと自分の性的欲求も高まる」という理由があります。

そのため、普段から規則正しい生活とバランスの良い食生活を心掛けてください。

体系を維持する

体型の維持は女性としての外見だけでなく、正常なホルモンバランスの維持にも影響します。痩せすぎても女性ホルモンが少なくなりますし、太り過ぎても女性ホルモンが減ります。

実際に、太り過ぎて男性ホルモンが活発になってしまい、生理が止まり、ヒゲが生えてしまった女性もいらっしゃるとか…そんな状態にならないように、体型維持はしっかりしておきましょう。

会話を大切にする

会話ってとても大切なものです。普段から会話のない夫婦はセックスレスになりやすいとも言われていますし、なにより一緒に会話をしていて楽しくない女性と体の関係を続けていこうと思う男性は少ないです。

そのため、普段から会話をしっかりとして、パートナーとのコミュニケーションをとるように心がけてください。

また、パートナーと会話することで、自分が女性であることを自覚することもできます。女性であることを忘れてしまうと、ホルモンバランスも崩れますので、しっかりコミュニケーションを取るようにしてくださいね。

まとめ

妻だけEDって怖いですよね。せっかく結婚したのに、自分にだけ反応してくれないなんて悲しいです。こんなことにならないように、普段からパートナーとのコミュニケーションや、自信の女性としての魅力を損なわないように注意していきたいですね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター