サムネイル

【アラサー転職活動】失敗する人と成功する人の分かれ道とは?

転職で成功する人と失敗する人の差は何なのでしょう。素晴らしい実績があるから?有名企業に勤めていたから?いいえ、実際の転職で成功するにはほんの少しの差なのです。一つ一つの小さなことを着実に実践することで結果が成功するか失敗するか大きな差が生まれます。どれもとても簡単なことばかり。今回は転職が上手くいくコツをご紹介します。

アラサー女子の転職きっかけ

30代女性なら新卒で働いたら職歴は7年~10年。ある程度の経歴は積み、これからのキャリア形成が固まる時期の方が多い時。その会社で責任あるポジションに就けばそうそう転職はできませんし、年齢的に「転職の最後のチャンス」のイメージもつきまとい、今後のことを考えると転職で頭を悩ませる女性は多いようです。

またアラサー女子は女性としての人生の転機である結婚・出産が待ち受けています。周りで変化している友人を見て「私も変化しよう」と転職を決意される方もいます。今回はアラサー女子の転職活動を成功させるコツについてみてみましょう。

転職理由を見つめなおす

転職を考えた女性は、まず衝動的にならずに「何故転職するのか」をもう一度考えてみましょう。そもそも「転職する必要があるのか」という部分は非常に大事です。

転職を考えた動機が「周りの転機に触発されて」というのであればそれは危険です。友達の転職が成功しても自分の転職が成功するとは限りません。現在の状況を変化させたかったとするとそれは転職以外に方法はないのかを考えることも大切です。例えば趣味の時間を増やしてみることや、スキルアップのために勉強してみるなど現在の仕事の時間をやりくりすることで変化が可能かどうかも冷静に判断する必要があります。

それでも転職する必要があると思われた方は、さらにその先を考えてみましょう。安易に現状が嫌という理由で転職を始めると、失敗しやくすくなります。一度きちんと整理してみることをオススメします。

退職前に転職活動を行う

転職活動で成功する人の多くは、退職する前に転職活動を行っています。せっかくの機会だからと退職して半年くらい休もうと考えている人もいますが、その期間は企業側は「ブランク」として受け取ります。そのブランクの期間に次の職種で必要な資格などを取得しているのであれば納得してもらえることもありますが、単なる休みであれば、早急に退職することになった理由やその人の計画性について気になる人事の方もいらっしゃると思います。

また転職活動中に収入がないと気持ちが非常に焦るものです。雇用保険の失業給付金制度はありますが、自己都合で退職した場合は待期期間3か月後に支給されることもあります。その間にも家賃や生活費はもちろんかかります。焦っている気持ちから妥協して次の就職先を決めることに繋がりかねません。そのためにもしばらくは大変ですが、有給等を利用して働きながら転職活動を行うことをオススメします。

なりたい未来像を固める

転職した後にどうなりたいかという、将来像はなるべくはっきりと持つようにしましょう。ただなんとなく転職して楽しい職場を想像するのではなく、転職後の収入や、プライベートな時間をどう使いたいのかを明確にしましょう。

・年収の算出(家賃やローンを考えた上での必要な金額)
・残業は月60時間未満(英会話を勉強するために学校に通うため)

このように叶えたい条件を書き出してみましょう。これらがはっきりしていないと、オシャレなオフィスの雰囲気や面接官の雰囲気が良かったからなどで決めてしまい希望がブレてしまう場合があります。これでは入社後すぐに「こんなはずじゃなかった」という状況に陥り、また転職を繰り返すということになりかねません。本来の目的をはっきりとさせておくことが成功のカギとなります。

妥協できる点を洗い出す

自分が必要な条件をはっきりと持つことは大事ですが、同時に妥協できる点も洗い出しましょう。残業時間が希望条件よりも多くなったとしても、予め月末月初など時期が決まっていれば、プライベートのスケジュール調整はしやすいからOKなど。

上場企業にこだわるべきかどうか、通勤時間はどれだけ伸ばすことができるか。こういう項目は面接の時に譲歩できる点として使う事で、叶えたい条件を更に強く押し出すこともできます。要求するだけでなく譲歩もできる柔軟な人という評価に繋がり、理想の転職が実現しやすくなります。

転職エージェンシーを使いこなす

転職先を探すためにハローワークや転職サイトを利用する方も多いと思います。転職サイトは自分の目指す職種が決まっている場合には、その職種に特化したサイトも用意されていますのでより探しやすくなっています。

ただ働きながら転職する場合、検索に時間がかかったり、面接の日時調整などの煩わしい作業も多々発生します。そこでエージェントの出番です。エージェントは、あなたの希望にあった職場を探してくれますし、応募や日程調整等も代りに遂行してくれる頼もしい存在です。

注意したいのは認識齟齬。齟齬があると時間の無駄につながりますので、予め希望や条件は事細かに伝えておくのが成功のコツです。

複数の企業を受けよう

応募する企業を1社に絞るのはリスキーです。複数の企業を受けておくことが成功へ繋がります。できれば本命の前に、似たような企業の面接を入れ、面接慣れをしておきましょう。その面接を振り返り、本命企業の面接に活かしましょう。人生でそう多くはない面接の機会に実力を発揮できる人はそうそう多くありません。緊張を解くためにも事前に面接慣れをしておくことは大切です。

身だしなみはマスト!

「見た目が9割」などの文句がある本は多数売られています。その通りで人は第一印象の見た目に大きくその後を左右されます。面接会場に入る前にトイレにより鏡で自分を確認しましょう。髪が乱れていないか、服装にだらしないところはないか、ゴミなどついていないか。靴は汚れていないかも念入りにチェックしましょう。

面接の前に喫煙している場合も注意しましょう。喫煙者は案外気付かないものですが、匂いは服に染みついている場合があります。あまりに匂いがキツイと、悪印象に繋がるため、できればタバコは面接が終わってからにしましょう。

転職は自分の人生を左右するから妥協せず!

転職に成功する人の例をまとめてみましたが、1つ1つはとても簡単なことに気付いていただけたでしょうか。全てをやろうと考えるとできないと思ったとしても、1つずつ実践していくと結果は大きく変わってきます。これから転職される方、今転職活動をされている方、ぜひ参考にしてみてください。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター