サムネイル

もはやネタ(笑)!わたしや女友達の合コン失敗談

合コンに参加したとき「まさかこんなはずでは…」といった失敗談、結構ありますよね。悲しくなるほど失敗続き。こんなんでは素敵な男性に出会えるはずもありません。今回はわたしや女友達のちょっと笑っちゃうような失敗談から合コンで成功するカギを見つけてみましょう。きっと次の合コンでは成功できる…はず。

合コンにおける失敗とは

あなたは合コンに行くときに、どんな目的で参加をしていますか?
もちろん異性との出会いを求めて参加する人も、ただ飲み会を楽しみたいから行く人も居るでしょう。中にはパートナーは居るけど自分の女性としての価値を再確認したいからなんてツワモノも、人数合わせで仕方なく…なんて人もいるかもしれません。

合コンにおける失敗はその目的によって変化するものでもありますから、まずは自分がどんな目的で参加するのかに合わせて「どんな振る舞いをするべきか」しっかりと作戦を立てることが重要です。これから紹介する失敗談を他人事とは思わずに、しっかり失敗から成功のカギを学んでいきましょう!

失敗①トーク力のない女子が集まりすぎた

わたしがまだ20代のころの失敗談です。男友達に4対4の合コンをしようと誘われて、会社の同期である女友達3人を連れて合コンをすることに。いつも飲みに行く仲で、私は学級委員タイプで、1人は空気読めないハイテンション女、あとの2人は天然の不思議ちゃん系というメンバー構成。

いざ合コンに行ってみると1人は空気を読まずにハイテンショントークを繰り広げるので、相手の男性はつまらなそうでもその場は盛り上がっているように見えるからいいとして、問題は天然不思議ちゃんコンビ。男性に話を振らずに2人にしかわからないようなトークをし始めてしまい、男性がトークに入れない状態に。

なんとか男性側にリードしてもらいたいと思っても、男性側も自分たちのわからない話をされてしまっては打つ手なし。私もそんな状態を打破できるほどのトーク力は持ち合わせておらず惨敗。合コンのあとは二次会ではなく反省会が行われました。

失敗②女性同士も初対面

これは人数合わせとして合コンへ参加した時の失敗談。これまた4対4の合コンだったのですが、男性は地元の友人同士なのに対し、女性側はなんとほぼ初対面という合コンでした。というのも幹事の女の子は異業種交流会が大好きという意識高い系女子で、合コンでは異性との出会いの他に「性別問わず幅広い方と知り合いたい」という目的も持ち合わせていたため、全員ほぼ初対面という女性たちが集められました。つまり「男性4:女性4」の合コンではあれど、女性側からすれば「知らない人6:知っている人2」の合コンがはじまってしまったのです。

私も今まで何度か幹事を経験した際、人数合わせで仕方なく「会社の同僚と高校の時の友達」を呼んでしまうようなことはありましたが、いざ自分がその立場になってみると気まずくて仕方なかったです。男性側に「誰がどの子の友達で、この子とこの子は初対面で…」なんて説明をしているだけでどんどん時間は過ぎていきますし、いろんな人がいろんなところで気をつかって説明的に話さないといけなくなってトークが複雑化していまいち盛り上がらず。異業種交流会としては成功かもしれませんが、合コンとしては失敗でした。

失敗③幹事同士がイイ感じの合コン

これ結構あるんですけど、男女の幹事同士が「2人で会うのはまだ早いから、友人を呼んで合コンということにして飲み会しよう」的な合コン、これはもうすでに失敗です。その時点で幹事からしたら呼ばれた方はもうお飾りですし、女友達から先に「わたしあの人のこと気になっているの」なんて宣言されてしまったら、合コン中は恋のキューピッド役お願いねと言われたようなものです。

実際行われた合コンでは、まずは幹事の2人はテーブルの端っこに向かい合って座り、残りのメンバーは適当な場所に着席させられます。そしてあとは「お好きにどうぞ」という感じ。はじめは仕切ってくれるし、幹事同士が仲良しだと合コン自体は盛り上がるので助かるのですが、気が付くと幹事2人だけのラブラブトークがはじまり「もう2人で違うお店で飲んでほしい」と思ってしまいました。

失敗④女性にとって可愛い女子を揃えすぎた

自分的にはかわいい女の子を揃えたつもりでも、男性からしたら「期待して損した」なんてことがありました。女性がイケメンと出会うことを期待して合コンに参加するのと同じように、男性だって美人でかわいらしい女性が来ることを期待しているのです。女子が言う「かわいい」は信用できないとよく男性は言いますが、ごもっともだと思います。

女性が女性に対して「かわいい」というのは、見た目だけでなくファッションや性格などひっくるめて言っている場合が多いです。男友達に対して個人的に紹介するときはそういった子をおすすめすると喜ばれますが、合コンでは違います。合コンには合コンにあった少し派手な華やかさのある女性が好まれます。

実際に「女子がおすすめする女子」を揃えた場合の合コンでは、男性の方があんまり盛り上がらず、女性のほうが無理に盛り上げようとして過度な自虐ネタを話して男性がドン引きして悲惨な結果となってしまうことがありました。

合コン成功のカギ

いかがでしたか?合コンにおける失敗には様々な原因があるのですが、共通しているのは合コンに参加した全員が楽しくないとそれは失敗だということです。合コンに参加した人全員が楽しくなるように、合コンというテーマに沿った期待を裏切らないメンバー選びや幹事同士の協力があり初めて成功します。何もしないで男性に盛り上げてもらおうなんて考えずに、お互いを思いやってその場を盛り上げようとすることが合コン成功への近道です。

「お酒を飲みすぎて失敗」「下ネタを連発しすぎて失敗」なんて例はよくある話ですが、それは合コンの失敗談ではなくて、人としての失敗談です。大人の女性として恥じることのないように、自分と出会った人すべてが笑顔になれるよう振る舞うことができれば自然と良い出会いが訪れるはずです。一度の失敗でめげることなく、失敗をバネにまた次の合コンへ繰り出しましょう!

自分で合コンを開催するのは面倒。
一人だから合コンをしたくてもできない。

そんな悩みがある方は合コン・パーティセッティングサービスを利用してみて!いい出会いがあるかもしれません♡⬇︎⬇︎

合コン後、次につなげるための方法

自分をアピールする

まずは自分をアピールすることからはじめましょう。とはいえ、合コンではないので、自己中心的なアピールは控えて、わき役に回って自分をアピールするのがポイントです。男性の多くは自分の会話で女性が楽しむと気分が良くなります。そのため、相手の男性の会話にしっかりとリアクションをして、あなたと一緒に話をするのは楽しい!というアピールを行ってください。コツは、相手の話をどんどん掘り下げていくことです。
映画が好きな男性で、映画の話になった場合には、

・どんな映画が好きなのか
・その映画のどこが好きなのか
・映画に出ている俳優さんについて

など、掘り下げられる部分をドンドン掘り下げて、話すことがなくなったら、話題を変えて同じように掘り下げていく方法がおすすめですよ。

共通の趣味を探す

会話が始まったら、お互いに共通の趣味がないか探ってみましょう。共通の趣味があれば会話が盛り上がりますし、共感性も生まれるため、相手に良い印象を与えることができます。印象が良ければ次もまた会いましょうということになりやすいため、趣味は重要です。もしも趣味がなく、どうしても相手との会話を続けたい場合には、相手の趣味に興味があることをアピールしてください。
例えば、相手の趣味が読書の場合、どんな本を読んでいるのか、どんなところが面白いのかを掘り下げながら会話をすすめて行くのがポイントです。また、メモを取るのも効果的ですよ。

会話を長続きさせる

会話を長続きさせるのは結構大変です。気心の知れた友人と会話をするのと、初めてまともに話した相手との会話をするのでは全然違いますよね。そこでおすすめの会話を長続きさせる方法は、まず、相手の話をオウム返しすることです。相手が「今日の昼ご飯はかつ丼にしたんだ」と言った場合「今日はかつ丼を食べたんですか?どこのかつ丼を食べたんですか?」という具合に、オウム返ししてから会話を続けていく方法が効果的です。
もしも男性側が会話を続けるのが苦手なタイプなのでしたら、今日の飲み会についての話題にして、相手の言葉をつないでいくと、うまく会話が進みますよ。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター