サムネイル

入社できても後がコワい…知人の紹介やコネで転職するメリットデメット

転職を考えたとき、知人が自分のことを会社に紹介してくれるとなった場合、何も考えずに二つ返事で入社するのはちょっと危険です。実はコネ入社にはメリットとデメリットが存在していて、よく考えてから入社を決めないと後で後悔することになります。この記事ではコネ入社のメリットデとメリットについてご紹介します。

女性の転職にコネ入社は危険なの?

今の仕事に満足できていない場合、最初に考えることは“転職”ですよね。できればすんなりと転職できれば良いのですが、今の世の中だとちょっと難しいこともあります。そんなとき、知人のコネで入社できる機会があったとしたら…あなたはどうしますか?

実は、コネ入社にはメリットとデメリットが存在します。当然メリットが高い分、デメリットも多く存在しているため、その後の自分の人生を深く考える必要があるのです。

そこでこの記事では、コネで転職する場合のメリットとデメリットについて、詳しく見ていきたいと思います。

コネ入社のメリットとは?

コネで入社すると聞くと、なんだかズルをしているような気になりますが、最近ではコネ入社の割合も高くなっているので、コネ入社は意外と普通のことなんです。そこには、今の時代だからこそ大きく関係している2つのメリットがあります。
では、コネ入社のメリットとは一体どんなものなのでしょうか。

①内定の確率が高い

知人の紹介で入社する場合、内定の確率が上がります。とくに知人が優秀な人材であれば、内定の確率はさらに上がります。
昔に比べて今は就職率が上がったとはいえ、やはり簡単に転職ができるかと言われれば難しい時代です。そのため、内定の確率が少しでも上がるのでしたら、知人のコネで入社するのは悪い話ではありませんよね。

②紹介者が優秀な方の場合は期待してもらえる

自分を紹介してくれた方が優秀な場合、紹介者の知人である自分の仕事に会社側は期待を持ちます。これはキャリアアップを狙っている人にとってみたら大きなメリットになります。最初から期待されているとモチベーションが上がり、仕事にやりがいを感じますよね!

コネ入社のデメリットとは?

コネ入社のメリットだけを見ると紹介されたら何も考えずに入社してしまいそうですが、女性の場合は入社後の人生プランも考えていかなけらばなりません。
では、コネ入社でとくに注意していただきたい3つのデメリットをここから見ていきたいと思います。

①自己都合退職の場合に紹介者に迷惑をかける場合がある

自己都合退職をする可能性の高い女性の場合、コネで入社するのは気を付けたほうが良いです。その理由は、女性の場合は出産という人生の中でも大きなイベントがあるからです。

会社都合以外での退職はすべて自己都合となってしまうため、紹介してくれた方に迷惑をかけてしまう可能性があります。コネで入社する場合は自分の人生プランをよく考えてからにしましょう。

②紹介者が優秀な方の場合、過大評価されてしまい追いつめられることもある

男女に共通するコネ入社のデメリットの一つとして、過大評価によって精神的に追い詰められてしまうことが考えられます。
紹介してくれた方が優秀であれば優秀であるほど自分への過大評価が大きくなってしまい、自分の能力に見合わない他人の期待が重くのしかかる場合もあるのです。

③不祥事を起こしてしまった場合に紹介者に迷惑をかけてしまう

誰にでも失敗はありますが、大きな失敗をした時に、あなたを紹介した人にまで迷惑をかけてしまう場合があります。
会社で働いていると、それなりにトラブルはつきものです。しかし、知人の紹介で入社しているため、不祥事などを起こすわけにはいきません。紹介者に迷惑をかけてしまう責任の重さを良く考えてからコネ入社を考えることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?
入社できても後がコワい…知人の紹介やコネで転職するメリットデメリットをまとめると、

【メリット】
内定の確率が上がり安く、場合によっては期待も大きい
【デメリット】
紹介者に迷惑をかけてしまう場合が多く、出産や結婚などで自己都合退職しづらい

と、いうことになります。
知人の紹介で入社するのは一見メリットが大きく見えますが、やはりデメリットも多く存在します。この先の人生プランに自己都合退職をせざるを得ない状況があるのかどうかを良く考えてからコネ入社を考えてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター