サムネイル

どんな職場にも苦手な人っているから!仕事を辞めずに対処する方法

どこの職場にも必ずと言ってよいほど「苦手だな…」という人がいますよね。ストレスの素にもなりかねないその人の存在。でもそれって自分の気持ちの持ちようでどうにもできるものなんです!どこの職場にもいる苦手なタイプをこの機会に克服してみませんか。今の仕事を辞める前に、一度今からご紹介する方法を試してみてください。

辞めるのはまだ早い!

仕事を辞める理由が人間関係なら、ちょっと待った!!苦手なその人のために仕事を辞めちゃうなんてとってももったいないです。苦手な人のストレスを上手に回避して、楽しく働ける環境を自分で作っちゃいましょう♪

仕事とプライベートを完全に割り切る

自分の生活、大きく考えると人生において「仕事」「職場」という分野を中心に考えず、プライベートとしっかり切り離して考えるという方法はいかがでしょうか。もちろん職場にいる時間にきっちりとやるべき仕事をこなすことは大切です。しかし、そこでの人間関係が仕事を辞めたくなるくらいのストレスになっている場合は、一度少し職場にいる時間のことをドライに考えるのもひとつです。

仕事は生活していくための手段と捉え、自分の会社でない限りは、会社での出来事や人間関係に悩んだり腹を立てたりするのはもったいない、と考えるのです。そしてその日の仕事が終わったら頭の中から職場でのことを一切排除してしまうのです。

職場の人間関係はあくまで職場だけのもの、プライベートはプライベートでの人間関係があるのだから、職場の人間関係、その中の苦手な人にわざわざ意識の焦点を当てずに、苦手な人の存在を、たかが生活、人生のごく一部分のことに過ぎない、というふうに考えてみて下さい。そんな小さな存在のために自分が職場を辞めるなんてバカバカしく思えてきちゃえませんか?

反対に気に入られる努力をしてみる

苦手な人の喜ぶことをわざとして気に入られようという作戦です。特に苦手な相手が上司であれば、気に入られていなければ自分が損をするだけ。思い切って自分から歩み寄るのも手です。相手の好きな食べ物をリサーチして職場へ持って行ったり、最近の趣味を調べて話題を振ったりしてみて下さい。

自分が苦手意識を持っているときは、相手もそれを感じて自分に対して同じように苦手だと思っていることがよくあります。だからこそ、そこであなたから距離を縮めようとすることで、相手もあなたへの印象が変化してあなたのことを良く思い始めてくれるかもしれません。そうなったらこっちのもの。向こうがあなたのことを「意外といい子じゃん」と思ってくれれば、あなたへの対応も変化してくるはずです。そうなるとあなたがその相手の苦手だと思っている部分を感じなくなってくるかもしれません。

実際に私の友人が、最近お弁当を作ることに凝っている、ということにして他の何人かに作ってくると言い苦手な同僚の分も一緒に作ってきて渡してみたのです。すると今までぎくしゃくしていた関係が一変して、一緒に仕事終わり飲みにいく仲にまでなったのを見たことがあります。意外と簡単なことで改善できるのかもしれません。

完全スルーする

スルーすると言っても、あからさまに無視をしたりしてはいけません。角がたって余計に苦手な存在となってしまいます。ここで言うスルーは精神的に意識的にスルーするということ。相手の言動にちゃんと応じている「ふり」だけしておいて、心の中では全部流していく、という技です。

この方法は、そのように考えられるようになるまで慣れが必要ですが、これができればどこででもやっていけるようになるはずです。相手の何かイヤな言動が出たときに「そうですね~」と笑顔でちゃんと反応をしている「ふり」をしながら、心の中は相手が今何をして何を言ったのかたいして見ていないし聞いていない、という、自分の中だけで無視をするといった感じです。

苦手な人のことでストレスを感じて自分にマイナスの感情が沸き起こるから、最悪職場を辞めたい、という結論にまで至ってしまうのなら、その苦手な人がいないことにしてしまうのです、自分の中だけで…。その人に対してだけは心を無にして裏表のある冷血人間になる、という演技をするだけでもストレス軽減になりますよ。

真っ向から立ち向かわないこと!

ポイントはそこに尽きます。長い人生の中でたかが職場で一時的に関わるだけの相手のために戦ったり自分が辞めたりする必要はないのです。自分からあえて歩み寄る、自分の中で消化してストレスにならないようにしてしまう、それが大人の女性の上手な対応かなと思います。そして、その経験は、この先まだまだ広がっていく自分の人生の中の人間関係で、必ず役に立つ時がくると思いますよ♪

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター