サムネイル

節約できない!お金を貯められない女性がやってみてほしいこと

節約しないと!…と思っても、何かと理由をつけてついついお財布の紐がゆるくなる。貯金しよう!と決意しても気付いたらお給料、全部使っている…!?という女性に向けて、ほんの小さな行動で今までよりも節約と貯金ができる方法をご紹介します。

貯金できない原因を考える

なぜ貯金ができないのかと考えてみると、人それぞれ様々な原因が見つかると思います。自分が何に一番お金を使っているのかを明らかにするのがポイントです。

オシャレが大好きな女性は洋服やアクセサリー。飲み会が好きな方は、友人から誘われたらすぐに遊びに出てしまい気づいたらすっからかん。1日に何回もコンビニに行き無駄な買い物をしてしまう方も多いです。またネットショッピングをカード決済にしている方は、お金を使っている感覚がないので無意識に散財してしまっているかも。

自分が一体何にお金を使っているのかを明確に理解することから始めましょう。

お金を貯められない女性がやってみてほしいこと

お給料を自動積立にする

自分でお金の管理ができない方は、銀行の自動積立システムを利用して強制的に貯金をするという方法が最も確実かと思います。

銀行で手続きさえしてしまえば、あとは毎月自分が決めた日にちに決めた金額が自動的に積み立てされていくので、残りのお金で毎月やり繰りするということになります。しかし最初に張り切って無理な金額を自動積立してしまうと、毎月ギリギリの生活となり結局自動積立を解約するということにもなりかねませんので、自分の生活に無理のない金額を設定することをおすすめします。

会社の財形貯蓄のシステムも同じなので勤務先に財形貯蓄のシステムがある方は、それを利用するのもあり。

500円玉貯金をする

家に帰ったらすぐに、お財布を取り出し500円玉を貯金箱に入れるというのもいいと思います。「毎月◯円貯める!」と決めてもいきなり実行するのは難しいと思うので、毎月いくらか決めずに、とりあえず500円玉のみを貯金にまわすという方法ならできるという人もいると思います。

そして簡単には開けられない貯金箱にすることも大事です。いつでも簡単に開けられるとやり繰りが厳しくなったときに「ちょっとならいいか♡」と貯金箱に手を伸ばしてしまうかもしれないからです。また、貯金箱を常に目につくところに置いて、1日の終わりに必ず500円玉を貯金箱に入れるという習慣を作ることも大切です。

お店に入らない

仕事帰りやお休みの日に特に目的もないのにお店に入り、何かしら買い物してしまう方。そもそもお店に入るのをやめましょう。

そうは言っても、買い物しなくてはいけない用事は必ずあるので、日を決めて必要なものはその日にまとめて買い物をすることにして、何もない日はお店に近寄らないことにする。それだけで無駄な買い物は大幅に減ります。職場の帰り道に誘惑されるようなお店がある方は頑張ってフラフラお店に入らないように自分に厳しくすることが大事です。

実際に、近くに沢山お店がある職場で働いていたときはいつの間にかお金がない!ということが多かったのですが、転職してまわりに何もない職場で働きだしてから毎月特に考えてやり繰りをしなくても貯金が増えたという経験があります。

ネットショッピングのアプリを削除

ネットショッピングで気付いたら毎月の請求が結構な金額に…という人は思い切ってネットショッピングのアプリを削除してみるのもいいかもしれません。

不便に感じるかもしれませんが、ネットショッピングって絶対に必要かと言われたら実際はそうでもないのです。ネットショッピングあるあるですが、ポイントが倍になるからとポイントを稼ぐためや送料無料にするために買うつもりのないものまで買ってしまうことが多いですよね。冷静に考えるとかなりの無駄使いです。思い当たる方は、今すぐ削除してみてはいかが?

カードを捨てる

カード決済は目に見えてお金が減るわけではないので、こまめにいくら使っているのかを把握しておかないと、知らない間にすごい請求がくるということになりがちです。

そして支払いがキツいから…とリボ払いなどの金利の高いシステムを利用してしまい結局余計なお金を支払っている…なんてことになれば、貯金どころか借金を背負うようなことになります。こういう話は実際OLさん達の中に結構あるようです。カードで買い物ばかりしている人はカードを思い切って解約して現金のみでやり繰りしてみましょう。

誰かに渡す

最終手段です。どうしても自発的に動けないなら、家族か信用できる友人などに頼んで、強制的に毎月決まった額を徴収してもらうという方法はいかがでしょうか。

自分が拒否しても無理矢理毎月お金を渡させるように最初に頼んでおくのです。これなら自分に甘えが出たときでも、約束したでしょ、とお金を取り立ててもらえます(笑)ただし、お金のことなのでできるなら身内か、他人に頼むのなら本当に信用できる方に選んでおかないと、後々金銭トラブルになる可能性もないとは言えないので、渡す相手選びはしっかり考えましょう。

お金を使う手段自体を断ち切る!

貯金がなくて実際に心底困った!という経験がなければ、元々貯金癖のない人がいきなり貯金を増やすというのは難しいのではと思います。
なのでそもそもお金を使う要素や手段自体をなくしてしまうという方法をご紹介しました。今年は真剣に節約して貯金したい!という方は是非ご紹介した方法を実践してみてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター