サムネイル

仲良くやっていきたいから♡彼ママから愛される彼女になるコツ

お付き合いしている男性のお母様に会ったことはありますか?将来のことを考えた真剣な交際だったら、遅かれ早かれ「彼ママとのご対面」は必ずやってきます。ちょっとドキドキ、不安なこともありますよね...。そんなあなたに、彼ママと仲良く付き合うためのちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。もしもの時のために備えておきましょう。

ドキドキ、彼ママとのご対面...

この記事にたどり着いてくださったあなた、もしかして近々、彼ママとの初対面を控えていらっしゃるのでしょうか?あるいは、すでに会ってはいるけれどどうも距離感の取り方が難しいとお悩みの方かもしれませんね...。

古くから「嫁姑問題」なんて言葉で煽られているところもあって、彼ママとどう付き合っていくかは、妙齢の女子にとってちょっとした頭痛のタネです。彼との恋愛期間中はもちろん、結婚ということになれば将来的に数十年のお付き合いになる相手です。

そこで今回は、男の子の母であるライターが、彼ママとの関係をよくするちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

見た目はそんなに取り繕わなくても大丈夫

清楚に見えるような服装にして、大好きなネイルも控えて...と考える女子は多いことでしょう。

ひと昔、ふた昔前ならともかく、今の「お母さん」は40代50代になっても外見に気を遣う人が増えています。だから、息子の彼女のファッションに実は興味津々な人も多いもの。無理して普段の自分とかけ離れたような格好をする必要はありません。「職場の仲の良い上司・同僚と休日に食事するなら?」くらいのイメージで良いと思います。

そもそも、男性相手なら付け焼き刃の「清楚系ファッション」が通用しますが、相手は年上の女性ですから、取り繕っても見抜かれちゃいます(笑)。

彼ママは「彼とあなた」の関係を重視している...?

見た目はそれほど気にならないなら、彼ママはいったい息子の彼女のどこを見ているのか? ズバリ、息子をどう扱っているか、です。やっぱり、お嫁さん候補の女性には、息子を大事にしてほしいと思ってしまうもの。

二人きりの時に、お互いの言葉遣いが多少ぞんざいになっていたとしても、彼ママの前ではちょっと丁寧に話しましょう。呼び捨てやあだ名で呼ぶのではなく「◯◯さん」がベスト。「フリ」でかまいませんので、彼を立てる態度を見せてあげてください。

また、すでに結婚の話が出ているような関係であれば、仮にあなたが専業主婦希望であっても、しばらくは内緒にしておくことをオススメします。自分がずっと専業主婦だった女性でも、息子の妻が働かないのは不満...という人もいます。結婚後のプランについては地雷の多い領域です。話が具体的になれば、口も出したい手も出したい、という彼ママだっていますので、ご注意を。

でもこれ、娘をもつ親だって当然同じことを考えますよね? 彼ママが特別なのではないと考えましょう。気にしなくても、結婚してからはあなたが上手く仕切ればよいだけのことです。

意外に効果のある、プレゼント作戦

彼ママとて「元・女子」なのです。そしてプレゼントをもらって嬉しくない女子はいません!ということで、大げさでなくてもよいので、機会があればちょこちょこと彼のお母様にプレゼントを差し上げてみましょう。出張や旅行のお土産などが、不自然でなくて良いですね。また、お菓子や手芸などの手作り品も、印象アップが狙えるプレゼントです。

実は彼ママも心配なんです

あなたが彼ママと上手くやっていけるだろうか...と気にしているのと同じように、彼ママも息子の彼女(妻候補)と仲良くできるかどうか、不安に思っているんです。そう、実はあなたと同じ悩みを抱えた女性ということ。そう考えると、少し気が楽になりませんか?

無理に好かれようと思わないこと!

これまで書いてきたのはなんだったの...と言われそうですが、男の子のお母さんの究極の本音を言ってしまえば、「どんな女の子が来ても、たぶん好きになれない」。うわぁ、ドン引きですね。

でも、それと同時に、「誰でもいいからうちの息子を好きになってほしい」というのも本音なんです。とってもフクザツ。わたし自身も、この二つの気持ちがあります。そしてやっぱり優先するのは、「息子に幸せになってほしい」という気持ち。あなたがお付き合いする相手は彼ママではなく、彼自身なんです。彼ママに好かれようと無理をする必要はないですよ。

男はみなマザコンと心得るべし

いかがでしたでしょうか?彼ママのご機嫌を気にするのはイヤ!マザコン男なんてお断り...という方もいらっしゃるでしょう。

結婚の経験者であり、現役男の子ママとして、あえて申し上げたいのですが、マザコンでない男性などいません!彼ママと良い関係を築くことは、彼との絆も強くできます。むしろ、お母さんと疎遠だったりすると、恋愛初期の熱が冷めてから、彼女や妻と長期的に関係を築くのが苦手な人が多いと言えるでしょう。お母さんに優しい男性は、いずれ妻を大事にするよき夫になる可能性が高いのです。

恐れず構えず、彼ママとのご対面、頑張ってくださいね!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター