サムネイル

だから別れる!社内恋愛が長続きしない女の特徴8つ

社内で一人くらいは見かけたことのある、社内恋愛をしていても長続きしない女性っていますよね。私も以前勤め先で社内恋愛を何度も繰り返す女性を見ていましたが、なぜか長続きしないんですよね。そればかりか、何度も同じことを繰り返しているんです。これってなんで?じつは、社内恋愛が長続きしない女性には8つの特徴があったんです。

社内恋愛が長続きしない女性って?

社内恋愛をしていて、いつもすぐに別れてしまう女性っていませんか?私も勤めていたときは、社内恋愛禁止なのに周囲にバレバレの女性や、別れた後に険悪な雰囲気で周りに迷惑をかけてしまう女性を何人か見てきました。この間はあの人、でも今はこの人…どうしてこんなに何回も別れるの?
じつは、社内恋愛中にすぐに別れてしまう女性にはいくつか特徴があります。
そこでこの記事では、社内恋愛が長続きしない女性の特徴を8つ紹介して、どうして社内恋愛が長続きしないのか、社内恋愛に向いていない理由について詳しく解説していきます。

嫉妬深い女性

嫉妬深く、仕事中に彼がほかの同僚女性と言葉を交わしただけで怒るような女性は、社内恋愛で長続きしません。嫉妬は女の可愛らしさ…なんて言う男性もいますが、毎回嫉妬ばかりされていては仕事にならず、うんざりしてしまう男性もいます。そのため、嫉妬はほどほどにしましょう。

一途になれない女性

会社ってたくさんの女性もいれば、たくさんの男性もいますよね。中には、社内恋愛中に何人もの人とお付き合いしてしまう女性もいらっしゃいます。しかし、そんな女性は1人に二股がバレれば、他の人にもバレてしまいます。また、ほかの社員に迷惑をかけるようなトラブルに発展する可能性もあるため、1人の人とだけ恋愛をしましょう。

依存してしまう女性

プライベートでは対等ですが、会社では立場があるため言葉もきつくなりがちです。そんな彼の一言に一喜一憂して仕事がはかどらないのでは、社内恋愛は長続きしません。彼の言葉に左右され、機嫌がよくなったり悪くなったりするのはやめましょう。

口が軽い女性

なんでもペラペラ話してしまう口の軽い女性は、社内恋愛には向いていません。たとえ社内で公認の中でも、プライベートをほかの社員に話されると、相手の男性も嫌な気持ちになります。「家ではこんなに甘えん坊だし、何もできないくせに~」なんて言われたら、男性の立場は全くありませんし、プライドも傷つけてしまいます。なんでも口にするのは止めましょう。

公私混合してしまう女性

プライベートでも会社でも甘えたような口調で彼と接していませんか?せめて会社にいるときは使い分けて!なんて場面も、よくありますよね。私もしょっちゅうそんな人を見かけていましたが、正直迷惑です…。公私混合は止めて、会社とプライベートをしっかり使い分けましょう。

未練がましい女性

社内恋愛で一番困るのは、別れた後ですよね。どうしても気まずいですし、かといって会社を辞めるわけにもいきません。
そんなとき、別れた男性と顔を合わせるのが嫌で、つい避けてしまい仕事に支障をきたしてしまうような女性は社内恋愛には向いていません。また、別れた男性に嫌がらせをするようなタイプも絶対に社内恋愛に向いていません。難しいかもしれませんが、社内恋愛で別れてしまった場合でも、できるだけフレンドリーに接していけるように努力しましょう。

必要以上に意識してしまい会話をしなくなる

社内恋愛でありがちなのが、付き合っていることをばれないように意識してしまい、不自然に会話しなくなる女性です。今まではあいさつや日常の会話をしていたのに、急に会話がなくなったら不自然ですよね。周りも二人の間に何かあったのかもしれない…といろいろ考えてしまい、雰囲気が悪くなってしまうことも…。そのため、自然な会話くらいはできるようになっていたほうが良いですね。

隠し事が苦手な女性

とくに社内恋愛禁止の場合に注意しなければならないのが、付き合っていることを絶対にバレてはいけないというルールです。このルールを守るのって、じつは簡単のようで難しいですよね。休日も一緒に近場に出かけられませんし、週末のお泊りも結構大変です。このように、しっかり隠し事ができる女性なら問題はないのですが「バレないから大丈夫だよ~」と彼とおそろいの物を身に着けて出勤したり、同じ香水を使ったりする女性は、社内恋愛をしていることが簡単にバレてしまうため、社内恋愛には向いていません。

社内恋愛はルールを守って!

恋愛なのでコントロールするのはちょっと大変ですよね。ハマったら抜け出せない…そんな女性も多いと思います。しかし、社内恋愛にはリスクもありますので、最低限のルールが守れない場合は周りに迷惑をかけてしまう可能性もあります。もしも紹介した特徴の中に当てはまっている場合は、もしかしたら社内恋愛に向いていないかもしれませんので注意してくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター