サムネイル

これ良すぎ!レディースデーにひとり映画へ行くメリット

普段恋人や友達と行く映画。たまにはひとりで観ることに挑戦してみませんか。誰かと行って映画のことを話し合ったりするのも楽しいですが、自分が観たい映画をひとりでリラックスして満喫するのもいいのではないでしょうか。ひとり映画の中でも特にお得なレディースデーに行くメリットや楽しむコツをご紹介します。

ひとり映画は恥ずかしくない!

まだひとりで映画館に行ったことがないという女性にオススメなのがレディースデーの映画鑑賞です。映画にひとりで行くなんて寂しい?友達がいないと思われる?なんて思っていませんか?いえいえ、行ってみたら実はとても楽しいんです!ひとりで行く映画鑑賞の快適さや面白さにハマってしまうかもしれませんよ。

レディースデーに行くメリット

ひとり映画のデビューはレディースデーがおすすめ!レディースデーの映画館は朝も昼も夜も女性同士やひとり女子ばかりです。ひとり映画の人もたくさんいるので、「意外と大丈夫!」と自信が出るはず。さらにレディースデーは朝と昼は比較的空いています。通常時よりチケットの値段が安いのも嬉しいポイントです!

メリット① 座席が好きに選べる

人気の映画や最新の映画は、ふたりで行くと並んだ席が空いていないこともありますよね。ひとりだと、ど真ん中でもぽつっと空いていたりすることも。また、ひとりでゆったり観たい気分の時は敢えてあまり人が座らない端の座席を選んだり、隣の人の肘や足が当たらない席を選べたりするのがメリットです。

メリット② 観たい映画を観れる

さらに、なんといってもひとり映画のメリットは、「自分の観たい映画が観れる!」ということ。既に観てしまった映画をもう一度観に行ったり、マニアックすぎて誰にも理解してもらえない映画だったり、そんな映画も心置きなく観に行くことができます。女性には苦手な人が多いホラーやバイオレンスなんかも堪能できますよ。また映画の時間を集中して観ることができますので、終わった後もエンドロールで高揚した気持ちに浸ったり、パンフレットを買ってじっくり読むこともできます。

メリット③ ビール片手に観れる

最近の映画館はシートも良いクッションですし、ドリンクホルダーやちょっとしたトレイを置けるようになっていたりと設備が充実しているところが多いです。映画館ごとの人気のスイーツや、ポップコーンを思いっきり食べたり、自分スタイルで映画を楽しめます。家でDVDを観ているのと同じ内容であったとしても、大スクリーンの映画をビール片手に思いっきりリラックスして観るってなんて贅沢なんでしょう!

メリット④ 出逢いがあるかも!?

レディースデーですと男性ひとりで来ている人は少ないかもしれませんが、ひとりで来ている男性が近くにいたら思い切って声をかけてみるのもいいかもしれません。テーブル席と違って映画館の座席は前を向いている横並びの席。初めての相手とでも顔を向き合わさないと話もはずむ可能性があります。そして、男性との出逢いだけではありません。同じ趣味を持つ、ひとりの時間を楽しむことができる素敵な同性との出逢いもあるかもしれませんね。

レイトショーも見逃せない!

お仕事をしていて朝や昼に行くことができないなら、レイトショーを狙ってみましょう。レイトショーの時間帯はレディースデイでなくとも空いていることが多いです。仕事を片付けてから、ゆっくりご飯を済ませてから、一日の最後を映画で締めくくるというのも素敵な時間ですね。

ひとり映画で気分もリフレッシュ!

いかがでしたか?きっと映画館にひとりで行くイメージが浮かんでいるはず!今まで人に合わせてばかりで自分が本当に観たい映画を観れていなかったり、集中して観ることができなかったりしたことがある方はこの際ひとりで勇気を出していってみてはいかがですか?レディースデイのお得な割引を利用して、リフレッシュしてみませんか?

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター