サムネイル

適当に決めるのはキケン!意外と大事なあだ名のセンス

会社やプライベートで意外と重要なのがあだ名です。このあだ名を適当に決めてしまうと、あだ名をつけられた人も、あだ名をつけた人も周囲の人にドン引きされることもあります。あだ名をつけた人が上司だと、つけられた方は「嫌だ」とは言えないですよね…。そこで、あだ名のつけ方や、なぜあだ名が重要なのかを簡単に説明していきます。

あだ名をつけるときにセンスが重要な理由とは?

職場で仲の良い同僚にあだ名で呼ばれることはありませんか?私も、良く同僚にあだ名で呼ばれていたこともあり、同僚との距離が近くなり仕事がしやすくなったこともありました。それに長い名字や名前の方をフルネームで呼ぶのは、呼びにくいですよね。そんなときにあだ名をつけると呼びやすくなり便利です。

このように、あだ名というのは相手との距離を縮める重要なものです。では、どんなあだ名をつけるとセンスが良いのでしょうか?結論から言うと、名字や名前に少しの変化を加えたあだ名が一番良いです。

しかし「◯◯っち」「〇〇にゃん」や「〇〇タン」など、わかりやすいけれどもセンスが皆無なあだ名をつけると、周囲の人にドン引きされかねません。距離を縮めるどころか遠ざけてしまう場合があるのです。こうなると、あだ名の意味がなくなりますので、あだ名をつけるときはきちんと考えることが重要です。

ただ、なかなかあだ名が決められない場合は、

・その人のイメージに合ったあだ名にする
・誰でもわかりやすいあだ名にする

この2つで考えると、センスのある誰でも納得するあだ名が見つかりやすくなります。では、この2つのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

その人のイメージに合ったあだ名のつけ方

その人のイメージに合った名前のつけ方をする場合、知識量が必要になるので、センスが重要です。例えば、身長の低い女性にあだ名をつけるとき、センスがない方は「ミニ◯◯」「チビ◯◯」等といったあだ名をつけます。なんだかこれでは親しみなどは全く感じられません。

私の場合、名字であだ名をつけるとほかの方と同じあだ名になることから、イメージであだ名をつけられたことがあります。身長が低く、当時人気だった漫画の主人公を合わせて頂き、北海道にいる妖精の名前を付けていただいたことがあります。今でも気に入っていますよ。

このように、あだ名をつける方のイメージと、自分の持っている知識を合わせてあだ名をつけると、センスの良さを感じます。

誰でもわかりやすいあだ名のつけ方

どうしてもセンスの良いあだ名が生まれない場合は、わかりやすいあだ名にしてみてください。

・名字の一文字を取ったあだ名
・名前の一文字を取ったあだ名
・名字と名前を掛け合わせたあだ名

この3種類の考え方から選ぶと、親しみのあるあだ名が生まれます。

例えば「小林さん→こばさん」「渡辺さん→なべさん」などは名字の一文字を取って付けられるあだ名です。「真奈美→まなちゃん」「啓介→けいくん」など、こちらは名前の一文字を取ったあだ名です。難しいのが、名字と名前を掛け合わせたあだ名ですが、有名人では「松潤」「キムタク」など、見事に名字と名前を掛け合わせたあだ名がありますよね。

このように、あだ名をつけるときにもしも良いあだ名が思いつかなかった場合は、名字や名前からあだ名をつけると、誰でも親しみやすくわかりやすいあだ名を決められますよ。

まとめ

あだ名をつけるのは難しいですよね。私はあだ名をつけるセンスはまったくないので、いつも人任せになってしまいます。あだ名をセンス良く決められる人は本当にすごいです。また、あだ名をつけることで親しみ持てて、コミュニケーションがうまく取れるようにもなるので、あだ名はとても重要なものです。あだ名を決めるときは、つけられた相手も喜ぶものになるよう意識してみてくださいね。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター