サムネイル

部下から頼りにされたい!慕われる女上司になるには?

多くのアラサー女性が、チームのリーダーを任されたり、部下に指導・教育する立場に置かれ、職場での自分のあり方に悩みを抱えています。今回の記事では、そんなアラサー女子の為に、職場で部下から頼りにされる上司とはどんな人なのかを具体的に見ていきたいと思います。

部下に慕われる為に大切な5つの要素

アラサー女子にとって悩みの種になるのが、職場の人間関係です。立場上、先輩として部下に厳しく指導したり、チームを引っ張っていかなければならなくなります。責任のある仕事をしながら部下を引っ張っていくのは容易ではありません。仕事を上手く進めていく為にも、部下と自分との信頼関係が大事になります。部下から慕われる上司像とは一体どんな人なのでしょうか?今回は、部下に慕われる為に大切にな5つの要素を紹介していきます。

1、部下には前向きな姿勢を見せる

もし、上司が会社の愚痴ばかり言っていたり、業務上の文句ばかり言っていたら、部下はあなたを頼るどころか、モチベーションを失ってしまいます。たまには辛いことを共有したり、共感し合うのことは大切ですが、仕事は前向きな気持ちで取り組みましょう。上司の一生懸命な姿を見れば、必然的に部下はついてくるはずです。

2、自分の仕事をしっかりとこなす

仕事をしっかりしない上司を誰が頼るでしょうか?上司になる人は、自分の仕事のやり方や、こなしかたを部下に実践で見せなければなりません。指導は口で説明するよりも、体や行動で示した方が伝わりやすいと言われています。部下に頼られ、慕われたいと思うなら、自分がやった仕事を誇れるようになることが大切です。

3、一度指導したことをコロコロ変えない

部下の一番の悩みになるのが、上司の言っていることがコロコロ変わり、矛盾していることです。昨日言われたことと、今日言われたことが矛盾していたら、当然戸惑います。指導する時は、一貫性があり、なぜそうしなければならないのか、しっかり理由も説明するようにしましょう。なぜそうしなければならないのかを部下が納得できれば、次からの行動に移し易くなり、仕事がスムーズに進みます。

4、部下の失敗を引きずらない

部下の失敗を指導するのは上司の仕事です。失敗を繰り返さない為にもしっかり指導する事は大切です。そこで重要なのが、失敗を引きずって指導しないということです。部下も自分がやってしまったミスに落ち込んでいます。その為、スパッと注意した後は、切り替えて次の仕事に望めるような環境を作ってあげることが大切です。その環境を作ってあげることで、部下も「次こそは!」と切り替えて頑張ってくれるでしょう。

5、たまには仕事終わりに飲みに行く

一番キーポイントになるのが、仕事以外の時間も部下と過ごすことです。やはり仕事中は緊張感もあり、砕けた話はできないものです。プライベートの時間を一緒に過ごすことにより、お互いの事をより知ることができますし、一気に距離が縮まります。今悩んでることなどの相談もできるでしょう。
部下から誘う事はなかなか難しいので、上司の方から「今日は遅くまで頑張ったから飲みに行こう」と誘うことが大切です。そして飲みの席では、なるべく対等な立場で部下が緊張しすぎない環境を作るように心掛けましょう。飲みの席で、仕事の真剣な話ばかりしていたら、部下は仕事の一環としてとらえてしまい、つまらないと感じます。

私も経験上、プライベートの話を上司と飲みの席で話し、相手のことを知れたことにより信頼度も上がり、仕事がし易くなりました。たまには部下の為に時間を作って飲みに行く事をお勧めします。

まとめ

仕事をする上では、部下・上司共に、少なからず悩みを抱えています。人間なので、この人とは合う、合わないなどの苦手意識が出てしまうのは当然です。しかし、仕事となれば相手とコミュニケーションを取らなければなりません。少しでも関係を良好に保つためにも、今回ご紹介した5つの要素を参考にし、後輩をリードしていく事が大切です。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター