サムネイル

稼ぎたい女性必見!転職時に稼げる仕事を探すポイント

子供のころからの夢をかなえたい!憧れの仕事に就く決意をした!転職の理由はひとそれぞれです。なかには今よりももっと稼ぎたいからと転職を決める女性もいると思います。それも正当な理由です。今回はそんな女性必見!転職するときに役立つ、稼げる仕事探しのポイントをご紹介します。

どんな仕事を選んだら稼げるのか

「転職したい」と思っている方へ質問です。「転職したい理由はなんですか?」人間関係が嫌だから?それとも仕事内容に不満があるから?人間関係も仕事内容も、仕事選びには大切な要素ですが、それよりもまず仕事探しのために抑えておきたいポイントがあるんです。仕事探しをスタートする前にこれらのポイントを確認しておきましょう。

稼ぐ仕事探しのポイント①あなたが好きなことを考える

まず考えるべきなのは、あなたが好きなことです。例えば「歴史が好き」「絵を描くのが好き」「体を動かすのが好き」「細かい作業が好き」などなど。好きなことは特にない、という方もいるかもしれません。その場合は、視野を広げてみましょう。そしていろいろなことを体験してみましょう。「体を動かすのが好き」ということだって、スポーツをほとんどしたことがなければ、気づけないことです。やってみたら、意外に楽しくて、もっともっと上達したいと思えることが、体験していないことの中にあるかもしれません。

稼ぐ仕事探しのポイント②あなたが得意なことを考える

次に考えるべきなのは、あなたが得意なことです。例えば、手先が器用、数の計算が早い、人当たりがいい、などなど。なぜ、好きなことの次に得意なことを考えるのかというと、好きなこと=得意なこととは限らないからです。例えば、歌を歌うのが好きだけれど音痴ということもあります。体を動かすのが好きだけれど、運動神経はあまり優れていないということもあります。

「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、好きなことをやるのは苦にならないはずです。好きだけれど得意ではないということがあるとしたら、好きなことを得意なことにする努力をしてみましょう。

稼ぐ仕事探しのポイント③第三者から見て向いているものを聞く

仕事は趣味とは違います。仕事はお金を稼ぐためのものです。あなたが、「私は、○○が好きです」「私は××が得意です」と言ったとしても、「お金を出してでも、あなたにそのことをやってもらいたいです」という人がいなければ、それはお金を稼ぐ仕事にはなりません。周りにあなたは何に向いているのか、聞いてみましょう。

聞けなかったとしても「人に教えるのが上手だね」とか、「服のセンスがいいね」など、自分では意識していなかったことを人から褒められることがあると思います。案外、それこそが自分の適職であることも!人にものを教えるのは誰もが上手なわけではありません。先生やインストラクターを目指していても、向いていない人もいるのです。「人に教えるのが上手」というのは、ひとつの特技です。また、ファッション関係の仕事を目指していても、誰もがセンスがいいわけではありません。「服のセンスがいい」というのもひとつの特技で、デザイナーまではいかなくても、その特技を活かした仕事があるはずです。

稼ぐ仕事探しのポイント④上記3つを総評して給料が高い職種を選ぶ

これまでご紹介した3つのポイントを踏まえて、ある程度職種を絞りましょう。職種が絞れたら各職種のお給料が大体いくらか調べてみて職種を決定するのが、稼ぎたい女性にはおすすめです。お給料面でも満足できる会社があれば、エントリーしてみましょう。もし納得のいくお給料でなくても、好きなことや向いていることで就職するため入社してから昇給できる可能性は高いので、どんどん応募して面接で会社の雰囲気を掴みましょう。

あなたの好きな仕事と求められる仕事のバランスが大事

好きだけや、得意なだけでは稼げません。稼げる仕事というのは他人から需要があってはじめて成り立ちます。しかし「稼ぐ」ことだけを優先して好きでもない仕事に就き、自分の心を殺してイヤイヤ働いているのもつらいものです。せっかく稼ぎがよくなる転職先を見つけて働き始めても、ストレスをためてしまうことになります。そのような失敗をしないために、好きなこと、得意なこと、人から向いていると言われること、これらを合わせて考える必要があるのです。

人からも喜ばれ、あなたもストレスにならない、それが結果的に稼げる仕事になるのです。転職するのなら、これらのポイントをおさえて、失敗しない仕事探しをしてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター