サムネイル

彼とケンカ!お互いが気持ちよく仲直りできるイイオンナテク5つ

大好きな彼と一緒にいると、たまにはケンカもしますよね。でも、ケンカをした後、どうやって仲直りをしたら良いのか悩みませんか?このままケンカしたままにするのはちょっと嫌だし、仲直りの仕方もイイオンナはかっこいい!そこでこの記事では、彼と喧嘩した時に気持ちよく仲直りできる方法を5つ詳しく紹介していきます。

どうやって仲直りすれば良い?ケンカの後に仲良くなる方法は?

いつもはラブラブなのに、今日はもう我慢できない!と、爆発してしまい、彼と大きなケンカをしてしまった…そんなことは誰にでもあります。こんな時、どうすれば良いのか。
結論から言いますと「ごめん」とひとこと言えば良いのです。
でも、それってシンプルですがとても難しいですよね。大人になればなるほど仲直りって難しくて、でも、ギスギスした雰囲気のままだと苦しいです。
そこでこの記事では、お互いが気持ちよく仲直りできるための方法を5つ紹介します。

自分から謝る

ケンカになった理由はともかく、男性から謝ってくることはほとんどありませんので、自分から謝ってしまうのが一番早い解決方法です。ケンカの原因は本当に様々です。相手の悪いところに我慢できなくなってしまったり、互いの価値観が違っていたり、時にはこちらは一切悪くないのにケンカになる場合もあります。
ですが、ケンカをしているのですから自分にも非があるところは絶対にあります。そのため、自分から謝って、ケンカの雰囲気をなくしてあげるのが一番早い方法なのです。
しかし、とても簡単な方法なのですが、若干のリスクがあるため注意が必要です。たとえば、毎回ケンカのたびに自分から謝っていると、完全にこちらが悪いからケンカになるのだと上から目線で接してくる方もいます。
そのため、自分から謝れるケンカの場合にはさっさと謝ってしまい、どうしても折れたくないケンカのときには別の方法で仲直りが出来るようにするのがおすすめです。

距離を置く

ケンカの最中って互いにヒートアップしていて冷静な判断ができなくなってしまいます。そこで、取り合えず距離を置いてから話し合うのが効果的です。
ケンカのときに距離を置いたり、時間を置くことで自分の発言やケンカの原因を冷静な頭で特定でき、解決するための方法が見つかる場合があります。そのため、気持ちが落ち着いていない状態のまま一緒にいるのではなく、互いに少しだけ距離を置いてから仲直りをするのがおすすめです。
ただし、この場合にはケンカ別れをしてしまうリスクもありますので注意してください。

話し合う

互いに改善してほしい不満があるから爆発してしまう。だからケンカになるのです。そのため、よく話し合って解決の道を探すのも、今後のためにとても良い方法だと思います。
とくに、相手の男性がまだ幼い思考の場合には、話し合う方法で解決するのがおすすめです。しっかりと冷静になって、何が悪いのか、どうすれば良いのか、今後のルールなどをしっかりと決めて、そのうえで自分にも非があることを説明して謝るのが効果的です。このとき、あくまで事務的になったり、感情的になったりしないように話を進めていくのがポイントです。

割り切って普段通りに接する

私が一番良く使う方法なのですが、割り切ってケンカの後でも普段通りに接する方法もあります。なぜ、このようなことをするのかと言いますと、ケンカした状態のままだと日常生活に支障が出てしまいますし、効率が悪いからです。
割り切るのが難しい場合もありますが、大人なのでやはり日常生活に支障が出てしまうと不便です。そのため、ケンカはケンカ。普段の生活は普段の生活で割り切って接する方法もあります。

寝るときに「ごめんね」

同棲している相手とケンカをしてしまったとき、とっても困りますよね。
面と向かって謝るのが難しい場合、寝るときに「ごめんね」とひとこと言うのも効果的です。起きているときに謝るのって難しいですが、寝るときなら部屋の明かりも消えて顔が見えなくなりますし、暗くなると人間は冷静に物事を考えられるようになります。この2つの条件を利用して、きちんと謝りましょう。もしも彼が背を向けている場合には、背中にくっついて謝るのも効果的です。もしも相手も謝るタイミングを伺っている場合は、この時に素直に仲直りができますよ。

イイオンナは仲直りもスマート!

ケンカの後の仲直りって本当に難しいですよね。私もたまにケンカをしてしまうのですが、謝るのに苦労したり、面倒だからそのまま普通に過ごしてしまうこともあります。
しかし、ケンカの後の仲直りの仕方で、今後の相手との付き合い方も変わってきます。そのため、仲直りはしっかりとしておくのがポイントです。また、恋人同士の場合にはケンカの後の仲直りの仕方次第では愛情が深まる場合もあります。あまりケンカばかりするのも問題ですが、やはり多少のケンカは必要ですね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター