サムネイル

貯金に向いている女性と向いてない女性の差ってどこにあるの?

将来のために貯金は必要。分かってはいるものの、なかなかお金を貯められない方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、同じ給料をもらっているはずなのに、お金をうまく貯められる人と貯められない人がいるのも現実。その違いは一体何なのでしょうか?そして、貯金するためのコツは何なのでしょうか?

貯金に向いている女性と向いてない女性

貯金ができる女性とそうでない女性っていますよね。もしかするとそれは性格の差なのかもしれません。ここでは、貯金に向いている女性と貯金に向いていない女性の特徴と、貯金に向いてない女性が貯金するためのコツをご紹介します。

貯金に向いている女性とは?

自分ひとりでコツコツ作業することが得意。

貯金という作業は、一人で地道に行わなくてはならない作業です。他の誰からの励ましも得られない個人プレーです。貯金をするのが得意な女性は、周囲の支えがなくても少しずつ溜まっていく貯金通帳の残高をモチベーションに変えることができる、マメな女性です。自分で決めた事柄を継続的に行うことが得意な人とも言えます。

必要なものと不要なものをわかっている。

この世の中は消費の誘惑が無限にあります。持ち金には限りがあるため、何も考えずにお金を使っているとあっという間に底をついてまうため、自分に本当に必要なものを判断しなくてはいけません。いかに無駄なものを削り必要最低限度の出費でおさえるかが、お金を貯めるための鍵になってきます。貯金ができる女性は、その見極めが得意な人なのです。

お金がないと不安にかられる。

もしもの時を考えたとき、十分なお金が手元にないと不安になる女性も貯金に向いています。向いてると言いますか、こういう女性は既に貯金をしている女性と言えます。いくら貯金があれば満足できるのかは人それぞれのようで、なかには若いうちから老後が問題ないように貯金している女性もいます。

単純にお金が大好き♡

貯金している通帳の残高や、財布にあるたくさんの札束を見ているだけで幸せになれる人。特にこれといった使い道があるわけではないけれど、お金を貯めること自体が好きで、お金を貯めることが目的にできる女性も貯金に向いています。お金大好き女子にとっては、貯金するのは全く困難ではなく、むしろ楽しんで行える作業でしょうね。

貯金に向いていない女性とは?

衝動的で飛びつきやすい。

特に大きな買い物をしていないのにお金が貯まらない女性に多いのがこれ。予定していたわけではないけれど、お店の前を歩いていて目に付いた服に一目ぼれして買ってしまったり、お店から香る甘い匂いに惹かれてスイーツを買ってしまったりと、感情に流されるままお金を使ってしまう人っていますよね。こういう衝動的で目の前の誘惑に負けてしまう女性は、なかなかお金が貯まりません。時には誘惑に負けない強い心を持ちましょう。

人の誘いを断れない。

お金を節約したいと思っていても、「飲みに行こう!」「休日◯◯行こう!」と人から誘われると断ることができない人は、ついついお金を使ってしまい貯金ができずじまい…なんてことに。こういう方は、お給料を貰ったら貯金する額を予め分けておき、これ以上使わないという意志を強く持ちましょう。どうしても誘惑に負けてしまう方は、定期預金に入れるなど自分が甘える余地を残さないように工夫すると良いですよ。

貯金するためのコツとは?

貯金を継続して行うためには、何のために貯金をするのか目標を立てること重要なポイントです。どんな目標でもいいので、まずは“何のためにお金がほしいのか”“どれくらいの金額が必要なのか”をハッキリと決めてみましょう。「ハワイ旅行に行きたい」など、なんでもOK。お金の使いみちがイメージできる貯金は、達成しやすいですよ。

貯金は楽しみながらするのが一番!

貯金をするためには、楽しんで行おうとするマインドが大事です。貯金には目標額を定めなければゴールはありません。継続的に行うためには、ストレスはNGです!どんなにお金が貯まったとしても、人生を楽しめなければ何のために貯金をしているのか分からないですから。

これから貯金してみたいという方は、ストレスのない貯金方法を見出してから始めることをオススメします。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター