サムネイル

ネイルポリッシュ(マニキュア)とジェルネイル、どこがどう違うの?

皆さんはネイルしてますか?ネイルサロンで指先を綺麗に彩ってもらっている方やご自分でセルフネイルを楽しんでいる方もいらっしゃると思います。今回は基本に立ち返り、ネイルポリッシュ(マニキュア)とジェルネイルについての違いを、両方のメリット・デメリットと合わせてご紹介します。さて、爪に優しいのはどちらでしょうか。

マニキュアとジェルネイルの違い知ってますか?

最近はジェルネイルの普及でネイルサロンでジェルネイルをお任せしている方も多いと思います。職場によってネイルがOKかNGかでも変わってくるかと思いますが、自分で週末やお休みの日だけでもとセルフネイルを楽しんでいる方もいますよね。

そもそもネイルポリッシュ(マニキュア)とジェルネイルの違いってご存知ですか。そこで、マニキュアとジェルネイルの違いと、メリット・デメリットも合わせて調べてみました!

ネイルっていつからあるの?

ネイルの歴史

そもそも、日本でもネイルの歴史は古く、飛鳥時代に遡ります。当時は「紅殻(酸化鉄というサビのもと)」の赤を爪に塗っていたそうです。20世紀になって速乾性に優れたネイルラッカーが伝えられ、日本女性に大きくマニキュアが普及。皆さんご存知のジェルネイルが流行しだしたのは2000年ごろ。つい最近ですよね。

ネイルサロンという点では、1070年後半ごろから美容室でのマニキュアがメニューに加えられるようになり、1980年にはネイル技術を職業とするネイルサロンが登場し始めたようです。

マニキュアとジェルネイルの違い

簡単にいえば、ネイルポリッシュ(マニキュア)は、ニトロセルロース、アクリル樹脂、着色剤などの成分で作られており、思い立ったときにサッと自分で塗れる手軽さがメリットです。お仕事の関係で週末ネイルをする女性にはとても便利なオシャレのアクセントになりますよね。オフする際も除光液で簡単に落とせます。

一方のジェルネイルは、UVライトかLEDライトでジェルネイルに光を当てて硬化するという工程を、ベースジェル→カラージェル→パーツの固定→トップジェルで行うため、かなりの時間と手間がかかります。ただその分プッくりとしたツヤツヤのネイルが3週間ほど持続でき、カラージェルを混ぜることによってオリジナルのカラーを作れたり、大きなビジューをしっかり固定できたりと時間をかけた分のメリットは大変大きいです。ジェルネイルのキットも市販されており、ご自分でジェルネイルを楽しむこともできます。

マニキュアのメリット

自分でサッと指先を彩れる!

ネイルポリッシュ(マニキュア)の最大のメリットといえば、好きな時にサッと自分で塗れる事ですよね。お仕事の関係で、お休みの日にしかネイルができないという女性には強い味方です。明日はどんなコーディネートにしよう?と考えた時にそれに合わせてネイルのカラーを選べます。最近では大人女子に人気のコスメブランドやネイルブランドからも、豊富なカラーが出ており、自分好みのカラーを選ぶのも楽しみの一つになりますよね。

落とす時も除光液で簡単♪

ちょっとしたストーンやホログラム、スタッズ等でアレンジも出来ますし、ラメネイルやホロネイル、最近では100均ショップのネイルも急成長をしていて、ブランドネイルをしのぐ勢いです。色んなネイルカラーをちょっとづつ試したい、色んなカラーを揃えてみたいという女性にはネイルポリッシュは非常に身近な存在になっていると思います。さらに、ネイルポリッシュはオフするのが除光液でスルッと落とすだけという手軽さです。ネイルポリッシュを綺麗に落とすコツは、コットンをふわっと両サイドに引っ張って空気を含ませたら、手のひらでコロコロと丸くしてから除光液を染み込ませましょう。除光液が染み込んだコットンをネイルの上に乗せ、軽く押し当て左右に揺らします。暫くしたらスッと爪の先に向かって引き抜きましょう。これで大抵は綺麗に落ちますよ♡

マニキュアのデメリット

最近ではネイルポリッシュも進化を遂げてきましたが、いくら速乾性が早くなったといっても、「ホントにかわいてる?」と確実な乾き時間が解らないことと、やはりジェルネイルに比べて艶の差と、あのプッくりとしたネイルは表現が出来ないことでしょう。ネイルが乾いたと思って寝て起きたらネイルがよれていたという人も多いのでは?ネイルポリッシュを早く乾かすコツですが、ドライヤーで冷風を当てたり、冷水につけると比較的早く乾きます。

ジェルネイルのメリット

プッくりとした艶と持ちの長さ

ジェルネイルのメリットは、やはりあのプッくりとした艶やかさと持ちの長さでしょう。普通に3週間は持つといわれています。綺麗なままのカラーが長持ちするならサロンで時間をかけてジェルネイルをやってもらうのも楽しいですよね。最近では、セルフジェルネイルキットが普及していますから、趣味としてもご自分でジェルネイルにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。初期投資は1万円以内で充分収まりますし、色んなジェルパーツをあれこれ選ぶのもとても楽しいですよ!

幅広いネイルデザイン

ネイルポリッシュでも、ミラーネイルは出来ますが、ジェルネイルのこの艶はやはり出ません。さらに、ジェルネイルでしたら、大きなストーンや天然石、キラキラのビジューもしっかりとアクリルジェルで固定でき、落ちることはまずありません。そしてジェルネイルはカラーを混ぜることが出来るので、自分だけのオリジナルカラーを作れたり、デザインも豊富でネイルデザインの幅がとても広いことです。

ジェルネイルのデメリット

塗るのも落とすのも時間がかかる

ジェルネイルのデメリットはやはり工程の繰り返しと長さでしょう。ベースジェル、カラージェル、パーツ固定、トップジェルとそのたびにライトにあてて硬化しなくてはなりません。ハッと時間を見ると1時間はとっくに過ぎている!という経験が私もしばしばあります…。艶と持ちが長持ちする代わりに、地爪が伸びてきてジェルネイルをオフする時にはサンディングなど、また面倒事が待っているのもデメリットの一つです。

UVライトだとお肌に負担が

ジェルネイルを硬化するライトですが、個人的にはLEDライトをおススメします。UVライトが今までは主流でしたが、やはり紫外線を当てることによりお肌に負担がかかります。最近のジェルネイルはLEDでもUVでもどちらのライトでも、十分効果できますから出来ればLEDライトを選びましょう。

ネイルオフの便利グッズ

HOMEI ピールオフベースコート

ネイルポリッシュのベースにこちらのベースコートを3度塗りすれば、ペリッとカラーネイルごと剥がせてしまう優秀ベースコートです。プチプラプライスですので、週末ネイルの方にはちょうどいいかも!

¥864

出典 https://www.amazon.co.jp

ネイティ!ジェルネイルステップレス ピールオフベースジェル

サンディング不要の地爪に子のベースジェルを塗って硬化しておくだけで、オフする時にペリッと剥がせるベースジェル!これさえあれば面倒なサンディングとはサヨウナラできますよ!

¥1296

出典 https://www.amazon.co.jp

あなたのライフスタイルに合わせて選んで♡

ネイルポリッシュ(マニキュア)もジェルネイルも、メリット・デメリットはありますが、大事なのはあなたのライフスタイルと楽しみ方次第です♡ネイルポリッシュをサッと塗るのも、ジェルネイルで時間をかけてデザインを楽しむのも、大人の女性としてのお洒落の一つ。どちらがご自分に合っているか考えてネイルライフを楽しんでくださいね!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター