サムネイル

彼氏と同棲して1年以上…そこから結婚へ持っていく方法

彼氏と同棲してから1年。そろそろ結婚を考えているけど、どうしたら結婚できるの?そんな女性の疑問に、実際に彼氏と1年同棲した後結婚した経験を活かし、どんな努力をすれば彼氏に結婚を意識してもらえるのか、結婚するために必要な努力の方法などをお答えします。彼との同棲生活の中で結婚につなぐために必要な4つのポイントとは?

そろそろ結婚したい!彼氏と結婚するための方法とは?

彼氏と同棲をして1年。そろそろ結婚しても良いかもしれないと思い始めたり、この時期を逃すとズルズル同棲生活が長引きそうと不安だったりする頃ではないでしょうか。

そんな考えで頭がいっぱいな女性のために、同棲から結婚へと持っていくオススメの方法についてご紹介します。

彼氏と結婚するために必要なこと

彼氏と同棲してしばらく経つと、そろそろ結婚したいな…と思い始めるころですよね。でも、男性に結婚を意識させるには、彼氏に結婚生活をイメージしてもらえるように、あなたも努力をする必要があります。

彼氏好みの味付けを把握する

食事は毎日のことなので結婚生活においてとても重要です。とくに食に興味のない彼氏でも、一緒に生活していく中で「毎日あなたが作ってくれる料理が楽しみだから、早く家に帰りたい!」と思えるような食事を作っていると、結婚のイメージもしやすくなります。

私の場合は、ジャンクフードばかり好むタイプの彼氏だったため

・手作りハンバーガー
・休日に手作りおやつ
・出汁のきいた薄めの味付けの料理

など、彼好みのメニューも極めつつ、たまに体を気遣うような優しさもプラスして、外食をするよりも私の作った料理のほうがおいしいと思ってもらえるように努力しました。

最低限のルールを決めておく

同棲したてはラブラブなこともあって、家事は全部私がやってあげるから、あなたは家の中で好きなようにくつろいでいてね。なんて同棲生活の中で彼氏を甘やかしすぎると、後々困ったことになります。同棲した後、結婚を少しでも考えているのでしたら、やはり最低限のルールを設けたほうが安心です。

最低限のルールでおすすめなのは、

・帰りが遅くなる場合には連絡を入れる
・家事は分担して、最低限の生活空間を維持する
・悩みがあったらすぐに相談する
・大事なことは2人で決める

など、ちょっとゆるくない?と思える程度のルールで大丈夫です。これには意味があり、厳しすぎるルールは婚期を遅らせる可能性があり、ルールがない場合は自分が彼氏と結婚した時に辛くなってしまう場合があるからです。ちなみに我が家では結婚後もこのルールが適応されて、付き合い当初と変わらない関係を7年続けていますよ。

目標額が貯まったら結婚!

同棲を始めたら二人で貯金を始めることは大切です。なぜならお金がないために結婚に踏み切れない男性は大勢います。そこがネックになるぐらいなら、貯金を始めましょう。「目標額が貯まれば結婚」という約束はシンプルに結婚まで持っていきやすいです。

家計をやりくりする姿を見せることで、この子が奥さんになったら安心だなという印象を与えることもできます。

もし結婚式費用は自分の貯金がある、または親が出してくれるなどの予定がある場合は、なんとなく彼に伝えておきましょう。彼の頭のなかから結婚に対する不安材料をひとつでも拭っておくことは大切です。

相手の両親とフレンドリーな関係になっておく

同棲前にお互いの両親にあいさつをしている場合は多いと思います。もしも挨拶を済ませていない場合には、タイミングを見計らってしておくと良いですよ。自分を育ててくれた両親とフレンドリーな関係でいてもらえると、結婚後のお付き合いに悩む必要もなく、彼氏も安心して結婚を考えられるようになります。

ただ、人間なので性格的な問題や考え方の問題で仲良くなれない場合もあるため、非常に難しいのが現実です。そのため、理想的なのはフレンドリーな関係ですが、難しい場合には表面上、大人のお付き合いができるようにしておくことをおすすめします。彼のご両親に対する愚痴は、結婚後のトラブルを予感させるため、結婚前は言わないでおいたほうがいいですよ。

同棲生活が長引くとキケン!?

同棲生活をズルズル長引かせないためにも、同棲から1年で結婚するのは、ベストなタイミングだと私は考えます。私は過去に同棲生活を7年弱続けた彼がいたのですが、途中から「いつか結婚するだろうけど今はいいか…」と今の関係の方が楽という雰囲気になってしまった経験があります。こうなる前に、結婚を決めたいですよね。

それにあまり長い同棲期間を得て結婚生活を送るよりも、1年程度の同棲から結婚をしたほうが、いつまでもラブラブな状態でいられますし♡それでもマンネリは出てきてしまうため、できるだけ生活の中で工夫をしてマンネリを解消していく努力も必要です。

お二人が結婚する日が訪れますように♡

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター